『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』ティザービジュアル初お披露目!

掲載/更新 0
『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』ティザービジュアル初お披露目!
待望の新作アニメ『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』の詳細が発表されました! タイトルが決定したほか、ティザービジュアルも解禁に♪ 今度の舞台はすみっコたちが暮らす町。監督は大森貴弘さん(『夏目友人帳』)、脚本は吉田玲子さん(「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」)です。
IMAGE
サンエックス株式会社は、株式会社ファンワークスがアニメーション制作を手掛け、アスミック・エース株式会社が配給する、『映画すみっコぐらし』の第2弾のタイトルが決定したことをお知らせするとともに、ティザービジュアルの初お披露目をいたします。
今年11月公開となる第2弾の映画タイトルが、『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』に決定いたしました。
タイトル決定に合わせて、ティザービジュアルも初お披露目となります。
さらに、第2弾を手掛けるスタッフ陣も発表いたします。

「すみっこにいると、なぜか落ち着く。」そんなちょっぴりネガティブだけど個性的なキャラクター、すみっコぐらし。
その世界観は子どものみならず大人たちも魅了し、初めての劇場アニメ『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』は動員120万人を超える”大ひっと”!絵本の世界で繰り広げられるすみっコたちの優しい物語に日本中が癒されました。
そして2021年秋、すみっコたちがふたたび映画館に帰ってきます!
今度の舞台は、すみっコたちが暮らす町。いつもの町に訪れる青い月の夜、ふしぎな物語は始まります。
映画第2弾を手掛けるのは、監督に「夏目友人帳」の大森貴弘さん、脚本に「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の吉田玲子さん。数多くのアニメ作品を手掛けてきた二人が初めてタッグを組み、新たなすみっコなかまに加わりました。
そしてアニメーション制作は、前作に引き続き株式会社ファンワークスが担当。
すみっコたちのマイペースな暮らしをあたたかなタッチで描きます。

ストーリー

とある秋の日、キャンプに出かけて行ったすみっコたち。
楽しい時間はあっというまに過ぎ、夜もふけてきた頃、ぺんぎん?は、ある伝説を思い出す。
「5年に1度おとずれる、青い大満月の夜。魔法つかいたちが町にやってくる」
すみっコたちが見上げた先には、大きなブルームーンが浮かんでいた!
その夜、いつもの町にふしぎな魔法がかけられて…?

映画情報

タイトル:『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』

2021年11月全国ロードショー
©2021 日本すみっコぐらし協会映画部

◆映画スタッフ情報◆
原作:サンエックス 監督:大森貴弘 脚本:吉田玲子 美術監督:日野香諸里
アニメーション制作:ファンワークス 配給:アスミック・エース  


続報をお楽しみに!
最新情報は下記サイトをチェック!

【映画すみっコぐらし公式サイト】 URL: http://sumikkogurashi-movie.com
【映画すみっコぐらし公式Twitter】 アカウント名: https://twitter.com/sumikko_movie

サンエックスについて

https://www.san-x.co.jp/company/
リラックマ、すみっコぐらし、たれぱんだなど、自社デザイナーによる100%オリジナルキャラクター商品の製造・販売・ライセンスビジネスを手掛けています。
見た目はかわいいのに、くすっと笑えるシュールさがあり、人の心に寄り添い、包み込んでくれるような優しさを持つキャラクターたち。
その不思議な魅力と世界観に多くの人々が引きこまれています。世界中にキャラクターの癒しの力、優しさを届けるべく、様々なイベント、企業とのタイアップなど企画しています。

14 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません