斉藤壮馬、木村昴らのオーディション秘話も!オリジナルアニメ『RE-MAIN』キャスト7名のコメント公開

掲載/更新 0
斉藤壮馬、木村昴らのオーディション秘話も!オリジナルアニメ『RE-MAIN』キャスト7名のコメント公開
まもなく2021年7月3日より放送開始となるTVアニメ『RE-MAIN』より、キャスト7名のコメントが到着!『TIGER & BUNNY』の脚本を手がけた西田征史さんのオリジナル作品ということで、オーディションからかなりの気合が入っていたようで……?
IMAGE
2021年7月3日より放送開始となるオリジナルTVアニメ『RE-MAIN』より、メインキャスト7名のコメントが到着しました!

オリジナルTVアニメ『RE-MAIN』は、アニメ『TIGER & BUNNY』などの脚本を手がけた西田征史さんが、原作・総監督・シリーズ構成・全話脚本・音響監督を務め、『呪術廻戦』などの話題作を生み出し続けるアニメーション制作会社MAPPAとタッグを組み、誰も見たことのない本格水球TVアニメに挑みます。

【STORY】
中学3年の冬、水球の全国大会で優勝した清水みなとはその帰宅途中、交通事故に遭い昏睡状態となってしまう。203日後、ようやく目覚めたものの、彼は中学3年間の記憶を失っていた。
水球から離れ、気持ちも新たに山南高校へ入学したみなとだったが、ひとつの約束をキッカケにそこで出会った仲間たちと水球を始めることになる。しかし、弱小水球部には様々な困難が待ち受けていて……。

上村祐翔さん/清水みなと 役

――ご自身が演じられるキャラクターに決まった時のお気持ち、キャラクター又は作品に対する印象をお教えください。

オーディションの時に細かくディレクションをしていただいたので「みなとを演じられたらいいな」という気持ちが強かったです。だから、みなと役に決まった時は驚きと共にとても嬉しかったです!
みなとはとても明るく優しい少年だと思います。皆に愛されるような主人公になればいいなと思いながら演じております。詳しい役づくりについては……まだ言えないので、ぜひ本編を楽しんで見ていただきたいです!


――作品について楽しみにしていること、作品をご覧いただく皆様へメッセージをお願いいたします。

いい作品にしようという思いがキャスト、スタッフから溢れている現場なので、僕自身早く完成版を見たいなという思いでいっぱいです。
「知らない自分に、僕らは出会う」とあるように、みなとを中心に登場人物が水球を通していろんなことを知っていく物語になっております。男子高校生たちの瑞々しく躍動する姿を楽しんでいただきたいです。放送まで、どうぞお楽しみに!


西山宏太朗さん/岡栄太郎 役

――ご自身が演じられるキャラクターに決まった時のお気持ち、キャラクター又は作品に対する印象をお教えください。

オーディション資料を見た時から、岡栄太郎を演りたい!と強く思っていたので合格の知らせを聞いた時はとても嬉しかったです!
栄太郎はかわいらしいなというのが第一印象でしたが、それだけではありません。水球という超絶的にハードなスポーツを愛する姿にも注目です。栄太郎以外にも魅力的なキャラクターたちが登場し、色んな面を見せてくれますのでお楽しみに!


――作品について楽しみにしていること、作品をご覧いただく皆様へメッセージをお願いいたします。

みなとの記憶喪失というシリアスな軸に、隙あらば入るコミカルなシーンが絶妙で毎話台本を読むのが楽しみです!アフレコで笑いを堪えることも多々あります(笑)。
まだまだ滅入る日々が続きますが、この作品が生きる活力になってくれることは間違いありません。絶対に見てくださいね!

木村昴さん/城島譲 役

――ご自身が演じられるキャラクターに決まった時のお気持ち、キャラクター又は作品に対する印象をお教えください。

実は二役オーディションを受けさせていただいたのですが、そのひと役目がこの城島譲だったんです。セリフを言い終えるやいなや西田(征史)さんが「いいね!ぴったりだよ!」と言ってくださり、「まじすか!?ありがとうございます!」と数言話した後「じゃあよろしく!」と言っていただいたんです。こんなことあります!?
続けて西田さんは「どうする?もうひと役、やっとく?」と。もちろんせっかく練習したので「やらせてください!」と言って、ひと言台本のセリフを口にした途端西田さんが「ぜんぜん違うね」と言って爆笑していました。結果、いま城島をやらせていただいています(笑)。こんなに手応えを感じたオーディションも、キャラクターも滅多にあることではないので、とても嬉しかったことを覚えています。


――作品について楽しみにしていること、作品をご覧いただく皆様へメッセージをお願いいたします。

水球って、ぼく全く知識がなかったのですが、今回このアニメーションに携わらせていただけたことで、その奥深さや、熱さを知ることができたんです。そこはご覧くださる皆さんにも体感していただきたところかなと。めちゃくちゃ気合入ってるので、ぜひ観てください!!!

斉藤壮馬さん/網浜秀吾 役

――ご自身が演じられるキャラクターに決まった時のお気持ち、キャラクター又は作品に対する印象をお教えください。

オーディション資料を見た段階で、どのキャラクターもなかなかに癖があって、非常に面白そうな作品だなと感じていました。ぼくは栄太郎、網浜、ババヤロを受けさせていただいたのですが、結果的に一番個性的だと思っていた網浜役で合格できてとても嬉しかったです。網浜はもともとは非常に才能のある水泳選手だったのですが、そんな彼がなぜ水球に目覚めたのか、オンエアを楽しみにしていただきたいです。彼は登場人物たちの中でもとりわけユニークな人なので、早く皆さんに観ていただきたいですね。


――作品について楽しみにしていること、作品をご覧いただく皆様へメッセージをお願いいたします。

アニメーションで難しいとされる「水」を描こうという西田総監督の心意気に、非常にぐっときました。まだアフレコも半ばですが、現場の雰囲気もものすごくよくて、もっとこの時間が続けばいいのに、と思ってしまいます。掛け合いもいい意味でナチュラルかつくすりとくる会話劇になっていますし、なにより水球のシーンがどんなふうに描かれるのか、ぼく自身も完成を楽しみにしています。
彼らの水球にかける青春を、ぜひご覧くださいませ!よろしくお願いいたします!

19 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません