梅原裕一郎&小林千晃「内山昂輝はドジを受容してくれる」アニメ『クールドジ男子』放送開始記念生配信イベント、オフィシャルレポート到着!

掲載/更新 0
梅原裕一郎&小林千晃「内山昂輝はドジを受容してくれる」アニメ『クールドジ男子』放送開始記念生配信イベント、オフィシャルレポート到着!
9月11日(日)に開催されたTVアニメ『クールドジ男子』放送開始記念生配信イベントのオフィシャルレポートが到着しました!小林千晃さん(一倉颯役)、内山昂輝さん(二見瞬役)、梅原裕一郎さん(三間貴之役)、千葉翔也さん(四季蒼真役)の微笑ましい“クールドジ”エピソードが炸裂!?
2022年10月10 日(月)よりテレビ東京、AT-X、BS11にて放送開始予定のTVアニメ『クールドジ男子』より、9月11日(日)に開催された放送開始記念生配信イベントのオフィシャルレポートが到着しました!

Twitterのフォロワー24.6万人(2022年9月現在)の人気イラストレーター・那多ここね先生による作品『クールドジ男子』は「ガンガンpixiv」にて好評連載中。“ドジさえクールにキマる男子たち”の日常コメディで、TVアニメでは一倉颯役を小林千晃さん、二見瞬役を内山昂輝さん、三間貴之役を梅原裕一郎さん、四季蒼真役を千葉翔也さんが演じます。
第1話から第4話までの特別編集版を先行上映に加え、小林さん、内山さん、梅原さん、千葉さんによるドジエピソードの紹介など大盛況を博した配信イベント。それぞれが演じるキャラクターの“クールドジ”なポイントを紹介しつつ、自身のエピソードを語るコーナーでは、小林さんがコンビニで「ポイントカードはありますか?」と言われたのに別のカードを出してしまった話を披露。

「僕らのドジ分布図」のコーナーでは小林さんや梅原さんから「あらゆるドジがあっても受容してくれそうなのが内山さん」と内山さんの懐の深さが話題に。さらに「こんなドジ、『ある』?『ない』?」のコーナーでは、梅原さんの「台本の最後にある息だけのセリフを見逃していて……」など、声優ならではの「クールドジあるある」も飛び出しました。

イベントの最後には、第5のクールドジ男子“天才型自己完結タイプ”な五十嵐元晴を古川慎さんが演じることや、ED楽曲はキャスト陣が演じるキャラクターユニット「PICG(ピーアイシージー)」が担当することが発表され、大いに盛り上がりました。PICGは「クールドジ男子」の英語表記である「Play It Cool, Guys」の頭文字をとったユニット名になっており、千葉さんは楽曲『Flash!(ふらっしゅ)』について「作品のイメージソングみたいな仕上がり」と語りました。

放送開始まであと半月ほど、アーカイブ配信は9月19日(月)まで配信チケットが販売されておりますので、うっかり“クールドジ”で買い逃すことがないようお気を付けください……!


イベントレポート全文は、以下プレスリリースより。

2022年10月10日(月)よりテレビ東京、AT-X、BS11にて放送開始が決定した「ガンガンpixiv」にて好評連載中の那多ここね先生によるドジさえクールにキマる男子たちの日常コメディ『クールドジ男子』。

この度、9月11日(日)に開催された放送開始記念生配信イベントのオフィシャルレポートが到着しました。

第1話から第4話までの特別編集版を先行上映に加え、小林千晃さん(一倉 颯役)、内山昂輝さん(二見 瞬役)、梅原裕一郎さん(三間貴之役)、千葉翔也さん(四季蒼真役)によるドジエピソードの紹介など大盛況を博した配信イベントの内容をお届けします。

アーカイブ配信は9月19日(月)まで配信チケットが販売しておりますので、ぜひチェックしてみてください。

オフィシャルレポート到着!

2022年10月10日(月)よりテレビ東京ほかにて毎週月曜日の25時30分より放送されるTVアニメ『クールドジ男子』の魅力を伝える生配信イベントが、2022年9月11日(日)に開催されました。

『クールドジ男子』は那多ここね先生原作のマンガをアニメ化。「ドジさえクールにキマる男子たちの日常コメディ」として、カッコイイ男子たちのドジな日々を描いたもの。

今回のイベントは放送開始前に、どこよりも早く第1話から第4話までの特別編集版を先行上映。また、上映後には声優4名が揃って、作品やキャラクターを掘り下げるトークコーナーも催されました(※トークコーナーはアーカイブ配信もあり!)。

参加したのは、小林千晃さん(一倉 颯役)、内山昂輝さん(二見 瞬役)、梅原裕一郎(三間貴之役)さん、千葉翔也さん(四季蒼真役)さん。司会は鷲崎健さんが務めました。本記事では上映後のコーナーを中心にレポートします!

原作を活かした作画の良さも魅力

今回の配信イベントはmahocastで開催。配信のチャット欄には「かわいすぎる!」「ぴったりの役!」など、原作ファンを始めとして多くのコメントが溢れていました。作品の先行上映後は第1話から第4話に登場した声優たちが登場。

まずは鷲崎さんから上映の感想を尋ねられると、二見瞬を演じる内山さんは「原作を読んだときの雰囲気がそのまま!読んだ感触がまさにアニメになっていましたね」と、原作のタッチを活かした作画への感想を伝えます。

四季蒼真役の千葉翔也さんも「髪の色がリアルなのに、それがキャラクターの個性として目立っていて、ナチュラルな雰囲気になっていましたよね」と作品に流れる空気感についてコメントしていました。

キャラへの第一印象&自分にもあった「ドジエピソード」は?

早速、それぞれのキャラクターについて、プロフィール紹介を交えつつ、ファーストインプレッションなどが語られました。

一倉颯
「20歳の大学2年生。ドジを自覚している”羞恥心アリ反省タイプ”で、ドジをしても明るくごまかしたいと考えている。自分には個性がないと感じており、将来像はなかなか描けないのが最近の悩み。人付き合いは得意ではないが面倒見がいい。」

小林さん「表情など表に出るのはクールでも、モノローグでしっかり恥ずかしがるという感情とのメリハリがありますね。その分、モノローグでもいっぱい感情を出したいと思って演じました。表に出さないようにしながらも、感情が漏れているのが魅力かも」

メイン回である第1話からの印象的なエピソードを聞かれると、コンビニで商品と財布を出し間違えてしまうシーンを挙げた小林さん。「僕もポイントカードありますか、と聞かれて全然違うカードを出してしまったことがあって……」と答えると、鷲崎さんから「ちょうどいいエピソード!一人目のコメントとしては100点!」との声が。

二見瞬
「高校2年生、17歳。ハンドボール部に所属しており体力づくりはかかさない。
ドジを指摘されても『あえてだから』と認めない“強がりストイックタイプ”。見た目はクールだが素直な性格で、そのギャップで『かわいい』と言われることも多いが本人にとっては地雷」

内山さん「見ためもキャラデザインもスマートな印象で、クールに演じてみようと思っていたのですが、収録現場で『クールにやらないでください』とディレクションがあったんです。作中では、話数が進むつれてクールドジ男子たちの交流が始まるのですが、瞬は年齢的にも末っ子。ここから可愛さやヤンチャさが出て、馴染やすいキャラになっていきます」

メイン回の第2話で二見瞬が「電車のなかでイヤホンが抜けていた」シーンを見て、内山さんも「無線ワイヤレスイヤホンがどんどん使われるようになって、見かけるようになりましたよね」という「あるある」感を表すと、キャスト陣からも同意の頷きがありました。

三間貴之
「27歳の会社員。“無自覚無痛タイプ”でドジしても特に何も感じない様子。仕事には真面目で妥協しないが、ドジで会社を和ませることもしばしば。そのため社内隠れ癒し担当になっている。多忙な日々を過ごしているため自分にとっての『癒やし』を探し中」

梅原さん「社会のなかでの三間、会社のモノローグありの三間と、いろんな顔を意外と持っているキャラクター。話数が進むごとに年上の顔をするシーンも。会社でプレゼンしているときはトーン高くしたり、モノローグは低くしてみたりなど、一定のテンションでありながらも、いろんな顔を表現しています」
梅原さんもアフレコ現場での「ドジエピソード」があったそうで、現場のスタジオにある引き戸を引く方向を間違えたまま、なかなか開かないと力を込めて、扉を外しかけてしまったといいます。それを先輩声優に見られ「おっ、クールドジ」と指摘された、と話すと、他のキャストからは慰めの言葉も。

四季蒼真
「童顔で高校生に間違われがちだが、19歳の専門学生。“受け入れ前向きタイプ”で、笑いのツボが浅く、自分のドジも自分で笑ってしまう。デザインを学んでおり、将来のやりたいことはたくさんあるものの、自分には武器がないと悩み、なかなか行動に移せないでいる」

千葉さん「パッと見のクールさは少なめなキャラクターで、若者感があって、テンションも落ち込まず明るいタイプ。人懐っこいところがありますよね。蒼真の良さは自覚しているものより、他のクールドジ男子たちから見てわかるところがあって、そこが彼らにはクールに映っているんだと思います」

第4話で四季蒼真が「左右で異なる靴下を履いてしまう」というシーンに、千葉さんは「それを周囲からおしゃれと言われるのは蒼真のポテンシャルがあって、僕からしたらすごいなって。もし、僕が指摘されたらコンビニで靴下を履き直してしまいそう(笑)」と話しました。

劇場版で“クールドジ男子インド編”が公開!?

ここからは、それぞれのキャラクターを深堀りしていくコーナーが展開。最初は「他ドジ紹介!」として、愛嬌ある『クールドジ男子』のキャラクターを、演じているキャスト以外から一言で紹介していきました。たとえば、小林さん演じる一倉颯の印象なら、内山さん、梅原さん、千葉さんが「一言」をフリップに書いて発表します。

一倉颯に内山さんは「飲食?」と疑問符。作中で飲食店のアルバイトを続ける彼に、「飲食系が向いてなさそうなのに、なんで飲食業をまた選んでしまうんだろう。でも、そうやって選んでしまうのが彼らしさかも?」と話すと、配信チャット欄にもコメントで「確かに!」という書き込みがありました。

梅原さんは一倉颯に「自分探し中」とコメント。「各々のキャラがそうだけれど、特に自分探し中に思えています。そのうちインドなどに行ってしまうのでは……」と話すと、小林さんは「劇場版で“クールドジ男子インド編”でいつか!(笑)」と期待を寄せました。

その他、二見瞬に小林さんが「犬派」とコメントすると共に、演じる内山さんが「スタジオにいた飼い犬をあやすのが上手だった」とエピソードを披露。千葉さんから「逆に最も素直」と評され、我慢しても表情に滲み出てしまうところの可愛さを挙げていました。そこには内山さんとの共通点もあり「内山さんもクールだと思いきや、笑顔やちょっとした嬉しさなんかがわかりやすくて良い」と話すと、内山さんは「バレてるのかぁ……」とつぶやき。

それぞれにキャスト陣との共通項なども語られながら、さまざまな視点でキャラクターの印象が語られていきました。

自分は一体どんなタイプ?「ドジ分布図」で掘り下げる

続いてのコーナーは「僕らのドジ分布図」。登場するキャラクターはそれぞれ、一倉颯が「羞恥心あり反省タイプ」、二見瞬が「強がりストイックタイプ」など、キャッチコピーが付けられています。

そこで、クールドジな出来事に対して「受容⇔反省」と「認めない⇔恥ずかしい」という4象限からなる“ドジ分布図”をもとに、自身がどこに含まれるか、さらに他キャストがどこに属すると思うのかについて、分布図を見せながらトーク。

小林さんや梅原さんは「あらゆるドジがあっても受容してくれそうなのが内山さん」と、内山さんを「許容」に振り切った場所に置くなど、似たようなイメージを持っていると話しました。一方、内山さん本人は自分を「反省」のほうに置き、「自分は反省するタイプなんです。こうしたら避けられたはず、と思いながらもう一回ドジしてしまう……」と、自分と他人の評価にズレがあるところの面白さを感じさせました。

梅原さんは自らを「自分は『受容』が突き抜けているけれど、恥ずかしい。でも受け入れるというか諦めるに近い」など、各自のインプレッションを話し合いながら、自分たちの「ドジっぷり」を明らかにしていきました。

読み間違えに電車間違え……白熱する「あるあるドジ」

最後のコーナーは「こんなドジ、『ある』?『ない』?」として、視聴者から実際にあったドジなエピソードを募集し、それに関して「あるある」か「ないない」かをキャストが判断していきました。

「定期テストで早めに終わったと思ったら裏面がありました…」などの投稿を紹介しつつ展開していきつつ、梅原さんの「台本の最後にある息だけのセリフを見逃していて…」など、アフレコ現場にまつわる「ドジあるある」も飛び出ると、それぞれの「声優あるある」や「日常あるある」なエピソードにも華が咲きました。

「ある単語を読み間違えて覚えている、摩天楼を『まんてろう』だと思っていた」という投稿には、キャスト陣は全員「あるある」で判定。そこから引き出された内山さんの「小学校高学年くらいまで、英語の“I don’t know”の“know”をクノウだと思っていた。読まない音という考えがなくて……」というエピソードから「あるある読み間違え」の話に発展。

小林さんも「人の名前で、ウメハラさんか、ウメバラさんか、みたいなときに、ちょうど間くらいに聞こえるように言ってみてしまう」と乗っかります。その後も電車や駅前の乗り間違えなど、ローカルな「あるある」も白熱し、時間はまたたく間に過ぎていきました。

新キャラやED曲も発表!

鷲崎さんからのパスやツッコミも交えながら盛り上がったトークコーナーを経て、ここからは初発表の内容を含む放送情報が紹介されました。

まずは「27歳の小説家で、“天才型自己完結タイプ”なクールドジ男子」である新キャラクターの「五十嵐元晴」を、声を演じる古川慎さんのビデオメッセージと共に披露。古川さんは「クールドジ男子たちを見ていると、クスッと笑えるのが癒やされるところ。元晴はコミュニケーション能力が高いほうで、4人のクールドジ男子とも絡んでいくので、非常に楽しいアフレコになりました。これからもぜひ楽しみにしてください」とコメント。

五十嵐元晴
「27歳の小説家。“天才型自己完結タイプ”なクールドジ男子。幼い頃の出来事が影響し、『人を知らないと人を書けない』を仕事の信条としている。そのためコミュ力が高く、誰とでも友達になれる」

本作のオープニング曲はまふまふさんが歌う『青春切符』であることと共に、エンディングテーマを今日のイベントに参加したキャスト陣が演じるキャラクターユニット「PICG(ピーアイシージー)」が担当することを発表。PICGは「クールドジ男子」の英語表記である「Play It Cool, Guys」の頭文字をとったユニット名になっています。

曲名は『Flash!(ふらっしゅ)』で、作詞・作曲・編曲をシンガーソングライターの佐伯ユウスケさんが担当しています。小林さんは「キャラソンだけれど、そうなりすぎていない、シティポップでカッコいい曲」と印象を話し、千葉さんも「作品のイメージソングみたいな仕上がり」と語りました。

このエンディングテーマはCD化もされ、11月30日(水)に発売が決定!CDには各キャラクターが歌うソロバージョンや、ショートバージョンも収録されます。特にソロバージョンはCD限定で、ファンには注目の内容になっています。

配信チャット欄の盛り上がりが止まらない中、生配信イベントも終幕へ。最後に、今日の感想を問われると、内山さんは「すんなり作品の世界に入っていける15分アニメ。サクッと見られて、でもすぐ次が見たくなる」と話し、小林さんは「原作要素がしっかり入りつつ、役者陣のアドリブも加わっていますから、マンガとの違いも楽しんでいただけるはずです」と勧めました。

最後は全員そろってお別れの挨拶。予定時間いっぱいのうち、終始、和気藹々と進行したこの日の生配信イベントは幕を閉じました。

(文・長谷川賢人)

TVアニメ「クールドジ男子」放送開始記念 生配信イベント

●出演者
小林千晃(一倉 颯 役)
内山昂輝(二見 瞬 役)
梅原裕一郎(三間貴之 役)
千葉翔也(四季蒼真 役)

●配信チケット価格
・颯チケット:颯ボイスコメント付き ¥3,980(税込)
・瞬チケット:瞬ボイスコメント付き ¥3,980(税込)
・貴之チケット:貴之ボイスコメント付き ¥3,980(税込)
・蒼真チケット:蒼真ボイスコメント付き ¥3,980(税込)
・豪華版チケット:颯/瞬/貴之/蒼真ボイスコメント付き ¥4,480(税込)
 ※豪華版チケットは全4種のボイスコメントが全てお楽しみ頂けます。
※ボイスコメントはアーカイブ期間中にご視聴頂けます。

●受付日時
・2022年8月7日(日)18:00 ~9月19日(月)21:00

●視聴期間
各公演開始 ~ 2022年9月19日(月)23:59
 ※アーカイブ配信は9月12日(月)18:00~を予定しております。
 ※アーカイブ配信についてはアニメ本編の配信はございません。
アニメ本編を除いたキャストトークパートのみとなりますので予めご了承ください。

●販売サイト
受付URL:e+(https://eplus.jp/cooldoji_st/
受付URL:ぴあ(https://w.pia.jp/t/cooldoji/
受付URL:ローソンチケット(https://l-tike.com/cooldoji-streaming
受付URL:マホキャスト(https://www.mahocast.com/at/live/1526/8782 ) 

●配信プラットフォーム
マホキャスト(https://www.mahocast.com/

◆主催:エイベックス・ピクチャーズ株式会社
◆チケットに関するお問い合わせ:
※ご購入予定の各プレイガイドに直接お問い合わせください。

【配信に関する注意事項】
※チケットのご購入前に、配信ライブ視聴に適したインターネット環境・推奨環境をお持ちかどうか必ずご確認ください。
※チケットご購入後のイベント延期・中止以外の理由に伴うキャンセル・変更・払い戻しはできません。
※インターネット回線やシステム上のトラブルにより、配信映像や音声の乱れ、イベントの一時中断・途中終了の可能性がございます。その場合もチケット代の払い戻しは致しかねますことを予めご了承ください。
※お客様のインターネット環境、視聴環境に伴う不具合に関しては、主催者は責任を負いかねます。
※チケットの譲渡、および転売は禁止とさせていただきます。
※本公演は有料での配信イベントです。一切の権利は主催者が有します。
カメラ・スマートフォンなどによる画面録画・撮影・録音は全て禁止いたします。
また、動画サイトなどへの無断転載・共有を行った場合、法的責任に問われる場合がございます。
※配信ライブ映像を商用利用することは禁止とさせていただきます。
これには、飲食店、広間等で聴衆から料金を受領して配信映像を流すことを含みます。
※大勢の方が集まっての視聴は、
新型コロナウイルス感染防止の観点からご遠慮くださいますようご協力をよろしくお願いいたします。
※本イベントは予告なく変更、中止になる可能性がございます。

作品概要

【放送情報】
2022年10月10 日(月)よりテレビ東京、AT-X、BS11にて放送開始
テレビ東京:10月10日より毎週月曜日 25:30~25:45
AT-X  :10月11日より毎週火曜日 23:00~23:15
【リピート放送】毎週木曜日 11:00~11:15/毎週月曜日 17:00~17:15
BS11  :10月13日より毎週木曜日 23:30~23:45

【イントロダクション】
一際目を引くクールでかっこいい男子たち。
どこか近寄りがたいけど…彼らは“全員ドジ”だった!

財布を忘れたり、電車でイヤホンを付けず音楽を流したり、コンタクトなのにメガネを上げる仕草をしたり、曲がるストローだと気付かず逆に刺して使ったり、傘と間違えて靴べらを持ち歩いたり――

そんなドジさえもクールにキメてしまう、それが「クールドジ男子」。

ドジもするけど等身大で頑張る彼らの日常譚を15分に集めて、2クールでお届けします!

見ればきっと、あなたも好きになる。笑って癒されるドジコメディ。

【スタッフ】
原作:那多ここね(掲載「ガンガンpixiv」スクウェア・エニックス刊)
監督:今 千秋
シリーズ構成:上江洲 誠
キャラクターデザイン・総作画監督:田口愛梨
キーアニメーター:永川 桃子
美術監督:一色 美緒(Studio Wyeth)
色彩設計:長島真弓
撮影監督:衛藤 直毅(EXPLOSION)
オフライン編集:山岸 歩奈実(REAL-T inc.)
オンライン編集:Good-Job TOKYO
音響監督:明田川 仁
音響制作:マジックカプセル
音楽:中山真斗
音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ
アニメーション制作:studioぴえろ
製作:クールドジ男子製作委員会

【キャスト】
一倉 颯:小林千晃
二見 瞬:内山昂輝
三間貴之:梅原裕一郎
四季蒼真:千葉翔也
五十嵐元晴:古川 慎



二見あさみ:佐藤聡美
四季爽太:興津和幸
黒崎:八代 拓
赤井:高梨謙吾
黄田:山下誠一郎
青山:天﨑滉平
桃崎もも:白石晴香
紅野 茜:大地 葉

【音楽】
オープニングテーマ:まふまふ「青春切符」
エンディングテーマ:PICG[一倉 颯・二見 瞬・三間貴之・四季蒼真
(CV:小林千晃・内山昂輝・梅原裕一郎・千葉翔也)]「Flash!」

【公式サイト】https://cooldoji-pr.com/
【公式Twitter】https://twitter.com/cooldoji_PR

©那多ここね/SQUARE ENIX・「クールドジ男子」製作委員会

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません