『SPY×FAMILY』は4位!ブックライブ2022年上半期ランキングが発表。『東リベ』『呪術廻戦』は何位?

掲載/更新 0
『SPY×FAMILY』は4位!ブックライブ2022年上半期ランキングが発表。『東リベ』『呪術廻戦』は何位?
ブックライブより、2022年上半期の人気ランキングが発表されました。4位には人気急上昇中の『SPY×FAMILY』がランクインしました。1位に輝いた作品は『呪術廻戦』? 『東京卍リベンジャーズ』?
凸版印刷株式会社のグループ会社である、株式会社BookLiveは、運営する総合電子書籍ストア「ブックライブ」にて、独自に集計した「2022年 上半期ランキング」が発表されました。

(集計期間:2022年1月1日~2022年5月31日、総合電子書籍ストア「ブックライブ」調べ)

4位は人気急上昇中の『SPY×FAMILY』!

2022年春のアニメ化をきっかけに人気が上昇したSPY×FAMILY』が4位にランクインしました。

本作は、2019年に連載がスタートし、同年ブックライブの「読者が選ぶ、2019年新作おすすめマンガベスト100ランキング」にて、少年・青年マンガジャンル1位を獲得した人気マンガです。(※参考 「読者が選ぶ、2019年新作おすすめマンガベスト100ランキング」https://booklive.jp/feature/index/id/newmanga2019

名門校潜入のために「家族」を作れと命じられた凄腕スパイの主人公。
しかし、彼が出会った“娘”は心を読む超能力者、そしてなんと“妻”は暗殺者。
互いに正体を隠したかりそめ家族が、受験と世界の危機に立ち向かう痛快ホームコメディです。
“スパイ”をモチーフにしたコメディマンガですが、ブックライブのレビューでは「(作品の)底に平和とは何かを問うテーマがあり、エンタメと重厚なテーマが上手くマッチしている」「いまの情勢だからこそ世界中で読んでもらいたい。平和が当たり前ではないことを」といったコメントが寄せられました。

ホームコメディとして笑えるだけでなく、現代社会の情勢とあわせて考えさせられるところが、人気上昇のポイントかもしれません。

1位は昨年に引き続き…

2022年上半期ランキングの1位は『東京卍リベンジャーズとなりました。

2021年春のアニメ放送をきっかけに人気に火が点き、その後、北村匠海さんが主演で実写映画化されました。
2021年のブックライブ年間ランキングで1位となった本作ですが、2022年もその人気を維持する結果となりました。

少年マンガ誌「週刊少年マガジン」で連載中の作品ですが、実写映画をきっかけにブックライブでの売上の4割を女性が占めるほど、女性人気を獲得しました。
主人公は26歳、フリーターの花垣武道(タケミチ)

彼がある日、中学時代につきあっていた人生唯一の元カノが殺されたニュースを見るところから、物語は始まります。

その後、突然の事故をきっかけにタケミチは中学時代にタイムリープ(現在の自分の意識が過去の自分の肉体に乗り移る現象のこと)し、彼の人生の最盛期である14歳からやり直すことになるというストーリーです。

TVアニメ2期となる『東京リベンジャーズ』“聖夜決戦編”の制作が決定しており、まだまだ話題が続きそうです。
25 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません