梶裕貴が絵本『よ・み・き・か・せ』に登場! 「“読むことが好き”というキッカケに繋がった作品」

梶裕貴が絵本『よ・み・き・か・せ』に登場! 「“読むことが好き”というキッカケに繋がった作品」
声優の梶裕貴さんがTOKYO FMの生ワイド番組『高橋みなみの「これから、何する?」』内の人気コーナー「よ・み・き・か・せ」で絵本の朗読を披露します。
IMAGE

以下、プレスリリースより


TOKYO FMの生ワイド番組、『高橋みなみの「これから、何する?」』(月~木13:00~14:55放送)に、10月15日(月)~10月18日(木)、声優・梶裕貴が登場!番組の人気コーナー「よ・み・き・か・せ」(14:30頃)で、絵本の朗読を披露します。

梶裕貴「子どもの頃、国語の教科書の音読で褒められたことを想い出した」

今回、声優・梶裕貴が担当するのは、『かえるくんのとくべつな日』『フレデリック ちょっとかわったのねずみのはなし』の2冊。梶裕貴は、「『かえるくんのとくべつな日』は、主人公のかえるくんが色々なキャラクターと会話する物語。登場人物5役とナレーションを演じ分ける難しさを感じながらも、かえるくんの気持ちを大事に読みました。」

「『フレデリック ちょっとかわったのねずみのはなし』は、この作品と同じレオ・レオニと谷川俊太郎の別作品を、小学生の頃、国語の授業で音読した時、『良い声だね、上手だね』とすごくほめられたのを思い出しました。“読むことが好き”という今に繋がるきっかけだったのかもしれなません。」と、感想やエピソードを語りました。放送は14:30頃となります。

放送スケジュール

【梶裕貴の「よ・み・き・か・せ」放送スケジュール】 ※放送は14:30頃

10月15日(月)
「かえるくんのとくべつな日」 【前】
10月16日(火)
「かえるくんのとくべつな日」 【後】
10月17日(水)
「フレデリック ちょっとかわったのねずみのはなし」【前】
10月18日(木)
「フレデリック ちょっとかわったのねずみのはなし」【後】


『かえるくんのとくべつな日』
(マックス・ベルジュイス/絵と文 清水奈緒子/訳 らんか社)

かえるくんはわくわくしていました。「きょうは、とっても特別な日」と、のうさぎくんが教えてくれたのです。でも、なにがそんなに特別なのでしょう? あひるさんやこぶたさんに聞いてみることにしたかえるくんは…。

『フレデリック ちょっとかわったのねずみのはなし』
(レオ・レオニ/作 谷川 俊太郎/訳  好学社)

仲間の野ねずみたちが、冬に備えて木の実などを貯えているのに、フレデリックだけはなぜか何もせずに、ぼんやりとしています。でも長い冬、野ねずみたたちを救ったのはフレデリックでした。
7 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは