太田将熙、梅津瑞樹らが幻想的に紡ぐ…『桜の森の満開の下』~孤独~開幕コメント&舞台写真が到着!

掲載/更新 0
太田将熙、梅津瑞樹らが幻想的に紡ぐ…『桜の森の満開の下』~孤独~開幕コメント&舞台写真が到着!
人気のシリーズ「極上文學」の第14弾『桜の森の満開の下』~孤独~が12月7日(土)より開幕! 太田将熙さん、梅津瑞樹さん、ランズベリー・アーサーさんらキャスト陣からのコメントも到着♪
極上文學とは、“読み師”であるメインキャストの周りを“具現師”が舞い、“語り師”が彩りを添え、原作者の様々な作品を織り交ぜ、日本文學の上質な世界観を立体的に表現し、ワンランク上のこだわりのスタイルが人気のシリーズです。
マルチキャスティング制により、組合せを日替わりで上演し、変化のある公演も魅力的です。

シリーズ第14弾となる今作では、第1弾で鈴木拡樹さんと唐橋 充さんが出演し、シリーズで唯一映像化しておらず伝説的な作品ともいわれ再演が期待されていた『桜の森の満開の下』が上演されます。
12月6日(金)、開幕に先駆け公開場当たりとマスコミ向けのフォトセッションと挨拶が行われました。

Ⓒ2019 CLIE/MAG.net カメラマン:鏡田伸幸

出演者からのコメントが到着!

『桜の森の満開の下』~孤独~ 写真2

ランズベリー・アーサーさん

ランズベリー・アーサーさん:「今回語り師ということで物語を紡いでいくのですが、本を書いているという感覚もあり読み師を演じられるみなさんともリンクする所があるので、そういった所に注目して楽しんで頂けると嬉しいです。公演を楽しみにしていて下さい。」

榊原優希さん:「先ほどランズベリーさんがおっしゃったように、この語り師という役は物語を紡いでいく、物語を創り出している存在なので、ご来場頂いた皆様に物語をしっかりと楽しんで頂けるように演じたいと思います。」
笹 翼さん:「今回、坂口安吾さんの創り上げた『桜の森の満開の下』という世界観を現代で盛大に作り上げていきたいと思っております。語り師という立ち位置ではございますが、お芝居の中での立ち位置にも注目して観て頂ければと思います。」

高坂 知也さん:「すごく頭の良い役でして、ちょっと頭の良さが追い付かないんですけれども(笑) 自分なりに一生懸命、頭の良い人ならではの苦悩や独特の世界観ちょっと怖いけれども綺麗な雰囲気、そういった物をみなさまにお届け出来ればと思います。頑張ります!」

『桜の森の満開の下』~孤独~ 写真4

山本誠大さん

山本誠大さん:「この作品はマルチキャスティングということで、役者によって全然アプローチの仕方が違いますので、その場で生まれる役者同士のコミュニケーションなどが毎公演違ってくると思います。そういったところを是非楽しみにしていて下さい。」

松本祐一さん:「今回僕自身「極上文學」では初の女性役ということで、色々研究して舞台の上に挑もうと思っております。同じ役でも人が変われば、また違った見所が出てくると思いますので、その辺りも楽しみに観劇して下さると嬉しいです。」

『桜の森の満開の下』~孤独~ 写真5

田渕法明さん

52 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません