JKの8割が「自分はオタク」と回答!最もお金を使うオタ活は?

掲載/更新 0
 JKの8割が「自分はオタク」と回答!最もお金を使うオタ活は?
フリマアプリ「ラクマ」が"オタク"に関する意識調査を実施! いまどき女子高生たちの"オタク感"は?
楽天株式会社が運営するフリマアプリ「ラクマ」では、 「アイドルグッズ」の取引数が急拡大しています。 取引を牽引しているのはとくに15~18歳女性の利用者層で、 2017年と2018年の取引数を比較すると5倍の規模に成長しています。

「ラクマ」では、 成長の背景を明らかにすべく「ラクマ」ユーザーの女子高校生1,230名を対象に「趣味の活動」について意識調査を実施。その結果が発表されました!

女子高校生の83.5%が自称「オタク」、 「オタク」への印象は8割がポジティブ

趣味の活動について「『自分は〇〇オタク』だと言えるものがありますか?」という質問に女子高校生の83.5% は「ある」と回答しました。

『オタク』 にどんな印象を持っていますか?」という質問に対して女子高校生の81.4% が「好きなこと、 夢中になれるものがあるのは良いことだ」、 または「尊敬できる」と答えました。

74.1%が「アイドルやアーティスト」オタク!

自分が「オタクである」と答えた方に「どのようなジャンルに対して自分がオタクであるか」を質問したところ、 74.1%が「アイドルやアーティスト」と過半数を占める結果となりました。

『アイドルやアーティスト』の中で最も好きなジャンルは何ですか?」という質問に対する回答の上位2つは「ジャニーズ」36.1%と「K-POP」33.8%でした。
21 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません