黒羽麻璃央、染谷俊之、梅津瑞樹ら出演の監禁朗読劇『The Lost Sheep』360度VR生配信決定!

掲載/更新 0
黒羽麻璃央、染谷俊之、梅津瑞樹ら出演の監禁朗読劇『The Lost Sheep』360度VR生配信決定!
360度VR動画配信サービス「360Channel(サンロクマルチャンネル)」から新企画が発表されました。その名も“監禁朗読劇”!? 黒羽麻璃央さんをはじめとした2.5次元舞台、特撮などでも活躍する若手俳優陣が出演します。
IMAGE

”監禁”から始まるサスペンス朗読劇!豪華キャスト陣が出演

360度VR動画配信サービス「360Channel(サンロクマルチャンネル)」にて新企画の朗読劇、LOCK UP READING THEATER『The Lost Sheep』が2021年1月30日(土)・31日(日)のそれぞれ16時・20時よりVR生配信されることが決定!
LOCK UP READING THEATER『The Lost Sheep』は、4人の登場人物が、とある廃屋に監禁されるところから始まるサスペンスで、日替わりで豪華キャストが出演します。

1月30日(土)は、梅津瑞樹さん・砂川脩弥さん・中村太郎さん・廣野凌大さん、1月31日(日)は、黒羽麻璃央さん・染谷俊之さん・田村升吾さん・三浦涼介さん(いずれも五十音順)が出演。それぞれのキャストがどの役を演じるかは、公演時までシークレット!? なのだそうです。

さらに、16時公演と20時公演で、エンディングを含む、ストーリーの一部が異なり、両公演を見ることで、初めて事件の真相へとたどり着くことができる仕掛けとなっています。回変わりのアドリブパートや、本編終了後のアフタートークもあり、全4回の配信すべてが1回限りの生配信です。特典付チケットには、台本やブロマイドの他、2公演が見られる1日通しセットには、シークレット特典も!

演出は、近年2.5次元舞台なども手掛ける、劇団鹿殺しの丸尾丸一郎さんが担当。涼風弦音による脚本を元に、朗読劇でありながらも、ハウススタジオを舞台にして360度VR撮影という新たな試みの作品となっています。
またこの朗読劇は、文化庁『文化芸術収益力強化事業』に採択されています。新しい360度映像での体験をお楽しみください。

チケットは、1月21日(木)20時半より事前販売中で、価格は4000円(税抜)~となっています。
視聴には特別な機器は必要なく、アプリをダウンロードしなくてもスマホやPCのブラウザでも気軽に楽しむことが出来ますが、VRゴーグルを使用すると、より没入感のある視聴体験が可能になります。

また、生配信時は、360Channelで新たに実装されたTwitter連動コメント機能を使用。Twitterで「#監禁VR」をつけてTweetすると、視聴画面でコメントが表示されますので、家にいながらも多くの人たちと一緒に楽しむことができます。
※Twitter連動コメント機能は、スマートフォン、PCのブラウザからのみ利用が可能です。


視聴者のあなたも、カメラを通して、4人の登場人物とともに、事件の真相を見届けてください!
14 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません