八代拓さん&益山武明さんインタビュー解禁! 男性声優企画「8P」ユニットソングドラマCD企画始動♪

八代拓さん&益山武明さんインタビュー解禁! 男性声優企画「8P」ユニットソングドラマCD企画始動♪
畠中祐さんや榎木淳弥さん、ランズベリー・アーサーさんらが参加する男性声優企画「8P」新作音声ドラマと新作デュエットソングが発売決定です! 第1弾でメインキャストを務める、八代拓さんと益山武明さんのインタビューが到着しました!
INDEX
IMAGE
株式会社フロンティアワークス(アニメイトグループ)より男性声優企画「8P」から新作音声ドラマと新作デュエットソングで送る、「声優力」たっぷりのユニットソングドラマCDシリーズが、2020年5月から連続発売予定です! まずその第1弾となる、第1巻は八代拓さん&益山武明さんがメインキャストの平安自体をテーマにした和風ドラマとなっています♪
――ドラマの収録を終えてのご感想をお願いします。
八代 拓さん(以下、八代さん):
「8P(エイトピース)」でまたこうやってドラマCDを収録できることが嬉しかったですし、世界観も新鮮でした。しかも、益山さんと一対一で、ここまで多くのシーンを掛け合うというのは初めての機会で、すごく新鮮で楽しい気持ちで演じさせて頂きました。

益山武明さん(以下、益山さん):
今回、平安時代風の世界観ということで。今までも「8P」ではいろんな時代の物語がありましたが、聞いている皆さんが、ここまで世界観について共通のイメージを持っているであろう時代もなかなか無いと思います。「8P」が作り出すイメージに、なるほどと思う部分や、こうきたかという部分があって面白いと思いますので、ぜひ楽しんで頂きたいと思います。僕も演じていて、とても楽しかったです。
――以前のユニットソングに紐づくドラマは映像有りの撮影で、今回はマイク前での音声のみの収録でしたが、違いはありましたか?
八代さん:
ほとんど無いんですが、僕が前回のユニットソングでメインとなったお話「Starlight Stage」は、世界観が現代だったのでイメージしやすかったですし、キャラクターも、玲央は今回の国高のようにまっすぐにぶつかっていく性格だったので、「こう演じたい」というものがぶれずにありました。それに対して今回は、僕の中ではいろんなやりようがあるキャラクターだと思ったので、そこはアプローチの面で違いがありましたね。

益山さん:
ドラマCDと映像撮影の一番違いは、当たり前なんですが、見てくださる方に演じている自分たちの姿が見えているかどうかなんですよね。僕が前回メインとなった「ハチガク!」なんかは、相手役の嵐とバチバチやりあったり、肉体的にがっつり戦うシーンも多かったんですが、横一列で並んで演じると、横にいる人の空気感だったり醸し出す雰囲気をキャッチして演じるので、掛け合いが楽しかったなというのはありました。
ドラマCDとなると音だけになるので、収録・演出の都合で掛け合いながら演じることができないシーンもあるんですね。マイク前で人を避けたりすることもありますし。
なので、神経を使うところが違うなっていうのがあるんですけど、ただ、演じる上で本質的にやってることは同じだと思っています。
皆さんも耳だけで聞くのと映像も含めて見るのとでは、視聴ポイントが変わってくると思うんですけど、それぞれ楽しんでもらえたらありがたいですね。
10 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは