スタジオジブリが誇る“天才アニメーター”「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」9月16日まで三重で開催中

掲載/更新 0
スタジオジブリが誇る“天才アニメーター”「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」9月16日まで三重で開催中
三重県総合博物館にて『耳をすませば』の監督、『火垂るの墓』『おもひでぽろぽろ』のキャラクターデザイン、作画監督などで知られる近藤喜文さんの原画やスケッチを展示した「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」が開催されています。9月16日までの期間限定開催なので、夏休みの旅行にもぜひ!

『耳をすませば』近藤喜文監督の原画などを展示

三重県総合博物館にて開催中の「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」

近藤喜文さん(1950-1998)は、新潟県五泉市に生まれ育ち、高畑勲・宮崎駿両監督から厚く信頼を寄せられた日本屈指のアニメーターです。

高畑勲監督の『赤毛のアン』『火垂るの墓』など、日本のアニメーション史に残る名作において作画監督やキャラクターデザインといった重要なポジションを務め、1995年には『耳をすませば』で初めて長編アニメーション映画を監督しました。アニメ制作の第一線で活躍するとともに、彼の描き出す丁寧で繊細な絵は、多くのアニメーターに影響を与えました。

近藤喜文展では、スタジオジブリの全面的な協力のもと、アニメーションの原画やイメージボード、スケッチなど、500点以上が紹介されています。

本展のみどころ

▼アニメーター近藤喜文の誕生
『ルパン三世』『未来少年コナン』など、初期に関わった作品を紹介。

▼開花しはじめる才能
『赤毛のアン』『名探偵ホームズ』など、高畑勲、宮崎駿との出会いで、新たな世界を切り開いていた時期。
▼大いなる挫折
企画だけで成立しなかった作品のラフスケッチや、日米合作映画『リトル・ニモ』のために作成したパイロットフィルムを紹介。

▼スタジオジブリ時代
『火垂るの墓』『おもひでぽろぽろ』のキャラクターデザインやイメージボード、『魔女の宅急便』のイメージボード、『紅の豚』や『もののけ姫』などの原画、唯一の長編監督作品『耳をすませば』の絵コンテ、キャラクター設定、セル・背景原画などを展示。
19 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません