荒木宏文「イメージ通りで、想像以上」デビュー15周年メモリアルフォトブック発売記念コメント到着

掲載/更新 0
荒木宏文「イメージ通りで、想像以上」デビュー15周年メモリアルフォトブック発売記念コメント到着
ミュージカル『刀剣乱舞』にっかり青江役など2.5次元舞台でも活躍中の俳優・荒木宏文さんのデビュー15周年を記念した、メモリアルフォトブック「History」が2020年1月27日に発売されました。発売記念イベントの前に行われた会見のオフィシャルレポートをご紹介します。 
数々の2.5次元舞台で活躍する俳優・荒木宏文さんが、デビュー15周年を記念し、セルフプロデュースのフォトブックを発売! 発売記念イベントが、1月31日(金)に書泉ブックタワーにて開催されました。

オフィシャルレポートをご紹介します。

荒木宏文フォトブック「History」発売記念イベントレポート

イベントの前に行われた会見で荒木さんは、「構成もゼロから考え、こういうものにしたいという下書きが頭の中にある上で進めていたので、イメージ通りの形になりました」とフォトブックが出来上がった感想を。

さらに、「MARCOさんに写真を撮っていただくことによって、こういう表情も取り入れることが出来るなというのが生まれたので、中身に関しては想像以上です」と満足気に語り、「自分がイメージしていたものよりも、世界観が色濃くはっきりと、深みのあるショットを見つけられました。おおまかな作りのビジョンは予想通りに、中身の濃さはより深いものが出来上がったんじゃないかなと思います」と自信を見せました。
なかでも、「これこそまさに“深み”に繋がっているんじゃないかな」と、「撮られていることに気がついて、笑って、ポーズをとるまでの流れをそのまま使った」というお気に入りの見開きのショットを紹介。

「基本的に、写真を撮る時に要求されるのはカメラ目線じゃないですか。今まで芸能生活を送ってきて、写真集でもやっぱり、決めカットを撮ることが多くなるイメージがあったんですけれど、MARCOさんは『撮り始めます』『こういうショットをください』という前の状態で、先にシャッターを切り始める方なんです」と撮影を振り返りながら、「いつのまにか撮られていて、『こっちを向いてください』と言われてカメラ目線になったり、言われる前にシャッター音に気が付いてポーズを始めたり。そういうことが多々あったので、表情にゆとりを持つことができて、ナチュラルな部分から決めに入るショットまで、いろいろな写真を選ぶことができました」と微笑んだ。
そんな充実した時間を過ごした撮影は、ロケパート、スタジオパートともに、荒木さんのアイディアが満載。なかでも、衣装は全て自身でスタイリングをしたということです。

「衣装を借りてきてくださったり、買い付けてきてくださっても、その瞬間に僕は立ち会っていないので、どうしてもフィッティングをしていない分、サイジングの違和感って微妙に出てくるんです。自分が着て綺麗かどうか、自分の体のラインの生かし方やごまかし方、すべてを理解して自分に合う服を選ぶことができるのが、自分でスタイリングすることによる利点だと思います」と、服へのこだわりも明かしました。
デビュー15周年を迎えた荒木さんのプロジェクト「荒木宏文15th anniversary project『History』」の「EP3(=第3弾)」にあたる今作。バースデーイベントを行った「EP1」、2013年にBSフジで放送されたD-BOYS・鈴木裕樹さんとの冠番組「ズキ☆アラ」を復活させた「EP2」を経て、「EP3」では「写真や紙の上で、2Dのエンターテイメントを提示したかった」とのこと。

「『History』というタイトルからは、物語や歴史をイメージすると思うんですけれど、フォトブックでは時の流れを表現して、1日の流れを1つの作品にまとめたかったんです」と、プロジェクト名と同じタイトルがつけられたフォトブックのコンセプトを述べ、「写真やイラストといった2Dでの表現にテーマを置きながら、朝から夜にかけての時間軸を意識しました」と語りました。
24 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません