『はめふら』スピンオフのボイスドラマ企画「アラン編」「ソフィア編」が公開!

『はめふら』スピンオフのボイスドラマ企画「アラン編」「ソフィア編」が公開!
TVアニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』より、ヒロイン・カタリナと関わりの深いキャラクターたちの内面を描いたボイスドラマ企画、第4弾の「アラン編」、第5弾の「ソフィア編」が公開されました。

『はめふら』スピンオフボイスドラマ、第4弾・第5弾が公開

2020年4月4日(土)よりMBS、TOKYO MX、BS11、J:テレほかにて、TVアニメ『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』より、ヒロイン・カタリナと関わりの深いキャラクターたちの内面を描いたボイスドラマ企画がスタート!

第4弾としてジオルドの双子の弟で第4王子のアラン・スティアートの心の変化を描いた「アラン編」、第5弾として伯爵家の令嬢でニコルの妹ソフィア・アスカルトの心の変化を描いた「ソフィア編」が公開されました。
「アラン編」では、主人公・カタリナの目線で描かれるアニメ本編に対して、アランの視点から見たカタリナへの心情が本人の声(幼少時代CV:田村睦心さん)で語られ、“はめふら”もう一つの物語を楽しむことが出来ます。

ジオルドの双子の弟で第4王子であるアラン・スティアートは、なんでもできる兄、ジオルドにコンプレックスを抱いていました。そんな中、自分の婚約者であるメアリ・ハントからカタリナのことを聞いたアランは、「メアリを誑かすな!」とクラエス家に突撃。

カタリナとの勝負を通じて、自分にまっすぐに向かってくるカタリナに心を許しかけた時、同じくクラエス家に来ていたジオルドと遭遇してしてしまいます。

その場から逃げ出したアランにカタリナは「向き不向きは人それぞれ」と語りかけるカタリナ。その時アランに起こった心の変化とは?
28 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは