『スト6』最新アプデでJPが弱体化、リュウとジェイミーは強化。「バランスをならす」目的のアップデートでケンとルークは調整へ

カプコンは2月27日、『ストリートファイター6』のアップデートを開始し、アップデート内容を公式にアナウンスした。

アップデートではYear1追加キャラクター「エド」の配信が開始されたほか、トレーニングモードの不具合の修正、各キャラクター性能の調整が施されている。

バトルに関する調整に関しては、JP、ルーク、ケンなどのナーフ調整、リュウとジェイミーの強化などが注目を集めている。

このたびのバトルに関するアップデートは、バランスをならすことを目的として実施されている。公式の発表によると、一切変化の無いキャラクターや弱体化のみのキャラクターに関しては、今後実施される全体調整にて実施予定であると伝えられている。

まず、バトルの調整に関して注目したいのは、「JP」だ。

大きな変更点としては“しゃがみ強パンチ”における上半身の対空無敵が削除されたほか、「アムネジア」の補正の数値が全体的に追加されることでコンボダメージが減少した点。「JP」のプレイヤーにとっては大きな変化となるだろう。

和歌山のプロeスポーツチーム・和歌山インダミタブルパンダに所属し、JP使いとして名を馳せるジャッシー選手はアップデートの変更を検証したポストを投稿している。動画の内容を確認すれば、実際にコンボダメージが大きく減少したことが伺える。

また、世界大会「CAPCOM CUP X」が実施された中でXのトレンド入りを果たしたルークの“しゃがみ中パンチ”の空振り時の硬直が増加したこと、やられ判定が拡大された変更も注目だ。

弱体化にあたる調整としては、ケンの「掴み膝蹴り(前投げ)」を画面端で使用した際に距離が離れることで従来の“柔道”がし辛くなったことや、春麗の「空中百裂脚」に補正が追加されたこともユーザ間で話題を呼んでいる。

『スト6』最新アプデでJPが弱体化。リュウとジェイミーが強化へ_001
『スト6』最新アプデでJPが弱体化。リュウとジェイミーが強化へ_002

いっぽう、強化に関してはリュウとジェイミーの強化が注目を集めている。

リュウは波掌撃が全体的に強化された点が大きな変更点であり、弱版の波掌撃は「ガード時-3フレーム」となることで確定反撃がなくなった。

ジェイミーに関しては「前投げ」からキャラクター固有要素の「酔いレベル」を上昇させられる派生技が追加されたこと。使用後にすでに獲得していた「酔いレベル」をリセットする仕様だったSA2・絶唱魔身使用後も、仕様前の「酔いレベル」に戻す仕様になった点が大きい変更であるだろう。

各キャラクターの強化は「個性を十分に発揮できていなかったキャラクターの強化」であると紹介されており、ふたりが活躍する機会が増えることに期待できそうだ。

『スト6』最新アプデでJPが弱体化。リュウとジェイミーが強化へ_003
(画像はバトル変更リスト(2024.2.27)|運営情報|Buckler’s Boot Camp(バックラーズブートキャンプ)|STREET FIGHTER 6(ストリートファイター6)|CAPCOMより)

バトル以外の要素としてはバグの修正などが中心となっているが、モダンに関する検証で発生していた問題を解消するアップデートや、モダン操作においてコントローラー設定で「投げ専用ボタン」が設定できるアップデートなども施されている。

上述した以外にも複数のキャラクターがアップデートされているため、実際に対戦などを楽しんでいるプレイヤーは公式サイトにて詳細をチェックしよう。

バトル変更リスト(2024.2.27)はこちらストリートファイター6の公式Xアカウントはこちらストリートファイター6 広報部の公式XアカウントはこちらSTREET FIGHTER 6(ストリートファイター6)|CAPCOMはこちら

IMAGE

電ファミ編集部

「ゲームの面白い記事読んでみない?」 あなたの時間を奪う、読み応えたっぷりの記事をお届け! 電ファミニコゲーマーは、最先端のハイクオリティゲームメディアです。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

電ファミ新着記事

オタ腐★幾星霜