梶裕貴「炯とのバディ感は、やはり特別」|TVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス 3』オフィシャルコメント紹介

梶裕貴「炯とのバディ感は、やはり特別」|TVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス 3』オフィシャルコメント紹介
フジテレビ・ノイタミナ枠で放送中の人気オリジナルTVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』第3期より、新人監視官・慎導灼を演じる梶裕貴さんからのオフィシャルコメントが到着しました。
人間の心理状態を数値化し管理する近未来社会を舞台に、正義を問われる警察機構を描くオリジナルSFアニメーション『PSYCHO-PASS サイコパス』

シリーズ最新作、TVアニメ第三期『PSYCHO-PASSサイコパス3』がフジテレビ“ノイタミナ”にて毎週木曜日24:55~25:55拡大枠にて放送中、またAmazon Prime Videoにて日本・海外独占配信中となります。

この度、作中の新人監視官・慎導灼を演じる梶裕貴さんより、オフィシャルコメントが到着!
『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズの作品の魅力や、本作の物語の印象、キャラクターへの想いなどを語ってくれました!

慎導灼役・梶裕貴 オフィシャルコメント

2012年にスタートして以来、TVアニメシリーズ、劇場版、舞台化など幅広く展開している『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズですが、作品自体にはどのような印象を持たれていましたか?また本作の魅力はどんなところにあると思われますか。
「実にノイタミナのコンセプトらしい、新しいアニメの魅力を伝えてくれているように思います。現在なのか未来なのか、実写なのかアニメなのか、真実なのか虚構なのか…あらゆる面で観る人の心を揺さぶってくる作品だと思います。」


公安局刑事課一係のメンバーが一新されていますが、本作の物語に触れられた際の印象はいかがでしたか?
「立ち位置や視点を変えることで、また違った面白さが出てくるのだなと感じました。お馴染みのキャラクターたちの再登場は僕自身も嬉しかったですし、劇場版等を経て、それぞれ更に成長・変化している姿をみると感慨深いものがあるなと思いました。」


慎導灼を演じられる上で大事にされていることをお聞かせください。
「炯とのバディ感は、やはり特別だと思います。幼馴染でもある彼だけに見せる部分が多々あるように感じているので、炯と会話するシーンでは、その心の距離の近さや、一歩踏み込んだある種の危うさみたいなものを意識するように演じています。」


公安局刑事課一係はどのようなチームだと感じられますか?
「初めて台本を読んだ時「今回の一係も個性が強い人たちが集まっているな」と思わず笑ってしまいました(笑)けれど、そんなバラバラな面々が少しずつチームになっていく様子も、また本作の魅力。弱さを晒し、それを補い合えるようになってからが本番だろうなという印象です。」


『PSYCHO-PASS サイコパス』らしさを感じたシーンを教えてください。
「初めてドミネーターを起動するシーンは感動しました。同時に「これを使う時がこなければいいな」とも思いました。あとは、狡噛や宜野座と会話するシーンにも興奮しましたね。とても緊張しましたが、感慨深かったです。」

12 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは