映画『ブラッククローバー 魔法帝の剣』2023年3月に公開決定!オリジナルキャラクター「コンラート」役は関俊彦

掲載/更新 0
映画『ブラッククローバー 魔法帝の剣』2023年3月に公開決定!オリジナルキャラクター「コンラート」役は関俊彦
『ブラッククローバー』初の映画版のタイトルが『ブラッククローバー 魔法帝の剣』に決定し、2023年3月に公開されることが明らかになりました。原作者の田畠裕基氏が総監修を担当し、原作では明かされなかった魔法帝の物語が描かれます。映画オリジナルキャラクター「コンラート」役は関俊彦さんが務めます。
IMAGE
TVアニメ『ブラッククローバー』待望の映画版が2023年3月に公開されることが決定しました。

「週刊少年ジャンプ」で連載中の『ブラッククローバー』(田畠裕基・著)は、魔法がすべてのとある世界で、生まれながらに魔法が使えない上、貧民の捨て子として生まれた少年アスタ(CV:梶原岳人さん)が己の力を証明する為、また友との約束を果たす為、魔法使いの頂点「魔法帝」を目指す、王道少年魔法ファンタジーです。
シリーズ累計1,700万部を超える人気作で、2017年10月から2021年3月まで、全170話のTVアニメが放送されました。アニメの最終話直前には特報PVにて映画化が発表されており、待望の続報となります。
【ブラッククローバー】映画化記念スペシャルPV

映画版のタイトルは『ブラッククローバー 魔法帝の剣』に決定。描き下ろしティザービジュアルが公開されました。総監修そして、キャラクター原案を原作者の田畠裕基氏が担当し、原作では明かされなかった魔法帝の物語が描かれます。
田畠裕基氏は「今回の映画は原作でやるか悩んでいた、“魔法帝“を描く物語を映像化してもらいました!「原作でやらないんだコレ」という物語ですが、アスタ達と強敵たちの大規模でド派手なバトルを楽しめる映画になると思います!」とコメントを寄せています。

2023年3月31日(金)より全国の劇場にて公開となり、さらにNetflixにて全世界配信されることも決定!
そして、映画オリジナルキャラクター「コンラート」は、関俊彦さんが演じます。


以下、プレスリリースより。

***

週刊少年ジャンプ(集英社)にて絶賛連載中でシリーズ累計1,700万部を超える人気作品「ブラッククローバー」(著:田畠裕基)の初映画化作品のタイトルが『ブラッククローバー 魔法帝の剣』(読み:まほうていのけん)に決定し、2023年3月31日(金)より全国の劇場にて公開、さらにNetflixにて全世界配信されることが決定しました。あわせて原作者・田畠裕基による描き下ろしティザービジュアルとコメント、さらに特報も解禁となりました。

原作者・田畠裕基総監修のオリジナルストーリー!特報映像&オリジナルキャラクターも公開!

映画の物語は、原作では描かれていないオリジナルストーリーとなる事が解禁となりました。総監修そして、キャラクター原案を原作者の田畠裕基が担当し、原作では明かされなかった魔法帝の物語が描かれます。今回解禁された特報は、これまでのテレビシリーズの物語を振り返るところからスタート。原作では明かされなかった魔法帝の物語が完全映画化されることが語られ、田畠自らがデザインした先代魔法帝のコンラートが登場。「今日俺は…この国を変える」と意味深な発言をし、最後にアスタが「諦めないのがオレの魔法だ!!!」と闘志を燃やす姿が、印象的な映像となっております。
そして映画オリジナルキャラクターのコンラートを、関俊彦(「鬼滅の刃」鬼舞辻無惨、「忍たま乱太郎」土井半助ほか)が演じることも合わせて解禁となりました。

映画『ブラッククローバー 魔法帝の剣』特報映像 

エイベックスピクチャーズチャンネル他にて10月6日(木)22時公開!
映画『ブラッククローバー 魔法帝の剣』特報/3/31(金)日本全国ロードショー&Netflix全世界配信
19 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません