アニメ『フルーツバスケット』島﨑信長、内田雄馬、石見舞菜香のメッセージも上映!第1クール一挙上映会開催

アニメ『フルーツバスケット』島﨑信長、内田雄馬、石見舞菜香のメッセージも上映!第1クール一挙上映会開催
第2クールの放送が開始されたTVアニメ『フルーツバスケット』、第1クールを振り返る一挙上映会が開催決定! 本編上映前には石見舞菜香さん(本田 透役)、島﨑信長さん(草摩由希役)、内田雄馬さん(草摩夾役)からのスペシャルメッセージも上映! 入場者特典はオリジナルシールです。
IMAGE
この度、7月21日(日)よりシネ・リーブル池袋 にて、TVアニメ『フルーツバスケット』1st season 第1クール(第1~13話)までの一挙上映会が計7日間実施されることが発表され、さらに本編上映前に、主人公・本田 透役の石見舞菜香さん、草摩由希役の島﨑信長さん、草摩 夾役の内田雄馬さんからの一挙上映会限定スペシャルメッセージが上映されることも公開されました!

TVアニメ『フルーツバスケット』第1クール一挙上映会決定!

『フルーツバスケット』(原作・高屋奈月)は「花とゆめ」(白泉社)において、1998年から2006年まで連載された大人気少女漫画。全世界コミックスの累計発行部数は3000万部を突破(コミックスは全23巻、愛蔵版は全12巻刊行)し、2001年にテレビ東京系でTVアニメ化され(全26話放送)、2009年には舞台化を展開。連載が終了し10年以上経った今でも根強い人気を誇っています。

2015年9月からはWEB上でスピンオフ漫画『フルーツバスケット another』の連載が開始し、コミックスの累計発行部数(既刊3巻)は55万部となりました。そして2019年4月より新スタッフ&キャストにより全編アニメ化となり、テレビ東京ほかにて放送中です。物語は、唯一の家族だった母親を亡くした女子高生の本田透が主人公で、縁あってクラスメイトの草摩由希やその親戚の紫呉たちと暮らすことになります。しかし、草摩家には代々、十二支の動物に変身してしまうという秘密があり……と、少女漫画のドキドキ感と、唯一無二の世界観が、女性を中心に幅広い層から圧倒的な支持を受けています。

7月より第2クールに突入しているTVアニメ『フルーツバスケット』ですが、第1クール(第1話~13話)を大きなスクリーンで鑑賞できる一挙上映会が、シネリーブル池袋にて、7月21日(日)、7月24日(水)、7月27日(土)、7月30日(火)、8月2日(金)、8月5日(月)、8月8日(木)の7日間上映されることが決定しました。
そして本編上映前には、主人公・本田 透役の石見舞菜香さん、草摩由希役の島﨑信長さん、草摩 夾役の内田雄馬さんから、第1クールを終えての感想や、第2クールの見どころをいち早くお伝えする、一挙上映会のみでしか観ることのできないスペシャルメッセージが上映されます。

さらに入場者特典は、かわいい動物が沢山あしらわれた、フルーツバスケットオリジナルシールとなり、こちらも一挙上映会に来場された方のみが手にできる特別な特典となっています。
第2クールに突入し、さらに勢いをみせる「フルーツバスケット」。今後の展開にも是非ご期待ください。
11 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは