推しのために7kg痩せた!?みんなの“推し活”事情を大調査「生きる希望」「我が子のよう」

掲載/更新 0
推しのために7kg痩せた!?みんなの“推し活”事情を大調査「生きる希望」「我が子のよう」
電子書籍ストアブックライブが“推し活”に関する意識調査を実施! みんなの推しの対象は? 推し活の内容は? 推し活の思い出は? さまざまなアンケート結果をご紹介します。
凸版印刷株式会社のグループ会社である、株式会社BookLiveは、運営する総合電子書籍ストア「ブックライブ」において、マンガ好きの会員(※3,951名)を対象にした「“推し活”に関する意識調査」を行いました。

本記事では、推しの対象についてや推し活の内容、推し活のエピソードなど、“推し活”に関するさまざまなアンケートの調査結果をご紹介します。

※過去半年以内にマンガ作品を購入したブックライブ会員
(総合電子書籍ストア「ブックライブ」調べ)

推しの対象は?“兼ね推し”が主流

「あなたの推しの対象を教えてください」との質問に対し、1位「【2次元】マンガのキャラクター(もしくはマンガの世界観)」、2位「【2次元】アニメのキャラクター(もしくはアニメの世界観)」と、「マンガ好き」ならではの結果になりました。

また、回答者それぞれの推しの対象ジャンルを平均すると一人当たり2.45次元(※1)となり、「マンガキャラがイチ推しだが、それとは別に3次元でアイドルの推し活もしている」、「アニメのキャラを推しつつ、推しキャラに声をあてている声優も推す」など、複数ジャンルの“兼ね推し”が主流であることが分かりました。

(※1…マンガやアニメを推している回答者を「2次元」推し、アイドルや俳優など実在する人物を推している回答者を「3次元」推しとして、推し活をしている人々の推しの対象の平均次元を算出)

推し活の内容は?2次元推し、3次元推しの違いに注目

31 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません