梅原裕一郎、中島ヨシキが声優を封印!?「Sir Vanity」1st Live“Vain Fish”レポート。カリスマ性溢れる圧倒的なパフォーマンス

掲載/更新 0
「悠」が終わると初めてのMC。

メインMCを担当する渡辺さんは、とことん穏やかでマイペースな性格で、瞬時にその場をほっこりとさせる愛されキャラ。中島さんを筆頭にメンバーみんなからいじられる様子がなんとも癒されます。

そんな渡辺さんをいじり倒し、実質的なメインMCを担う中島さん、 時折鋭いツッコミを入れて笑いを誘う梅原さん、リーダーとしてみんなをまとめ上げる桑原さんと、MCでは4人のふだんの関係性やキャラクターが垣間見えました。

梅原・中島のありのままを綴ったバラードが心を打つ

続いては「finder」、「紫陽花」、「goldfish」を一気に披露!
”失恋3部作”と位置付けるこの3曲は、それぞれ渡辺さん、中島さん、梅原さんが歌詞を担当。
さらにステージ背後のLEDモニターに歌詞が映し出され、珠玉のバラードとともに歌詞が観客の心に深く沁みていきます。
現在までのSir Vanityの歌詞は「finder」を除いて梅原さんと中島さんが担当しており、「ダメな自分」や「等身大の自分」を隠すことなく書き綴っています。
そこに飾りっ気は一切なく、素顔のふたりを感じることができるのも嬉しいところ。
再びMCを挟んでからは、「HERO」、「will」と舞台『東京リベンジャーズ』の主題歌を2曲続けて。
失恋をテーマとした前3曲とはうって変わり、苦境から這い上がる勇気をもらえる応援ソングです。

攻撃的なサウンド展開に無数のスポットライトが会場中を駆け巡る演出もあいまって、会場の雰囲気は一変。
ストーリー性の高い歌詞を主人公感たっぷりに歌い上げるふたりの熱唱は、「これぞアーティスト」と唸らせるパフォーマンスでした。
そしてライブもいよいよ佳境へ。

緊張感に溢れる楽曲が多いなかで、渡辺さんが「唯一の明るい曲です(笑)」と紹介すると、「マイペース・メイカー」が流れ出します。
ボーカルふたりの軽やかなファルセットが特徴的なこの曲では、手を左右に振る振り付けも施され、会場の一体感は最高潮に!
45 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません