第1位は『呪術廻戦』!?誤変換しそうな言葉ランキングが発表『あつ森』もランクイン

掲載/更新 0
第1位は『呪術廻戦』!?誤変換しそうな言葉ランキングが発表『あつ森』もランクイン
日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」より10代が選ぶ 「誤変換しそうな言葉 2020」ランキングの結果が発表されました。“コロナ禍”、“あつ森”など2020年を象徴する単語が並ぶ中、『鬼滅の刃』からはあの単語が……!?
IMAGE
日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」より、10代のSimejiユーザーへアプリ上でアンケート調査を行い、そのデータをランキング化した「Simejiランキング」が発表されました。

今回のテーマは、10代が選ぶ 「誤変換しそうな言葉 2020」TOP10です!

※集計期間 2020/12/14~2020/12/21  有効回答数 10代男女 431
【Simejiチームの総評】
今年も新たな流行がたくさん生まれた年となり、新しい言葉もたくさん生まれました。特に今年は人気アニメやアーティスト名がたくさん出てきたのではないでしょうか。キーボードアプリ「Simeji」では、日々、新語の変換候補をアップデートしています。変換が難しそうな言葉でもスムーズに入力・変換でき、多くのユーザーから「Simeji神!」のコメントをTwitterなどでいただいております。そこでSimejiは、10代のユーザーが今年流行った言葉の中から「この言葉は誤変換しそう!」と思うものを調査しました。本調査の結果よりTOP10をご紹介します。
これからもSimejiは、いち早く新語変換に対応するべく、日々尽力してまいります。

第1位

呪術廻戦(呪術海鮮など)

他と大差をつけて今年最も誤変換しそうな大賞を獲得したのは、芥見下々による大人気漫画「呪術廻戦」。2018年から週刊少年ジャンプ(集英社)での連載を開始し、2020年のアニメ化により人気がさらに爆発しました。人気を確立した「呪術廻戦」の「廻戦」という字の変換が特に難しく、「作品について語りたいのに変換できない」という声が多い結果となりました。Simejiでは、主人公の「虎杖悠仁」(いたどりゆうじ)は勿論、「楽巌寺嘉伸」(がくがんじよしのぶ)、伊地知潔高(いじちきよたか)といった難しい名前のキャラクターも快適に変換が可能です。

誤変換例:呪術回線 呪術廻船

第2位

NiziU(二重など)

日韓オーディション・プロジェクトで1万人の中から選び抜かれた9人組のグローバル・ガールズグループ、「NiziU」(ニジュー)が2位に登場。いざスマホで大文字と小文字が組み合わさった「NiziU」を一文字ずつ入力するとなると一苦労です。また、変換の際には、やはり「二重」等の一般的な単語が優先的に表示されることから、スムーズな変換が難しい言葉となっていたようです。

誤変換例:二十 二ジュー

第3位

那田蜘蛛山(なタグも山など)

吾峠呼世晴による漫画「鬼滅の刃」に登場する山の名前、「那田蜘蛛山」(なたぐもやま)が第3位です。「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が記録的な観客動員数で大ヒットを収めるなど、もはや国民的な知名度を誇る鬼滅の刃というだけに、「禰豆子」(ねずこ)「悲鳴嶼行冥」(ひめじまぎょうめい)といった特徴的なキャラクターの名前が、iPhoneの純正キーボード等でも変換表示されるほど世の中に浸透しているようです。
そんな中、変換対応の波に乗り遅れたキーワードが「那田蜘蛛山」です。TVアニメでは第15話~第21話辺りに登場する存在感のあるストーリーから、「鬼滅の刃」を熱く語るために必要な変換ですね。

誤変換例: 灘具も山
28 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません