斉藤壮馬、武内駿輔らのインタビュー到着!『俺様レジデンス』最新作、気になるキャラクターは?

掲載/更新 1
斉藤壮馬、武内駿輔らのインタビュー到着!『俺様レジデンス』最新作、気になるキャラクターは?
大財閥・西園寺家と有栖川家の御曹司たちに振り回される『俺様レジデンス』シリーズの最新作『 ―LOVE or FATE―(ラブ オア フェイト)』!  今シリーズより、あなたの義兄・霧下真尋(CV;森久保祥太郎さん)が登場。武内駿輔さん、八代拓さん、斉藤壮馬さん、木村良平さん、前野智昭さん、石川界人さん、森久保祥太郎さんのオフィシャルインタビューをご紹介します。
――――愛か、運命か。最後に彼女を手に入れるのは誰だ。

オトメイトレコードより新作ドラマCDシリーズ『俺様レジデンス ―LOVE or FATE―(ラブ オア フェイト)』が2020年3月より、4ヶ月連続でリリース!

【第3弾】Drama 3. Episode of LOVEが2020年5月27日(水)にリリース!

本作に出演する武内駿輔さん八代拓さん斉藤壮馬さん木村良平さん前野智昭さん石川界人さん森久保祥太郎さんのオフィシャルインタビューをご紹介します!

武内駿輔さん&斉藤壮馬さん インタビュー

西園寺 藤 役:武内駿輔さん
西園寺 玄 役:斉藤壮馬さん


Q1:前編の台本をお読みになった際のご感想をお伺いさせて頂けますと幸いです。

武内:真尋のインパクトが強かったかな、あと僕らが監禁されてしまうとは驚きました(笑)。

斉藤:真尋の危険な計画が具体的に進んでいき、帝というもう一人対立する人物が登場、チームとしての結束が高まっていく6人……というストーリーだったので、まさに起承転結の「転」にふさわしい物語だと感じました。
Q2:キャラクター達の掛け合いも多かったかと思いますが、前編よりぐっときたシーンなどありましたら教えてください。

斉藤:三織との会話です。彼は感情を表に分かりやすい形で出すことが少ない人だと思っていたので、その本音を聞けるのは玄であればいいなという気持ちがありました。ふたりのシーンは素直に感じ入るものがありましたね。逆に帝に食って掛かるところは、三織が個の部分を見せてくれていたので印象的でした。
あとは、玄がまさか三織の頭を撫でてやる日が来るなんて。思えば遠いところにきたものだなと (笑)。玄は初めて家族以外の人も受け入れる器の大きさを見せたので、成長した姿がうれしかったです。三織も自分の気持ちを素直に言えるようになっていてすごく成長していますし、絡んできた身としてはそこが印象的でしたね。

武内:玄が一番キャラクターの中でめまぐるしく成長しているのかもしれないですね。青年になったというか。藤は方向性が少し変わったのかな……。

斉藤:ぶれていないほうにぶれているみたいなね。

武内:そう、藤もいいやつになりましたよね(笑)。

斉藤:性悪感はもうあんまりないもんね(笑)。

武内:昔の藤のままだったら反感を買って皆慕わなかったと思うんですけど、やりとりの中で藤が言っていることは的確だなと思わせるような説得力や言い方がありましたね。長男だから、偉い人だからっていう理由でついてくるわけじゃなくて人として、この人の意見に今従っておけば間違いない、ちゃんと連携が成立するっていうのを出せるようになったのは藤よかったな~って思いますね。

斉藤:「西園寺藤様だからな!」って言われても、そうだよなって納得しちゃう (笑)。最初は「うるさいよ、藤くん」みたいな感じだったのに。もはや深く頷けるよね。
Q3:全員バラバラの個性をもつキャラクター達ですが、今回の物語の中で気になったキャラクターはいらっしゃいましたか?  

武内:真尋の存在ですかね。見せ方としてもやっぱりいいなと思いました。人間としていい魅力とは言えないけれど、真尋のような愛情の持ち方とか、気持ちが全く分からないって人は多分あんまりいないんじゃないかなと思います。ピュアになったらこうなるんだろうなって体現しているような人。周りも自らの手で終わらせるわけにはいかない、必死になって助けようとするストーリーだったのは、人間劇というか人間の一番美しい姿だなって。すごく印象に残りました。
斉藤:僕は、どこかで真尋自身が解放されたかったのかなと思いました。自分の欲望やどうにもならなさ、人生、運命、妹。今回イギリスにうまく行けていたとしても違う形で彼自身が破滅を望んでしまっていたのかなと……おそらく聴いて下さった方も分かると思います。今回は各々にスポットが当たっていますが、真尋という一人の人生を描いている話だと思ったので彼が一番印象に残りましたね。自分の思い込みで破滅への道を歩み始めてしまう真尋を切ない気持ちで捉えていました。
Q4:前編の聞き所をふまえつつ、CD をこれからご購入されるお客様にメッセージをお願い致します。

武内:長く続いてきたシリーズも三巻目というところで、西園寺と有栖川の状況が一気にクロスする流れは非常に聴きごたえがあると思います。そういう中で改めて真尋という男が一体どういう人物なのだろうと、色々考察しておくと次巻にも繋がりおもしろいのかなと感じます。ぜひこの真尋というキャラクターに注目していただければと思います。

斉藤:いつもサマレジを応援していただきましてありがとうございます。聴いて下さった皆様の一番の気持ちとしては「早く最終巻を聞きたい」ということだと思うのですが、改めて全巻を振り返っていただいて、どんな結末を迎えるのかを想像しながらお待ちいただきたいです。個人的には俺様レジデンスという枠の中で、一人の人間の半生をとても端正に
描いているっていう内容になっていて、
真尋目線でも我々6人目線でもどちらの目線でも楽しんでいただけるストーリーになっていると思います。それまでぜひ繰り返し全編聞いていただいて、ラストを楽しみにお待ちいただければと思います。よろしくお願いいたします。

八代拓さん インタビュー

31 件

この記事のタグ

Comment

2020-05-27いちご🍓

楽しみです!!!
応援してますので頑張ってください!

キャラクター誰がどの役など田の字です!!!