江口拓也「着物フェチになりそう」|『斉藤壮馬の和心を君に 其の弐』オフィシャルインタビュー到着!

江口拓也「着物フェチになりそう」|『斉藤壮馬の和心を君に 其の弐』オフィシャルインタビュー到着!
人気声優の斉藤壮馬さんがゲストとともに“和心”を探究し、日本文化の魅力を再発見していく『斉藤壮馬の和心を君に』第2期がいよいよ7月3日(水)23時より放送スタート! 第1回目のゲストはプライベートでも仲のいい江口拓也さんです。オフィシャルインタビューをお届けします。
IMAGE
2019年7月からTOKYO MXで放送される『斉藤壮馬の和心を君に 其の弐』
本番組は、声優・斉藤壮馬さんが豪華ゲストとともに“和心”を探究し、日本文化の魅力を再発見していく番組、通称『そま君』の第2期となります。

番組主題歌はTバッカーズ[江口拓也&西山宏太朗&斉藤壮馬]が歌う「幻想夏祭り」(作詞・作曲:黒石ひとみ)。番組本編はもちろん、ラストに流れる主題歌と、斉藤壮馬さん出演のミュージックビデオにもご注目ください。

7月3日に放送される#1、そして翌週10日放送の#2には江口拓也さんがゲストとして登場します。
上野東照宮を参拝したり、着付けを習ったり、さらに豆腐中心の日本料理を堪能したりと“和心”を学びます。今回は斉藤さんと江口さんのオフィシャルインタビューをお届けします。

江口「『俺癒』にはない世界観、空気感が新鮮」

――まずは斉藤さんにお聞きします。ついに第2期となる『斉藤壮馬の和心を君に 其の弐』が始まります。今のお気持ちや意気込みを聞かせてください。

斉藤:もともと自分の名前を冠した番組をやらせていただけるなんて思ってもいなかったことですし、『俺癒』をはじめとした大王グループの縁のありがたさを感じました。『そま君』第1期をご覧くださった方々が「第2期も見たい!」というお声をくださったことも、本当に嬉しいですね。『そま君』の収録では、これまで知らなかった、気づかなかった和心をいろいろな形で体験できるので、第2期ではどんな和心を知ることができるのか楽しみです。

――次に江口さんにお聞きします。第2期最初のゲストとして、公私共に仲のいい斉藤さんの番組にゲスト出演してみて、いかがでしたか?

江口:壮馬がつくってきた第1期からの流れがありますし、僕自身にはそれほど和心感がないので(笑)どうなるかなと思っていたんですが、予想以上に楽しかったです! 『俺癒』にはない世界観、空気感があって、僕にとっては新鮮なことばかりだったので、今日1日でかなり感化されたなと思います。

――普段の生活で、和を感じたり意識したりすることはありますか?

江口:僕は畳を見ると和を感じます。ごろっと昼寝したくなりますね(笑)。畳に限らず、そういう和風なアイテムを見ると和心を感じることが多いですね。

斉藤:僕が最近、和を感じたのは歌ですね。僕は個人名義で歌の活動をしていて、作詞もしているのですが、以前はあえて和語……というか、古い言葉は使わないようにしていたんです。でも最近は、和語の響きやニュアンスでしか表現できない良さがあることに気づいて、2018年12月に出したアルバムの楽曲にも「たまゆら」とか「ささめく」とか、けっこう使っています。


――それでは今回の収録についてお聞きします。まずは上野東照宮へ参拝されました。社殿はもちろん、御狸様や透塀なども見学されていましたね。

江口:透塀、すごかったですね! 日本には大昔からこんな表現方法があるんだと驚かされましたし、神社全体の雰囲気がよくて、すごく落ち着く感じがしました。日本ならではの建築物を見ていると、心が穏やかになるというか……これが“和心”なのかなと思いました。

斉藤:「他を抜く」から「おたぬき様」という表現、日本語らしくて面白いですよね。細かい職人さんの技巧を感じられる透塀もそうですが、それぞれの場所に込められている意味があって、粋だなぁと思いました。
19 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは