ランズベリー・アーサー「昔の自分に重なるところがありました」 男性声優企画「8P」野上翔とのインタビュー解禁

ランズベリー・アーサー「昔の自分に重なるところがありました」 男性声優企画「8P」野上翔とのインタビュー解禁
畠中祐さん、野上翔さん、八代拓さん、榎木淳弥さん、ランズベリー・アーサーさん、高坂篤志さん、益山武明さん、千葉翔也さんによる男性声優企画「8P(エイトピース)」から、新作のユニットソングドラマCDシリーズが登場します! 今回は野上翔&ランズベリー・アーサーがメインキャストの、人間とアンドロイドのヒューマンドラマ!。おふたりのインタビューが解禁されました♪
INDEX
IMAGE
株式会社フロンティアワークス(アニメイトグループ)より、男性声優企画「8P(エイトピース)」から新作音声ドラマと新作デュエットソングで送る、「声優力」たっぷりのユニットソングドラマCDシリーズが、2020年5月から連続発売されています。その第3巻は野上翔さん&ランズベリー・アーサーさんがメインキャストの、人間とアンドロイドのヒューマンドラマ。今回お二人のインタビューが解禁されました!
――ドラマの収録を終えてのご感想をお願いします。

野上 翔さん(以下、野上):
1番の感想は「難しかった」ですね。
自分と合致するところがないキャラクターだなと。声のトーンくらいですね、合致したの(笑)正直大苦戦でした。
ただ、それだけに今後の自身の課題が見えた収録でもありました。

ランズベリー・アーサーさん(以下、ランズベリー):
野上さんと一緒で苦戦した点がいっぱいありました。
感情表現が薄いという前提のキャラクターなんですが、情みたいなものはあったりして。その温度感がすごく難しいというか、絶妙なところを攻めるのに苦戦したんですが、終わってみて、「ああ、そういうことだったのかな」って自分の中で掴めたり、整理がついてくるところが出てきて、楽しかったですね。
しかも、キャストと設定が発表された時点では、私がアンドロイドで、野上さんが博士だと皆さん予想すると思うんですよ。その意外性も含めて新鮮だったりして、収録が楽しかったんだと思います。
良い感じに自分たちが楽しく演じることができたので、今回を踏まえてまた色々挑戦していきたいなって思いましたね。野上さんも言っていたけど、挑戦したい先が見えましたね、お互い。
――今回のお話・キャラクターについて、印象的だったところを教えてください。

野上さん:
「心」って何だろうなと台本読んだ時からずっと思ってて。
人間って、抽象的なもの、神様や精神論などに縋ったり求めたりするじゃないですか。どちらかと言うと僕も普段からゲンを担いだりする方なのでそういうものは自分の中にもあると思いますが、いざそれを演じるとなった時に、「心ってなんだろうと考える」とか「自分は生きてるのに、生きてない様な扱いをされる」って経験したことがなくて。
今回ミハイルというキャラクターを通して1つの挑戦でした。
すごく抽象的なテーマだけれど、誰しもが考えるであろう、「心とは何か」とか、そういうテーマでお話を作るって難しくて面白いんだなと思いました。


――野上さんは、3パターンのミハイルを演じていかがでしたか?

野上さん:
オリジナル(人間)の彼が、ああいう精神的な境地に至るまでを、もうちょっと知りたかったなと思いました。特に序盤でのアンドロイドのミハイルは、言葉として知っている知識は多いけれど、物事の重要度や「こういう事を言うと人を傷つけてしまう」みたいな事を人間の尺度で考えることがなかなか出来ないので、そういう部分をお芝居に落とし込むまでがすごく時間がかかりましたね。
正解は人それぞれですが、僕なりの答えがお芝居に少しでも乗っていたら嬉しいです。

ランズベリーさん:
ユリウスを演じていてふと思い出したのですが、子供の頃の自分と近いなって。
小学校の低学年くらいの時に、母に「街の人たちは本当に生きてるの?」って質問したことがあって。ゲームがすごく好きだったこともあって、街にいる人は所謂NPCのように人格がなくて、自分の視界にいない時には動いてないし存在もしていないみたいな考えがあったんです。あの人たちは本当に生きているのか、意思を持っているのか、子供の時はわからなくて。哲学的な話になってきちゃうし、母も「生きているよ」としか答えてくれなかったんですが、みんな各々生活があって、人間だよっていう話をされても本質的な部分では理解できなかったんですよね。実際見てないところでどうかはわからないじゃないですか。
なので、「心とは」「人間とは」っていう話は、ちょっとユリウスの考えもわかる気がします。最終的にミハイルや他の人との交流を経て、ユリウスが「そういうことだったんだ」とわかってくるところは、ちょっと共感できるというか、昔の自分に重なるところがありました。
今は私もそんなこと思ってないですけど(笑)。

野上さん:
(笑)

ランズベリーさん:
子どもの時は自分の目に入っているものが全てじゃないですか。そういう意味では、そもそも、母も、自分が見ていないところでは生きてるかどうかわからないって思っていましたね。
8 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは