荒牧慶彦、役作りの流儀とは?雑誌「AERA」が『2.5次元の進化』を特集

荒牧慶彦、役作りの流儀とは?雑誌「AERA」が『2.5次元の進化』を特集
5月20日(月)発売の雑誌「AERA」2019年5月27日号で、『2.5次元の進化』が特集されています! 2.5次元の世界で活躍する荒牧慶彦さんのインタビューも掲載されています。荒牧さん流の役作りとは……?
IMAGE
「AERA」は5月20日(月)発売の2019年5月27日号で、『2.5次元の進化』を特集しました。

漫画やアニメ、ゲームといった2次元の世界に生きる「好きなキャラクター」が3次元の現実世界に現れる「2.5次元」は、魔法の世界。この世界で活躍する荒牧慶彦さんへのインタビューも掲載しています!

巻頭特集は「走るより1日8000歩」。表紙は、嵐のライブの演出も手がけるチームラボの猪子寿之さん。舞台『BACKBEAT』で創成期のビートルズを演じるA.B.C-Zの戸塚祥太さんにも取材しています。

「魔法」の世界、2.5次元を特集! 荒牧慶彦さんインタビューも

2次元の原作を3次元で表現するから2.5次元。

この言い得て妙な呼び方は、2003年に初演されたミュージカル『テニスの王子様』をきっかけに、ファンの間で自然発生的に生まれたということをご存じでしょうか? いまや市場規模は150億円以上ともいわれる人気コンテンツです。

日本2.5次元ミュージカル協会の代表理事で、テニミュやミュージカル『刀剣乱舞』のプロデューサーでもある松田誠さんは、2.5次元の魅力を「魔法」だと話します。

好きなキャラクターが目の前に表れて、時には舞台から降りて客席までやってくる。その風を感じた瞬間、魔法にかけられたような気持ちになるのではないか、と。

「好きな2.5次元俳優ランキング」(オリコンニュース調べ)で2位に輝いた荒牧慶彦さんは、「AERA」のインタビューで、役作りの一端を明かしています。

まず考えるのは、演じるキャラクターの歩幅やクセ、服装……。

食事中もキャラクターの衣装で過ごすなど、自分の中に落とし込んだ上で舞台に臨むのが荒牧さん流。

舞台を務めるたびに訪れる「作り上げてきてよかった」と思う瞬間についても、語っています。
7 件
aichu

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは