天﨑滉平、熊谷健太郎らがコントを披露! 『GETUP! GETLIVE!(ゲラゲラ)』6LIVE オフィシャルレポート到着

掲載/更新 0
天﨑滉平、熊谷健太郎らがコントを披露! 『GETUP! GETLIVE!(ゲラゲラ)』6LIVE オフィシャルレポート到着
『GETUP! GETLIVE!(ゲラゲラ)』6LIVE オフィシャルレポートが到着しました! 天﨑滉平さん、梶原岳人さん、阿座上洋平さん、熊谷健太郎さんが出演。観客を笑いの渦に巻き込みました。

「GET UP! GET LIVE!(ゲラゲラ)」とは…

「呪術廻戦」「ハイキュー‼」「進撃の巨人」など数々のアニメ作品を世に送り出し、「オールザッツ漫才」「漫才アワード」「歌ネタ王決定戦」など関西で芸人の賞レースバラエティー番組を放送したMBSがお送りする『声優×二次元芸人』プロジェクト!
プロジェクトのスタートは、芸人と言えば‘舞台’から。
人気声優によるリーディングライブ形式で物語の世界観とネタを披露!
1stLIVEはおよそ700席の観覧に5000件を超える応募が殺到。
2nd LIVEは2月に東京公演に加え、初の大阪公演を開催!
2020年9月には3rdLIVEを決行!
いずれも即日完売の大盛況のうちに幕を閉じました。
出演キャストが本場の芸人さながらに舞台上でネタを披露し、そして観客による投票でそのLIVEでの優勝者が決まることからキャストも目の色を変えて本気で取り組む様子も!
予想を裏切るドラマ展開も話題となり、ベストセラーを多数刊行する文藝春秋よりノベライズやゼロサムオンライン、本誌でコミカライズも開始!
ネクストブレイクを予感させる、いま急成長中のプロジェクトです。

俺の相方が世界で一番面白い。

お笑い芸人を目指す者たちが集まる養成所『SSS』。青春の全てをお笑いにかける男子たちに与えられた時間は3年間。彼らは日々学び、オーディションを受けては落ち、ネタ合わせとバイトに明け暮れ、夢に向かって奮闘する。
コンビ間の衝突や軋轢、同期への嫉妬、先輩たちへの憧れ、業界への失望、将来への不安などの障害に悩まされ、煌びやかな世界の裏側に翻弄されながらも、苦楽を共にする仲間たちと乗り越え、日本一、そして世界一のお笑い芸人を目指す。
上原淳也(cv.花江夏樹さん)と東沢 楓(cv.西山宏太朗さん)の共振系幼馴染コンビ「スターダスト」、
町田瀬那(cv.豊永利行さん)と大野虎之助(cv.石川界人さん)のちぐはぐ凸凹コンビ「菊一文字」、
喜多見 蓮(cv.阿座上洋平さん)と狛江一馬(cv.熊谷健太郎さん)のイマドキ関東芸人「6-シックス-」によるイベント「GETUP! GETLIVE!(ゲラゲラ)」1st LIVEが5月に開催、2020年2月には、東京と大阪で「GETUP! GETLIVE!(ゲラゲラ)」2nd LIVEが開催。
また、新たに早島 雷(cv. 天﨑滉平さん)早島 央(cv.梶原岳人さん)の関西を席捲する麒麟児兄弟「はやしま」が参入した3rd LIVEが2020年9月に開催され、大盛況のうちに幕を閉じました。
今回、5月23日に開催された、6-シックス-の単独ライブ「この6でもない世界に俺たちのお笑いを」のオフィシャルレポートお届けします!!
【公演名】
GETUP! GETLIVE!(ゲラゲラ)6-シックス-単独ライブ
「この6でもない世界に俺たちのお笑いを」

【開催日時】
2021年5月23日(日)
昼の部▷14:30開場/15:00開演 夜の部▷18:00開場/18:30開演

【出演者】
6-シックス-(喜多見 蓮役:阿座上洋平、狛江一馬役:熊谷健太郎)
ゲスト:はやしま(早島 雷役:天﨑滉平、早島 央役:梶原岳人)
MC:天津向
5月23日(日)東京・サイエンスホールにて『GETUP! GETLIVE!』初の単独ライブとなる、6-シックス-による「この6でもない世界に俺たちのお笑いを」が、昼夜2公演にわたって開催。喜多見蓮役・阿座上洋平さん、狛江一馬役・熊谷健太郎さん、そしてゲストの「はやしま」早島雷役・天﨑滉平さん、早島央役・梶原岳人さんが出演し、4人による合同コントや、阿座上さんが自らこの日の為に描き下ろした新作コントも展開し、観客を笑いの渦に巻き込みました。

初めての単独ライブということで、阿座上さんと熊谷さんはリハーサルから気合十分。
披露したことのあるコントもあれば、この日初めて披露するコントもあり、入念に打ち合わせをし、ネタなどをチェック。

天﨑さん、梶原さんもリハーサルに合流。
今回、4人によるコントもあり、3rd LIVEから参加した2人は、先にステージに立っていた芸人の先輩(?)でもある阿座上さん、熊谷さんを前に少し緊張の面持ち。
しかし、いざネタ合わせになると梶原さんが笑ってしまい、それにつられてみんなが笑ってしまうという和やかな雰囲気で進行していました。
52 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません