佐藤拓也&村瀬歩 BLドラマCD『カーストヘヴン3』オフィシャルインタビュー到着!

掲載/更新 0
佐藤拓也&村瀬歩 BLドラマCD『カーストヘヴン3』オフィシャルインタビュー到着!
緒川千世先生による人気BLマンガ『カーストヘヴン』のドラマCD第3弾が7月30日に発売予定! 久世役の佐藤拓也さん、あつむ役の村瀬歩さんのオフィシャルインタビューが到着しました。
関連記事
BLドラマCD『カーストヘヴン3』古川慎&榎木淳弥のコメント到着!追加キャストに八代拓(6/28追記)
BLドラマCD『カーストヘヴン3』小野友樹&内田雄馬オフィシャルインタビュー到着!

ドラマCD『カーストヘヴン3』が7月30日に発売!

今回は久世役の佐藤拓也さん、あつむ役の村瀬歩さんのインタビューをお届けします

佐藤拓也&村瀬歩オフィシャルインタビュー

――収録の感想をお願いします。またドラマCD第3弾ということで、意識したことや変化したこと、楽しみだったことなどありますか?

佐藤:あつむのお母さんが出てきたので、猫を被ってる…じゃないですが、よそ行きの久世君を意識しました。あと、あつむとの馴れ初めがエキセントリックだった前作よりも、お互いの信頼関係というか、肌が合ってきて馴染んできた感じが出せたらいいなと思って演じました。

村瀬:佐藤さんも仰ってましたが、第2弾の時にあつむと久世の関係性が結構進展したので、今回はお互いの空気感を分かち合える感じが出せたらいいなと思いました。最近、ゲームの収録があって自分の中にキャラ感も残っていたので、その感じが出せているのではないかと思います。

――ご自身が演じたキャラクターの感想をお願いします。

佐藤:決して丸くなった訳ではないんですが、今までたまに感じられていた棘をうまく隠せるようになったね久世君、て感じですかね。

村瀬:あつむの登場シーン自体は短いのですが、久世君と信頼し合って軽口を叩ける仲になっていたので、絆が深まったんだなと感じました。


――「ズバリここが聴き所!」というオススメのポイントを教えてください!

佐藤:どうも、お母さん、友達の久世君です。今後ともよろしく。友達ですよ! 友達! 聴きどころは友達の久世君ですよ。

村瀬:だいぶ意味深!(笑:

佐藤:息子さんの友達ですよ!(笑:

村瀬:巽って、実は第1弾から出て来ていたキャラクターじゃないですか、今回榎木君が深く演じることによって、より厚みが出てきたと思うので、やはりそこが聴き所ですね!
――「カーストゲーム」には、いろんな【カースト】がありますが、もしご自身がやるならどの【カースト】をやってみたいですか? またその理由は?

村瀬:【フローター(不思議ちゃん:】かな。カースト表でもみんなの輪に入っていないところにいるから。僕は、そんなにカーストゲームには関わりたくないので、不思議ちゃんでイタイ子扱いされるぐらいがちょうどいいかな(笑:。

佐藤:僕は【ギーク(オタク:】かな。オタクとして好きなことやっているだけで許されそうな気がして。いじめの標的にされる訳でもないし、誰かに指示を出す訳でもなし、気持ち的に楽そう。人の上に立つのってそもそもあまり好きじゃないので、かと言って虐げられるのも嫌なので、居心地よさそうな【ギーク】で!
――全てを投げ出し本気の愛を求める巽と仙崎ですが、「本気で求めている〇〇」を教えてください! またその理由も教えてください。

村瀬:タピオカミルクティーですね。

佐藤:好きだね!(笑:

村瀬:古今東西いろんなタピオカがあって、ドンドンドンドン新しいのが出てくるじゃないですか! 美味しいし! 
佐藤さんは、筋肉ですか?

佐藤:筋肉よりも寝なくてもいい身体が欲しいです。1日24時間じゃ足らない!ゲームもやりたい、本も読みたい、映画も観たい!となると、いよいよ寝なきゃいいと思うけど、寝ないと死んじゃうじゃないですか。でもやりたいことがいっぱいあるんで、寝なくてもいいボディを求めてます。

――ドラマCD発売を楽しみに待ってくださっているファンの皆さんにメッセージをお願いします。

佐藤:皆様のおかげで第3弾をむかえることができました。第1弾が出た時は、この世界観に自分を置いてみて、こんなカーストの世界で学校生活をおくるなんて僕には無理だと思いながら、久世君とお付き合いしてきました。久世君の目を通して3弾までやってくると、このカーストの世界はつらいこともあるけれど、そう悪くもないなと思えてきました。ゲームでも演じることが出来ましたし、いろんな場所で久世君に出会うことができるので、僕自身も彼の生活に馴染んできたところがあるのかも…。これから先、皆さんと一緒にどんな光景を目にすることができるのかと興味深く楽しみなので、これからも「カーストヘヴン」を応援していただけると嬉しいです。


村瀬:今回第3弾が発売ということで、こうして続いていくということは、ひとえに皆様のご愛顧あってこそだと思っています。本当にありがとうございます。
コミックスを読んでいて特徴的だなと感じるのは、人と人との関係性にフォーカスを当てて描かれているので、毎回収録のお話しをいただく時に、次はどのカップルがクローズアップされるのかな?どういった話だろう?と気になりますし、演者自身もやりがいを持って取り組んでいる現場なので、この先もあると嬉しいなと思います。あと、あつむがまた変な階級を引かないといいな~と(笑)。これからも原作共々ドラマCDを応援していただけると嬉しいです。
32 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません