高野洸、荒木宏文ら出演ドラマ『KING OF DANCE』第4話あらすじ&場面写真到着!

高野洸、荒木宏文ら出演ドラマ『KING OF DANCE』第4話あらすじ&場面写真到着!
高野洸さん、和田雅成さんらが出演する連続TVドラマ『KING OF DANCE』の第4話あらすじ&場面写真が到着しました♪
高野洸さん和田雅成さん丘山晴己さん蒼木陣さんら、ダンス自慢の俳優たちが限界ギリギリのダンスパフォーマンスで魅せるTVドラマ×舞台の連動プロジェクト『KING OF DANCE』。

この度、2020年5月2日(土)より放送のドラマ第4話のあらすじと場面写真が到着しました!

第4話 あらすじ・場面写真(全8枚)

グループステージA初戦Drawing Back VS KIZAMI戦は、崖っぷちからの大逆転、まさに「カウンターパンチ」を決めたDrawing Backの勝利で終わった。
初戦突破に喜ぶDrawing Backだがその喜びも束の間、空にある男が近づく...。
その名は、RED=RUMの赤井。空の兄・晴彦と同じBLACK/WAVEに所属していた男である。
「てめえだけは許さねえ」そう空に言い残した赤井は、KODのステージへと向かった。(3話振り返り)

グループステージAもう一つの初戦、WORLD_M VS RED=RUMが始まる。
RED=RUMとの初戦を終えた海斗は、行き場のない苛立ちを真城へとぶつけてしまう。
そんな海斗に真城は海斗をKODに誘った想いをぶつけた。
その裏で、真城とD2の関係を知った男がひっそりと動き始めた...。

一方、WORLD_Mのダイナミックなニュージャックスウィングに圧倒されたDrawing Backのメンバー。
強敵2チームの攻防を目の当たりにした4人に、時本は来たるRED=RUM戦を勝ち抜くための新たな課題を突き付けた。

2回戦に向け練習を始めたDrawing Back。
細部に渡る時本の教えに、メンバーたちの体力と精神は限界まで追いつめられていった。

グループステージA:Drawing Back、WORLD_M、KIZAMI、RED=RUM。

忍び寄る不穏な空気の行方とは?
それぞれの思いが揺れ動く中、目指す頂点はただ一つ。
21 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは