Wアンコールで"からあげタワー"登場!? 下野紘、初のライヴハウスツアー公式レポート到着!

Wアンコールで"からあげタワー"登場!? 下野紘、初のライヴハウスツアー公式レポート到着!
『うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズの来栖翔役などでお馴染みの人気声優、下野紘さん。声優デビュー15周年 ANNIVERSARY ソロプロジェクトの大きな節目となる「下野 紘ライヴハウスツアー2018 “Color of Life”」より、東京千秋楽公演の公式レポートが到着しました! 本公演は映像化も決定しています。
以下、公式レポートより

7月28日(土)東京千秋楽公演レポート

下野紘

声優・下野紘が、7月28日(土)に「下野 紘ライヴハウスツアー2018 “Color of Life”」の東京公演を開催。2500人もの観客を前に、接近していた台風を吹き飛ばすすさまじい盛り上がりをみせた、ツアーファイナルにふさわしい最高のステージでツアーを締めくくってくれた。

OP映像とともにピアノソロの切ないイントロが流れ始めたかと思うと、バンドメンバーに続けて下野が登場。いきなり流れる「Black Thunder」のギターのリフでアツく激しくライヴの幕を開けると、さらにハイスピードなデビュー曲「リアル-REAL-」を畳み掛け、会場内のボルテージは急上昇する。

歌い終わった下野は「いろんなモノぶっ飛ばしていこうと思ってるんで、よろしく!」と、ツアーファイナルとなるこの日のライヴへの意気込みを語り、ライヴ再開。今度はジャジーでオトナな「Violet Phantom」をはじめ序盤から一転して、ミドルテンポやスローな楽曲3曲で“聴かせる”ゾーンを展開していく。なかでも「beyond...」のライヴバージョンでは優しくも力強い歌声を響かせ、落ちサビもしっかりと歌い上げて“聴かせる”1曲を完成させていた。

下野紘2

歌い終わったところで、念願のライヴハウスツアーを実現させた喜びをまっすぐに語った下野は、ファンへ向けてクラップ。それに続けて歌った「Fellow Yellow」では、今度はファンの起こしたクラップが場内に響き、一体感を生む。また、爽快なロックチューン「Running High」でもステージ最前まで出てファンの歓声を巻き起こしたりと、再びフロアの熱を一気に高めていった。

そしてここからは3曲連続のキャラソンゾーン。『ぬらりひょんの孫』より黒羽丸役として歌唱したロックチューン「3つの翼」や有栖院御園役を担当した『SERVAMP‐サーヴァンプ‐』「スパイラル*パンセ」、さらには桐生祟役を務めた『遙かなる時空の中で5』「廃墟に咲く夢」を力強く歌唱。それぞれ異なる楽曲の魅力を生で表現し、ファンを楽しませていった。

下野紘3

歌い終わると下野は、“生でしっかり歌を聴いてもらえる姿”を見せられたことへの感激を語ると、続けて『Color of Life』のバラード系統の楽曲3曲を歌唱。「Ever Red」「Blue Moon」では聴き入るファンの心に染み渡る、寄り添うような優しい歌声を響かせると、ミニアルバムを作った理由をしっかり大事に語り、万感の想いを込めて「colors」へ。ここでは温かなサウンドと歌声で希望も与えつつ、少し声を枯らすほどに全力を込めて、歌声でその想いを届けてくれた。

さて、ライヴもいよいよ終盤戦。アーティスト活動を通じてより強く感じたまわりの人々の支えなどについて触れ、すべての人へ「もらっている以上のものを返したい」との今の想いなどを言葉にしてしっかり届けると、本編ラスト2曲をスタート。まず「ONE CHANCE」を力強く歌い上げてファンのテンションをさらに高まらせていくと、ライヴ鉄板のタオル曲「Pleasure」を高らかに歌う。フロアにはそのタオルと一緒に、曲になぞらえてピンクのペンライトも輝き、一体感を伴った盛り上がりのなかライヴ本編は幕を下ろした。  

下野紘4

下野がステージを降りると、アンコールの声が大きく響き渡る場内。すると、ツアー直前のインタビューをロックスター風に受ける下野の映像が流れ、続けてちょっと照れながら下野が登場し、この東京公演のために用意した新曲「Change+ing」をサプライズ披露!発表の瞬間大きな歓声を上げたファンに向けて、ピアノがちょっとオシャレさを醸し出すロックチューンを力強くぶつけ、さらにファンを高まらせていた。そしてもう1曲、ライヴ序盤で歌唱した「リアル-REAL-」を“本当のスタート”として改めて披露。一度目よりもステージ上の下野もフロアもボルテージ非常に高く、1曲を駆け抜けていった。

下野紘5

しかし再び上がった「アンコール!」の声に、下野が再度登場。バンドメンバーを呼び込む……と、メンバーが引いて登場したのは“からあげタワー”!バンドメンバーとわちゃわちゃしたやり取りで盛り上がるなか、ダブルアンコールとして改めて「Pleasure」を披露する。そのからあげをバンドメンバーに食べさせながら歌った下野は、直前とは異なりアンコールならではの楽しさにあふれた1曲を歌声でも作り上げていく。そして最後は自らも唐揚げを口にし、ジャンプエンド。自身初のライブツアーを、最高の笑顔で締めくくったのだった。

なお、このライヴの模様を収録したBlu-ray・DVDが、2018年12月26日にリリースされることがすでに決定。初回限定版にはこの日披露された「Change+ing」のCDも付属するので、ぜひ何度でも下野紘が繰り広げた熱量あふれるステージを楽しみ、その楽曲を楽しんでほしい。
17 件

Comment

コメントはまだありません

この記事のタグ