2021年春アニメの原作本ランキング発表!『ヒロアカ』『転スラ』を抑え、1位に輝いたのは…!?

掲載/更新 0
2021年春アニメの原作本ランキング発表!『ヒロアカ』『転スラ』を抑え、1位に輝いたのは…!?
「2021年春アニメ原作本ランキング(集計期間:2020年9月1日~2021年2月28日)」がハイブリッド型総合書店「honto」より発表されました。注目作が多い春アニメ、果たして1位に輝いたのは……?
ハイブリッド型総合書店「honto」より、hontoサービス実施店の丸善、ジュンク堂書店、文教堂などと、hontoサイトで購入された書籍や電子書籍の販売データをもとに集計した「2021年春アニメ原作本ランキング(集計期間:2020年9月1日~2021年2月28日)」が発表されました。


※2021年4月頃より放送予定の「春アニメ」の中から原作本のある作品を対象に集計。2021年3月25日時点で放送が決定している作品(2クール目以降の作品も含む)を対象にしています。

第5位

【第5位】『憂国のモリアーティ(13)』

<あらすじ>
時は19世紀末、大英帝国最盛期のロンドン──。
この国に根付く階級制度に辟易するモリアーティ伯爵家家長子・アルバート。名探偵シャーロック・ホームズの宿敵、モリアーティ教授の語られざる物語の幕が開く─!!

著者:コナン・ドイル(原案),竹内 良輔(構成),三好 輝(漫画)/出版社:集英社

第4位

【第4位】『極主夫道(6)』
<あらすじ>
元・最凶ヤクザが選んだのは、主夫としての道だった――。極道の世界からこつ然と姿を消した伝説の男がカタギの世界で家族を守り、忠誠と仁義を尽くす専業主夫の道を極めるアットホーム任侠コメディ!

著者:おおのこうすけ/出版社:新潮社

第3位

24 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません