福山潤ら出演 映画『中二病でも恋がしたい!』イベントオフィシャルレポートが到着!

福山潤ら出演 映画『中二病でも恋がしたい!』イベントオフィシャルレポートが到着!
10月21日に開催された人気アニメ『中二病でも恋がしたい!』スペシャルイベントのオフィシャルレポートが到着しました。福山潤さんをはじめ、6人の登壇者のコメントも届いています。

以下、プレスリリースより


2018年1月に公開され、大ヒットを記録した『映画 中二病でも恋がしたい! ‐Take On Me‐』のスペシャルイベントが10月21日、東京・品川インターシティホールで開催され、富樫勇太役・福山潤、小鳥遊六花役・内田真礼、丹生谷森夏役・赤﨑千夏、五月七日くみん役・浅倉杏美、凸守早苗役・上坂すみれ、そして『中二病でも恋がしたい!』シリーズの主題歌を担当したZAQが登壇した。
最初のコーナーは「6年後でも記憶に残したい!」。TVアニメ・映画すべてひっくるめてアニメの第1期から数えて6年経った今でも記憶に残っているシーンをキャストが挙げていく。

ZAQさんは、アニメ第1期の11話で展開された勇太と凸守のやりとりを挙げ、「凸守が、勇太が思っていることを代弁してくれているのがすごく切ない」と語った。上坂さんはアニメ第1期で凸守がプールで発したセリフの元ネタの作品について熱弁。赤﨑さんは、森夏と凸守が身振り手振りでやりとりしているシーンで「声は聴こえなくても、ふたりの動きだけで何をしゃべっているのかが分かるところがすごい」と回答。内田さんは六花が勇太からチョップされて「あうっ」といってしまうシーンの詰め合わせ。「アニメ第1期から映画まで一貫して変わっていないところが印象的」、福山さんが挙げたのは映画のクライマックスの勇太と六花のシーンで、「お互いにすべてを受け入れたことが、大人への階段を登っていくさまを如実に表している」と『中二病でも恋がしたい!』シリーズを絶賛していた。

続いては「あの頃、私は中二病だった」コーナー。6人が、昔と現在を比較したエピソードを紹介。ZAQさんは「ウェ~イ!からの引きこもり」。「昔はパリピだったのですが、仕事が好きになってからは引きこもってしまいました」と苦笑い。また、内田さんは、「弟が声優になった」と回答し、会場を盛り上げた。
18 件
aichu

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは