『ONE PIECE』マニアが選ぶ“もっとも完成された表紙”はこの巻!尾田氏の制作秘話も

掲載/更新 0
『ONE PIECE』マニアが選ぶ“もっとも完成された表紙”はこの巻!尾田氏の制作秘話も
ワンピース研究家として数々のメディアで活躍される神木健二さんとワンピースの大ファンである田中啓太さんの対談が公開されました! 神木さんが選ぶ、もっとも完成されている表紙や制作秘話も!
IMAGE
株式会社CyberOwlが運営する「movie scoop! by aukana」では、 ワンピース研究家の神木健児さん田中啓太(株式会社CyberOwl代表取締役社長)による対談企画「田中啓太×神木健児のワンピース対談~漫画編~」を公開! 

ワンピース研究家として数々のメディアで活躍される神木健児さん憧れの人としてルフィを挙げるほどのワンピースファンである田中啓太さんの対談をおこない、 神木さんにワンピース原作の魅力や豆知識を語っていただきました。

「ワンピースの表紙でもっとも完成されている巻」は?

それぞれにストーリーがあるワンピースの表紙の中でも、 神木さんが「特に完成度が高い」として選んだのが23巻「ビビの冒険」です。

ワンピースは“それぞれの正義を描く物語”だとし、 ビビの笑顔が見たいという動機だけで国を救ってしまう23巻はそれが色濃くあらわれていると解説してくれました。
また、 1巻の表紙をオマージュした61巻も印象的な表紙といえるそう。 1カ月間の休載を経て、 598話から連載が再開されたときのワクワクを感じさせるものだといいます。

ONE PIECE  61巻 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 61巻 (ジャンプコミックス)より

建物に隠された尾田氏のこだわり…!?

ワンピースに登場する建物は世界遺産がモチーフになっているものが多いという神木さん。 公式に発表されているわけではありませんが「マリージョア」はフランスのシャンポール城に、 ドラム島の「ビッグホーン」はイタリアのアルベロベッロにそっくりだといいます。

また「ウォーターセブン」は一部ベネチアをモデルにしていたり「アラバスタ」は中東をイメージしていたりするなど、 実在の文化や建物とリンクさせてワンピースの世界に広げていくところが尾田氏のすごいところであると語っています。

名エピソードは偶然生まれたものも多い!

13 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません