谷山紀章×小野友樹「恋愛に似ている」アニメ『pet』SPインタビュー公開!

掲載/更新 0
谷山紀章×小野友樹「恋愛に似ている」アニメ『pet』SPインタビュー公開!
放送スタートが迫るテレビアニメ『pet』から、司役の谷山紀章さんと、悟役の小野友樹さんのスペシャル対談が公開されました!
鬼才・三宅乱丈先生の代表作であるSFヒューマンドラマ「ペット リマスター・エディション」を原作としたテレビアニメ『pet』がいよいよ2020年1月6日(月)よりました。TOKYO MX ほかにて放送開始予定です。
その放送に先駆けて、司役 谷山紀章さん×悟役 小野友樹さんのスペシャル対談が公開されました。
お二人から作品に向けての熱い気持ちが伝わる内容となっています♪
司役 谷山紀章さん×悟役 小野友樹さんのスペシャル対談“前編”!
“後編”はコミック×アニメ特設サイトにて公開中!


【運命めいためぐり逢い】
一足先に舞台化され大好評を得た三宅乱丈原作の人気コミック『pet』が、ついに2020年1月よりアニメ放送スタート。本作では、人の記憶を操作することができる特殊能力者”pet(ペット)”たちが孤独と愛憎、そして運命に翻弄されていく物語を描きます。
アニメ制作も終盤戦に差し掛かった某日、司役・谷山紀章さんと、悟役・小野友樹さんの対談が実現しました。
役者としても縁のある、2人ならではの内容をお届けします。

≪何かがグワっと身体に入り込んでくるみたいな感覚≫
――原作の漫画『pet』との出会いについて教えてください。
小野さん「オーディションの機会をいただいた時に初めて原作を読ませて頂いて、三宅乱丈先生のタッチの独特さ、人物も風景も唯一無二のものを持っていらっしゃるところにまず惹かれました。絵から伝わってくる情報が想像以上で、何かがグワっと身体に入り込んでくるみたいな感覚があって。ご縁をいただけて嬉しいです」

谷山さん「僕はもう初連載作『ぶっせん』の時から連載を毎週楽しみにしていたくらい、もともと乱丈先生の作品を追っかけていました。ずっとギャグテイストのものを描かれていた中で、『pet』が初めてシリアスな作風で。私見ですが、ギャグが上手い人は絶対シリアスも上手い。『pet』はそんな期待を遥かに上回る作品で、リアルタイムで楽しみにしていました。先生の大ファンなので作品は全部好きですが、『pet』は特に好きですね」
――原作を読んだ時はどのキャラクターが気になりましたか?
小野さん「オーディションでは悟のシーンを中心に頂いていたので、悟をメインに読んでいましたが、原作を読む中で気になっていったのは司かな。最初は頭が良くて筋の通った信念があると思っていたら、意外と大きな間違いを犯していたり、もろさも持っていてすごく人間味がありますよね。そして桂木も気になるキャラクター、『そういうバックボーンがあったんだ!』と」
▲小野友樹さん演じる:悟

谷山さん「ヒロキと司が主役の物語ではあるけど、僕が読んでいる時は悟が気になりましたね。冒頭に出てくるシーンが子供時代の悟なので、最初、僕は悟が主役の物語かなと思っていたんです。
あと、いちファンとしては司が怖いと思っていましたね。すごく狂気をはらんでいて運命に翻弄されている人物で、逃げ場がなくなってどんどん追い込まれていくんだけど、どこかヒール的な悪役にもかかれていて。『ぶっせん』とかは、誰が主役でも見られる作品で、『pet』も誰目線でも見られる。今回役をいただいて司目線で改めて読んで、司って本当に不憫でかわいそうな運命を背負っている男だなーと。
そしてもう一人は桂木ですね。大森(貴弘)監督も桂木が好きとおっしゃっていましたが、『わかるよ監督、桂木は良いキャラだよね』って。最後まで読むと涙腺崩壊です」
39 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません