映画『文豪ストレイドッグス BEAST』鳥越裕貴、橋本祥平らの新規カット到着!

掲載/更新 0
映画『文豪ストレイドッグス BEAST』鳥越裕貴、橋本祥平らの新規カット到着!
2022年1月7日より公開予定の映画『文豪ストレイドッグス BEAST』より、作品の重要なシーンを切り取った場面カット7点が公開! 中島敦(鳥越裕貴)と、芥川龍之介(橋本祥平)の所属する組織が逆だったら?というifストーリーが描かれる今作、果たして……?
『文豪ストレイドッグス』は原作・朝霧カフカ、作画・春河35により2013年1月号の「ヤングエース」で連載が開始され、現在シリーズ累計850万部(電子含む)を突破し小説版や2016年にはアニメ化、2017年に第一作となる舞台が公演され、2018年に劇場アニメーションも公開されたメディアミックスを幅広く展開する大ヒット作品です。

本シリーズは、ヨコハマを舞台に、中島敦、太宰治、芥川龍之介といった実在の文豪の名を懐くキャラクターが繰り広げる“異能”アクションバトル。メインキャラクターのひとり中島敦は、虎に変身する異能力“月下獣”の持ち主。芥川龍之介は凶悪なポートマフィアの構成員で外套から黒獣を生み出して攻撃ができる“羅生門”の使い手。他にも文豪たちの作品にちなんだ、数々の異能力が登場します。

シリーズ初の実写映画化となる本作では、「中島敦(鳥越裕貴)と、その宿敵である芥川龍之介(橋本祥平)。もし、ふたりの所属する組織が逆だったら……?」という“if”のストーリーが描かれ2022年1月7日(金)に公開となります。

新たな場面カット解禁!

▲ポートマフィアの中島敦(鳥越裕貴)に掴みかかる本作の主人公・芥川龍之介(橋本祥平)

26 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません