赤澤遼太郎・北川尚弥・立石俊樹らが出演!映画『先生から』10月4日(金)よりロードショー決定

掲載/更新 0
赤澤遼太郎・北川尚弥・立石俊樹らが出演!映画『先生から』10月4日(金)よりロードショー決定
2.5次元舞台でも活躍する赤澤遼太郎さん、北川尚弥さん、立石俊樹さんら出演する映画『先生から』が2019年10月4日(金)より全国順次ロードショー開始! 気になるあらすじ、そしてキャストコメントが到着しました。
2019年10月4日(金)に映画『先生から』の劇場公開が決定!

映画『先生から』では、"先生の愛人の子"の主演・赤澤遼太郎さんを筆頭に、北川尚弥さん、立石俊樹さん、田鶴翔吾さん、小早川俊輔さん、吉村駿作さんら若手俳優が、“先生”の存在を巡り、繰り広げられる青年たちの物語を彩ります。

“先生”の過去を振り返りながら交差する、友情・恋愛・夢を巡った長編映画

映画『先生から』は「先生の愛人の子」「先生とホスト探偵」「先生の遺言」の3パートで構成された長編映画。
別々に描かれた関係性が明らかになることで、“先生”を巡る世界観がより深まります。

出演キャストは、MANKAI STAGE『A3!』など2.5次元舞台を中心に活躍する赤澤遼太郎さん、舞台『刀剣乱舞』に出演の北川尚弥さん、ダンス&ボーカルグループIVVYのメンバーで役者としての活動も行う立石俊樹さん田鶴翔吾さん小早川俊輔さん吉村駿作さんら。
舞台を中心に活動する彼らが映像作品で見せる新たな一面は、劇場でしか観られません。
物語は、作家志望の青年・真北直史(赤澤遼太郎)が、弟子入りしている作家・小宮久作(那波隆史)から<小宮公也>を探すよう頼まれたことをきっかけに、小宮久作の行方を追うなかで、文芸編集者・谷口一真(田鶴翔吾)やホスト・間宮康作(立石俊樹)<小宮公也>を名乗る男(小早川俊輔)らの登場によって、青年時代の小宮久作(北川尚弥)の過去を辿る内容となっています。

監督・脚本を担当するのは、佐藤流司さん・佐藤永典さん・赤澤燈さんが出演する映画『Please Please Please』、黒羽麻璃央さん・和田琢磨さん・玉城裕規さん出演の映画『Sea Opening/シー・オープニング』、猪野広樹さん・崎山つばささん・北園涼さん・橋本祥平さん・小南光司さん・横田龍儀さん出演のドラマ『ディキータマリモット~オウセンの若者たち~』、映画『いつまでも忘れないよ』などを手掛ける堀内博志監督

時空を超えてそれぞれの想いが交差する、映画「先生から」。
若者たちの友情、恋愛、夢を巡った物語が、いま、始まります。

キャストコメント

赤澤遼太郎(真北直史 役)

赤澤遼太郎(真北直史 役)

●出演が決まった時の感想をお聞かせください。
純粋に新しい世界に踏み込めることが嬉しかったです。
自分に出来ることを全部出し切って誰よりも楽しんでやろうと思いました。

●映画「先生から」を楽しみにしている皆様へのメッセージをお願いします。
気づけそうで気づけなかったこと。
気づけきたくても気づけなかったもの。
気づいていたのに認めなかったもの。
そんなものがこの作品に詰まっていると思います。
ぜひ、劇場で観て欲しいです。


【赤澤遼太郎プロフィール】
1997年1月11日生まれ 神奈川県出身

2015年『CHaCK-UP-Episode.0-』【アンプラネット】準惑星エリス人☆エリィとして活動。
2016年の『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』大神晃牙役、2017年『龍よ、狼と踊れ〜Dragon,Dance with Wolves〜』主演!ハジメ役
2018年 喜劇『おそ松さん』トド松役、2019年MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN&WINTER2019 ~ 七尾太一役で出演

北川尚弥(小宮久作 役)

北川尚弥(小宮久作 役)

●ご出演が決まった時のご感想をお聞かせください。
映像のお仕事がしたかったので素直に嬉しかったです。プレッシャーなどもありましたが、楽しく撮影させて頂き、素晴らしい作品が出来たと思っています!

●映画「先生から」を楽しみにしている皆様へのメッセージをお願いします。
3つのショートムービーが合わさって作られた今回の作品は、現在と過去の描写が細かく描かれていて、この構成ならではの世界観を皆さんに楽しんで頂けるのではないかと思っています!


【北川尚弥プロフィール】
1996年5月15日生まれ 北海道出身

第26回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」ファイナリスト
ミラクルステージ「サンリオ男子」長谷川康太役で初主演を務める。
主な出演作品は、舞台「刀剣乱舞」骨喰藤四郎役、ミュージカル「スタミュ」申渡栄吾役、「あんさんぶるスターズ」朱桜司役、 など。
『猫のひたいほどワイド』(テレビ神奈川)レギュラー出演中。



20 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません