『マクロス』シリーズ全18タイトルが「Disney+ (ディズニープラス)」にて2024年に配信決定。『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』『マクロス7』『マクロスF』『マクロスΔ』など名作が集結

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」にて、アニメ『マクロス』シリーズ全18タイトルを2024年に配信すると発表した。

またあわせて3月23日(土)の「AnimeJapan 2024」でステージイベントも開催すると発表している。

『マクロス』シリーズは、1982年に放送された『超時空要塞マクロス』から始まった、「歌」、「可変戦闘機」、「三角関係」を主軸としたSFアニメシリーズ。ロボットアニメに新機軸をもちこんだ作品として知られている。

1994年と2017年には劇中歌を収録したアルバムが「日本ゴールドディスク大賞アニメ部門アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞、2020年にシングルがオリコン週間シングルランキング1位を獲得している。

今回は、ディズニープラスにて『マクロス』シリーズ全18タイトルが配信決定となり、「ディズニープラス」が全タイトルをまとまって見れる唯一の動画配信サービスとなる。さらに国内での視聴が中心となっていた本シリーズだったが、今回で世界配信される形となる。

本シリーズを手掛けているビックウエストの代表である大西加紋氏からもコメントが発表されており、以下のとおり。

ビックウエスト代表取締役 大西加紋氏コメント:

2021年に、マクロスを世界中に届けることが可能となりました。
そして今、ディズニープラスという素晴らしいパートナーとともに『超時空要塞マクロス Flash Back 2012』から最新作『劇場版マクロス Δ 絶対 LIVE!!!!!!』までのすべての作品を世界中の皆様にお届けできることを大変うれしく思います。
ディズニープラスは、すべての作品を一気に配信したいといってくれました。
それは私たちの夢でもありました。
「マクロス」シリーズは、1作品でも楽しめますが、それぞれの作品とのつながりを知ればもっと楽しめるシリーズです。
ディズニープラスが提供する「マクロス」世界を知る最大のチャンスを皆様でご堪能ください。

またこれに伴い、東京ビッグサイトにて開催されるイベント「AnimeJapan 2024」の3月23日(土)12時から12時40分のディズニープラスブースにて、『マクロス』シリーズステージイベントの開催が決定した。

ステージには福山芳樹さん、中島愛さん、鈴木みのりさんが登壇予定で、福山芳樹さんによる歌唱ステージも予定されている。なおブースステージを会場で観覧するには整理券が必要となり、当日会場での先着順の配布となる。詳細は後日、ディズニープラス公式Xアカウントにて告知するとのこと。このほかYouTubeニコニコ生放送にて配信も予定されている。

アニメ『マクロス』シリーズ全18タイトルは、2024年に配信予定だ。

「Disney+ (ディズニープラス)」公式サイトはこちら「Disney+ (ディズニープラス)」公式Xアカウントはこちら『マクロス』公式Xアカウントはこちら

マクロの空をつらぬき…今、伝説のパイロットと歌姫たちがディズニープラスに集結!世界に「デカルチャー」を巻き起こす!「マクロス」シリーズ全 18 タイトルがディズニープラスで 2024 年配信決定!全タイトルが観られるのはディズニープラスだけ!さらに、ファン待望のシリーズ世界配信が決定!

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」のコンテンツブランド「スター」にて「マクロス」シリーズを 2024 年に日本及び世界配信することを決定致しました。

『マクロス』シリーズ全18タイトルが「Disney+ (ディズニープラス)」にて2024年に配信決定_001
©’87 BIGWEST®’94 BIGWEST/MPP©’94 BIGWEST/M7P©’07 BIGWEST/MFP • M©’15 BIGWEST/MDP

「マクロス」シリーズは、1982 年に放送された『超時空要塞マクロス』から始まった「歌」「可変戦闘機”バルキリー”のメカアクション」「三角関係の恋愛ドラマ」を軸とし、これまでに全 18 タイトルが製作されているSFアニメの金字塔。何といっても、「マクロス」の魅力はロボットの戦闘だけでなく、歌姫たちによる楽曲の数々。1994 年と 2017 年に劇中歌を収録したアルバムが「日本ゴールドディスク大賞アニメ部門アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞、2020 年にシングルがオリコン週間シングルランキング1位も獲得など、楽曲はアニソンの枠をはるかに超え人気を博している。
そしてこの度、幅広い世代に絶大な支持を集める「マクロス」シリーズ全 18 タイトルがディズニープラスにて配信決定! 2024 年内にはシリーズ全てのタイトルが配信される予定となっており、ディズニープラスは全タイトルをまとまって見れる唯一の動画配信となる。さらに、これまで国内での視聴が中心となっていた本シリーズの世界配信*が決定した。40 年以上心待ちにした海外のファンと共に配信を楽しんでほしい。(*一部日本でのみ配信の作品がございます)

■シリーズを超えた描きおろし配信記念ビジュアル&ビックウエスト代表取締役 大西加紋氏よりコメントが到着

配信開始に先駆け、シリーズ屈指の人気作『マクロス F』のキャラクターデザイン・作画監督を務めた江端里沙による特別描きおろしビジュアルが解禁!全シリーズの配信決定を祝し、『マクロス』を代表する歌姫リン・ミンメイをはじめ、『マ
クロスΔ』よりフレイア・ヴィオンら『ワルキューレ』のメンバーが全員集結!さらに『マクロス 7』より熱気バサラ、ミレーヌ・ジーナス、『マクロス F』からランカ・リー、そしてシリーズ屈指の人気を誇る歌姫、シェリル・ノームら大人気キャラクターと、圧倒的なクオリティの手描きアニメーションでファンからの人気も根強い『マクロスプラス』より可変戦闘機(バルキリー)YF-19 が、シリーズと時代を超えて集結!『マクロス』ファン垂涎の一枚となっている。そして、ビックウエスト代表取締役 大西加紋氏よりコメントが到着!今回の世界配信に対する想いを語ってくれた。

ビックウエスト代表取締役 大西加紋氏コメント:
2021 年に、マクロスを世界中に届けることが可能となりました。
そして今、ディズニープラスという素晴らしいパートナーとともに『超時空要塞マクロス Flash Back 2012』から最新作『劇場版マクロス Δ 絶対 LIVE!!!!!!』までのすべての作品を世界中の皆様にお届けできることを大変うれしく思います。
ディズニープラスは、すべての作品を一気に配信したいといってくれました。
それは私たちの夢でもありました。
「マクロス」シリーズは、1 作品でも楽しめますが、それぞれの作品とのつながりを知ればもっと楽しめるシリーズです。
ディズニープラスが提供する「マクロス」世界を知る最大のチャンスを皆様でご堪能ください。

■「AnimeJapan 2024」ディズニープラスブースにてイベント実施が緊急決定!
福山芳樹、中島愛、鈴木みのりがシリーズを超えて集結!

さらに、2024 年 3 月 23 日(土)~24 日(日)に東京ビッグサイト(東京都・江東区)にて開催される世界最大級のアニメイベント「AnimeJapan 2024」のディズニープラスブースにて、3 月 23 日(土)に『マクロス』シリーズステージイベントの開催が緊急決定!ステージには福山芳樹(熱気バサラ:歌唱担当)、中島愛(ランカ・リー役)、鈴木みのり(フレイア・ヴィオン役)ら、『マクロス』シリーズを代表する豪華ゲストが登壇予定。さらに福山芳樹による歌唱ステージも!熱気バサラの“生歌”を聞ける貴重なステージイベントは、「マクロス」ファンにとってたまらない時間になること間違いなし!

【「AnimeJapan 2024 ディズニープラスブース」】
開催日時:3 月 23 日(土)、24 日(日)9:00~17:00 ※最終入場 16:30
会場:東京ビッグサイト(東京都江東区有明 3-10-1 東展示棟 東 1-8 ホール) ブース No.A03:東 3 ホール

【AnimeJapan 2024 ディズニープラス「マクロス」ブースイベント概要】
■日時:3 月 23 日(土)12:00-12:40
■ゲスト:福山 芳樹(『マクロス 7』熱気バサラ:歌担当)
中島 愛(『マクロス F』ランカ・リー役)
鈴木 みのり(『マクロスΔ』フレイア・ヴィオン役)
畠中 雄一(株式会社ビックウエスト プロデューサー)
<注意事項>
※ブースステージを会場でご観覧するには整理券が必要となります。
※整理券は当日会場にて先着順での配布となります。詳細は、後日ディズニープラス公式 X(@DisneyPlusJP)にてお知らせいたします。
※出演者は途中参加/途中退席/急遽変更の可能性がございます。予めご了承ください。

【ディズニープラス ブースイベント生配信 URL】
3 月 23 日(土)
YouTube:https://youtube.com/live/5pFSIvJY1Fo
ニコニコ生放送:https://live.nicovideo.jp/watch/lv344313631

<配信予定各作品概要>
『超時空要塞マクロス』(日本国内限定配信)
「歌」「メカ」「三角関係」を確立したシリーズの原点。巨大異星人ゼントラーディとの戦争となってしまった宇宙戦艦マクロス。民間パイロットであった一条輝はバルキリー部隊のパイロットとなる。中華料理店「娘娘」の看板娘「リン・ミンメ
イ」がアイドル歌手になり、戦場で歌う。(全 36 話)

『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』(日本国内限定配信)
『超時空要塞マクロス』を新たな解釈で再構築した劇場版。今なお、歌い継がれる名曲「愛・おぼえていますか」のリン・ミンメイの歌とともに繰り広げられるメカアクションはマクロス屈指の名シーン。(全 1 話)

『超時空要塞マクロス Flash Back2012』
リン・ミンメイの楽曲にあわせて TV 版、劇場版の名シーンを河森正治監督自ら再編集したものに、新作シーンも加え、イメージ&ミュージックビデオとして仕上げた。『超時空要塞マクロス』のその後のストーリーも描かれる。(全 1 話)

『超時空要塞マクロス II -LOVERS AGAIN-』
『超時空要塞マクロス』から 80 年後を描いた作品。主人公は TV レポーターでバルキリーに搭乗せず、戦闘のために敵であ
る異星軍の歌巫女が戦場で歌うという意欲作。(全 6 話)

『マクロスプラス』
シリーズ初参加した菅野よう子の楽曲で彩られる手描きアニメ最高峰の可変戦闘機バルキリーのメカアクションが圧巻。バーチャルアイドルの先駆けとなるシャロン・アップルが登場。(全 4 話)

『マクロスプラス MOVIE EDITION』
『マクロスプラス』全 4 話を再編集するとともに新規映像を加え、ラストシーンの異なる劇場版。主人公イサムとかつての親友でライバルのガルドとの友情と確執がよりドラマチックに描かれる。(全 1 話)

『マクロス 7』
「俺の歌を聞け!」ロックバンド「ファイアーボンバー」熱気バサラは”戦わない主人公”。主人公の熱気バサラは、声バサラ:神奈延年、歌バサラ:福山芳樹の体制で、後の『マクロス F』シェリル・ノーム、『マクロス Δ』美雲・ギンヌメールの
先駆け。劇中に BGM はなく、全て歌で構成されているところも見どころの一つ。また劇中歌を収録したアルバム「LET’SFIRE」は、『マクロス』シリーズ史上初めて、1994 年の日本ゴールドディスク大賞アニメ部門アルバム・オブ・ザ・イヤー
を受賞した。(全 49 話+TV 未放映話 3 話)

『劇場版マクロス 7 銀河がオレを呼んでいる!』
『マクロス 7』のスペシャルエピソードが描かれた劇場版。主人公 熱気バサラが、雪山でヒロイン ミレーヌ・F・ジーナス
の姉と歌い合う。(全 1 話)

『マクロス ダイナマイト 7』
『マクロス 7』から 1 年後を描いた作品。様々な相手と歌ってきた主人公 熱気バサラが銀河クジラと歌うラストシーンの「Angel Voice」は必見。(全 4 話)

『マクロスゼロ』
『超時空要塞マクロス』の前日譚を描いた作品。シリーズ初のフル CG メカで描かれるアクションシーンが必見。(全 5 話)

『マクロス F』
シリーズ初、2 人の歌姫、シェリル・ノームとランカ・リーによる「ライオン」はシリーズ屈指の名曲の一つ。『マクロスプラス』以来、再び参加した菅野よう子による「射手座☆午後九時 Don’t be late」、「星間飛行」など代表曲多数。(全 25 話)

『劇場版マクロス F〜イツワリノウタヒメ〜』
『マクロス F』を新たに再構築した劇場版 2 部作の前編。冒頭の銀河の妖精シェリル・ノームによる「ユニバーサルバニー」のライブシーンは CG で描かれており必見。(全 1 話)

『劇場版マクロス F〜サヨナラノツバサ〜』
『マクロス F』を新たに再構築した劇場版 2 部作の後編。「放課後オーバーフロウ」から「サヨナラノツバサ~the end of triangle」までの決戦シーンのライブシーンとメカアクションの融合は、マクロスの真骨頂。(全 1 話)

『劇場短編マクロス F 〜時の迷宮〜』
『劇場版マクロス F~サヨナラノツバサ~』(2011 年)以来、待望の完全新作短編ストーリー。ランカは巨大遺跡の中で、行方不明のアルト、眠ったままのシェリルへの想いを馳せる。菅野よう子プロデュースによる最新曲「時の迷宮」がふたた
びフロンティアの世界へといざなう。(全 1 話)

『マクロス FB7 オレノウタヲキケ!』
『マクロス』30 周年記念作品。節目にふさわしく『マクロス 7』と『マクロス F』2 大タイトルが融合。『マクロス 7』パートを再編集し、『マクロス F』パートを完全新作。『マクロス F』のキャラクターたちにより、『マクロス 7』を紹介していく、
まったく新しいエンターテインメント作品。(全 1 話)

『マクロスΔ』
シリーズ初の 5 人組の戦術音楽ユニット”ワルキューレ”によるコーラスワークで紡がれる楽曲とバルキリー対バルキリーのアクションシーンの融合が新機軸。前期オープニングテーマ「一度だけの恋なら」のミュージックビデオ再生回数は 2,000
万回を突破。1st アルバム「Walküre Attack!」は 2017 年の日本ゴールドディスク大賞“アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤー”受賞。(全 26 話)

『劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ』
新たなシーンを加え、TV 版のストーリーを再構築した劇場版。挿入歌「チェンジ!!!!!」はフル 3DCG でライブシーンが製作された。『劇場版マクロス Δ 絶対 LIVE!!!!!!』の前編にあたる。(全 1 話)

『劇場版マクロスΔ 絶対 LIVE!!!!!!』
2022 年、40 周年を迎えた『マクロス』シリーズ劇場最新作。「ワルキューレはあきらめない」「ルンに花咲く恋もある」など”ワルキューレ”の最新楽曲がちりばめられたライブシーンは圧巻。新型バルキリー同士によるドッグファイトはさらにスケールアップ。シリーズの系譜をつなぐ伝説的キャラクターも登場し、歌と戦いの一大叙事詩は、ここに新たな物語を紡ぐ。劇中歌「未来はオンナのためにある」「ルンに花咲く恋もある」を収録したシングルは、『マクロス』史上初、オリコン週間シングルランキング1位を獲得。2023 年には「ワルキューレ FINAL LIVE TOUR 2023 ~Last Mission~」を行い、約74,000 人の観客を魅了した。(全 1 話)

■ディズニープラスとは:

ディズニープラスは、 ディズニー、 ピクサー、 マーベル、 スター・ウォーズ、 ナショナル ジオグラフィック、そしてゼネラルエンターテイメント・コンテンツ・ブランド、スターなどの映画や作品をお届けする動画配信サービスです。ウォルト・ディズニー・カンパニーが直接消費者にお届けする旗艦動画配信サービスとして、長編映画やドキュメンタリー、実写およびアニメーションのシリーズや短編など、数々の独占オリジナル作品のコレクションを配信しています。ディズニーの長い歴史の中で誕生した素晴らしい映画作品やテレビ作品に、かつてない規模でアクセスが可能できるのに加え、ウォルト・ディズニー・スタジオの最新作が見放題独占、さらには、日本や韓国などが生み出すローカルコンテンツもお楽しみいただけます。

© 2024 Disney and its related entities

公式サイト:https://www.disneyplus.com/ja-jp
公式 X(旧 Twitter):@DisneyPlusJP
公式 Instagram:@disneyplusjp
公式 facebook:@DisneyPlusJP
公式 TikTok:@disneyplusjp

IMAGE

電ファミ編集部

「ゲームの面白い記事読んでみない?」 あなたの時間を奪う、読み応えたっぷりの記事をお届け! 電ファミニコゲーマーは、最先端のハイクオリティゲームメディアです。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

電ファミ新着記事

オタ腐★幾星霜