斉藤壮馬、白井悠介らが「愛を語らないと!」アイナナ『ファン感謝祭vol.5』オフィシャルレポート到着!

掲載/更新 1
斉藤壮馬、白井悠介らが「愛を語らないと!」アイナナ『ファン感謝祭vol.5』オフィシャルレポート到着!
12月14日に開催された『アイドリッシュセブン ファン感謝祭vol.5 Welcome!愛なNight!!』のレポートをお届け! 白井悠介さん、代永翼さん、KENNさん、小野賢章さん。羽多野渉さん、斉藤壮馬さん、保志総一朗さん、立花慎之介さんが登場です♪
2019年12月14日(土)、大阪のオリックス劇場にて関西初となる『アイドリッシュセブン ファン感謝祭vol.5 Welcome!愛なNight!!』が、昼夜の2公演で開催!

2020年4月にTVアニメ2期の放送も控え、ますます盛り上がりを見せる『アイドリッシュセブン』。今回で5回目となるこのファンイベントは、ファン感謝祭史上最多数のキャストが登場するということもあり、ファンの注目度も熱気も非常に高いものに。

登壇者は計8名。IDOLiSH7から、二階堂大和役の白井悠介さん、和泉三月役の代永翼さん、四葉環役のKENNさん、七瀬陸役の小野賢章さん。TRIGGERから、八乙女楽役の羽多野渉さん、九条天役の斉藤壮馬さん。Re:valeから百役の保志総一朗さん、千役の立花慎之介さん、という豪華なメンバー。

本編では、そんな感謝祭 vol.5の昼の部の模様を紹介します!

ファン感謝祭vol.5 写真1

下段左から斉藤壮馬さん、小野賢章さん、羽多野渉さん、中段左から代永翼さん、KENNさん、白井悠介さん、上段左から保志総一朗さん、立花慎之介さん

テーマは『ボクの愛を語らないと!』

イベントはキャスト紹介のオープニングムービーで開幕。スクリーンにイベントタイトルが映し出されると、キャスト達が順に登場した。白井さんの「全国のマネージャーの皆さん、こんにちは!」の挨拶に、ファン達が大きな拍手で応えます。

最初の自己紹介では、KENNさんが環のように「うるせー!」と言い出し代永さんに「嬉しいだろ」とツッコまれるくだりが。もちろん「嬉しいけど」とKENNさんも笑います。

全員の自己紹介が終わり、白井さんが「ついに!初の関東以外での開催です!!大阪にやってきたぞーー!!!」と嬉しそうに言ったのを皮切りに、他の面子も「大阪だー!」など声を張り上げ、関西初のイベントに意気込む姿を見せました。
最初のコーナーは、なんとアニメ2期の第1話先行上映。

小野さんから、アニメ2期のタイトルが『アイドリッシュセブン Second BEAT!』に決定したと発表されます。
第1話の注目ポイントとして、白井さんが「カメラアングルとか結構今回は匂わせてますよ」とコメントし、羽多野さんも「瞬きしないで観てほしいね」と応え、上映が開始。
第1話が終わると、『ボクの愛を語らないと!』のコーナーに。トークテーマは、今しがた上映された2期第1話について。

やはり話題となったのは、今回から本格的な登場となるRe:vale。挨拶に来るIDOLiSH7に怖い先輩を演じる百と千のシーンでは、保志さんが「もっと怖く」と何回かやり直しがあったこと、「根が怖くないからあれが精いっぱい」と会場にいる全員を笑わせました。

また、第1話には登場しなかったTRIGGERだが「先輩が出てきたことで作中での立ち位置が変わること」「カッコいいだけじゃない剥き出しの感情を色々と見せてくれる。のちのちのシナリオが楽しみです」と、斉藤さんのしみじみしたコメントに羽多野さんも大きく頷きます。
第1話について語ったあとは、感謝祭用に書き下ろされた朗読劇へ移行。

内容は、サンタゾンビの怪談で陸、環、三月を怖がらせる大和。サンタに扮してお祝いにやって来た楽と付き添いの天。サンタの格好でアイナナにドッキリを仕掛けにいく百と千、といった、クリスマスにちなんだ物語です。

誤解が誤解を生むテンポのいいストーリーに、会場からはどこからともなく笑い声が。ラストでは、百と千のドッキリとして、マネージャーのペンライトをイルミネーションに見立てる、といった演出もあり、朗読劇は大盛況の形で幕を閉じました。
続いては、キャストによるチーム別対抗戦「チーム対抗!太鼓の達人チャレンジ」コーナー。

くじ引きによってチームと楽曲が決まり、まず挑戦したのは小野さんとKENNさんチーム。楽曲は「WiSH VOYAGE」で、早速おにモードでプレイを開始。息ぴったり度は68%!
19 件

この記事のタグ

Comment

2019-12-16

ウイング休むんじゃなかったん?アイナナのイベントには出るのにプリライは出ないんだ、ふーん…