零の鼻歌は「ツキプロ」にちなんだ楽曲!? infinit0(田所陽向&千葉瑞己)オフィシャルインタビュー到着!

掲載/更新 0
零の鼻歌は「ツキプロ」にちなんだ楽曲!? infinit0(田所陽向&千葉瑞己)オフィシャルインタビュー到着!
ツキプロ所属の数寄川零(CV:田所陽向さん)と御風呂庵(CV:千葉瑞己さん)による2人組ユニット「infinit0(インフィニートゼロ)」。今回は2020年1月31日に発売予定のドラマCD、infinit0 Drama vol.1「とある夏の日」収録後に行われたオフィシャルインタビューの内容をご紹介します。
現在は無期限活動休止中のツキプロの元国民的ユニット。そのメンバー2人・数寄川零(CV:田所陽向)御風呂庵(CV:千葉瑞己)が、新たな可能性を求め、新ユニットを結成! その名も「infinit0(インフィニートゼロ)」! 名前に「0(ゼロ)」を持つ2人が目指すものは、「0=制約なく=無限大(infinito)に自由に」。

ツキプロというフィールドの上で、自由に伸び伸びと、ファンの皆さんと楽しい時間を過ごせたら……。そんな思いを持つ2人がフィールドをYoutubeにも広げ、オリジナルドラマを配信中です。

今回は、オリジナルドラマのCD化を記念して「とある夏の日」の収録後にオフィシャルインタビューを実施。
ドラマの冒頭に登場する零の鼻歌の秘密から、今回のドラマの注目ポイントなどを、数寄川零役 田所陽向さん、御風呂庵役 千葉瑞己さんにお伺いしました。

千葉瑞己「鼻歌用の音源ですってデータを貰って……」

<infinit0配信ドラマ「とある夏の日」収録後インタビュー/数寄川零役 田所陽向さん・御風呂庵役 千葉瑞己さん>

――まずは演じたシナリオのご感想をお願いいたします。

千葉:これまでの「infinit0ラジオ」では、インフィニのお仕事の面を見せるのが主で、CDのドラマパートは、2人がそれぞれに仕事仲間たちと会話することが多かったので、2人のプライベートにスポットを当てた今回の話は新鮮でした。

田所:ね、零はクラシックな鼻歌から始まり。

千葉:優雅だったねぇ。

田所:優雅でしたかねぇ。

千葉:優雅でしたよ……。

田所:よかった。零の鼻歌は、ツキプロにかけてドヴォルザークのオペラ『ルサルカ』から「月に寄せる歌」というのを選曲してくださったようです。

千葉:台本と一緒に、鼻歌用の音源ですってデータを貰って。今回は台本を読む前に、音源を聞いたんですよ。ラジオでは呂庵はよく鼻歌シーンがあったんですけど……「ドラマなのに鼻歌って何歌うんだろう」って思ったらクラシックだったので面食らいました(笑)。

田所:僕も、最初「んん? 間違ってない?」って思った。新曲かと思った。

千葉:ね(笑)。

一同:(笑)。

田所:びっくりしつつ、僕はクラシックな鼻歌から始まり、呂庵のお世話をし、ライブでいろいろあり。ドラマを通して、やっぱりインフィニの2人は、長年、芸能界でやってきたベテランなんだと感じました。今回のドラマは、丸々一日、infinit0の2人に密着するような形で描かれているんですけど、今までのインフィニの活動はツキプロの所属タレントの紹介が主だったので、インフィニの2人の「今」に関して描写があるのが、すごく新鮮で楽しかったです。

田所陽向「そういうところが、やっぱりずるいんですよね、呂庵は」

――今回のドラマの注目ポイントを教えてください。

千葉:僕は、零の女房力の高さですかね。

田所:あはは(笑)。

千葉:これまでもインフィニラジオで呂庵が零にお世話になっていることが多いっていうトークはあったんですけど、まさかここまで……ね。台本を読み、今日実際に収録をしてみて、僕が言うのもなんですが、零って呂庵のこと大好きなんだなって(笑)。

田所:(笑)。

千葉:もちろん、長年2人で過ごしてきて信頼関係があって、お互いに良いところも悪いところも分かってて、持ちつ持たれつで……ってこともあるとは思うんですけど……。零がいない時どうしてたんだろ呂庵は(笑)。

田所:あはは(笑)。

千葉:心配になりました、呂庵くんのことが(笑)。

田所:そのやり取りは是非聞いてほしいですね。

千葉:詳しくはネタバレになってしまうので言えないんですけど、あれが……二人の距離感なんだろうなって思います。

田所:友達ではあるんだろうけど、零があそこまで言っても嫌味にならないっていうのは愛がある故なんだろうな。呂庵の、ステージ上での振る舞いとか、そういう肝の座った、頼りがいのあるところも描かれているので聞いてほしいです。

千葉:そうだね。

田所:そういうところが、やっぱりずるいんですよね、呂庵は。

一同:(笑)。
――お話の中でお酒を飲むシーンがありましたが、お互い自分が演じているキャラクターとお酒を飲むならどんなところに行きたいですか?

田所:零はきっとおしゃれなバーとかカフェは知ってそうだとは思うんですけど、そういう面はもう知っているので……。逆に、賑わっているお祭りとかに行って、歩きながら飲むとか、新鮮でいいかもしれませんね。そういうところではどんな一面を見せてくれるのかなって。

千葉:いいですね、お酒片手にお祭り……大人だ。

田所:意外と無邪気な面が見れるかもしれない。

千葉:僕はお酒飲むのが好きなので、呂庵とは三軒ぐらいはしごしたいです。呂庵は色んな人と色んなお店に行ってると思うので、そこに行きたい。例えば、一軒目は賑やかな居酒屋さんに行って、そこでわーって飲んで楽しい気持ちになって。で、二軒目は少し落ち着いたところに行って、しっとり飲んで。で、最後〆にもう一軒。多分行った先々で、呂庵くんの色んな話を聞けたりもするでしょうし……そのお店によって、違う顔を見せていそう! なんなら、デビューのきっかけになったあのバーで、ジントニック、飲みたいと思います。
――では最後に、このドラマを楽しみにしてくださっているファンの皆様に一言お願いします。

千葉:僕たち自身も、インフィニラジオが一旦一区切りになって、今後どういう風になるかが楽しみでもあり、若干不安というか……ドキドキしていたところもありました。今回このドラマを2人でやってみて、infinit0の2人のことを、より知ってもらえるようなものになったと思います。もちろん「infinit0ラジオ」という形式ではないですが、やっぱりラジオで築いてきたものが活きているなぁって思いましたし、インフィニラジオがあったからこそ、仕事モードと素の時……寮で2人で過ごしてる時間がより楽しめるんじゃないかと思っています。僕達もまだまだ頑張りますので、これからもよろしくお願いします。


田所:今までのinfinit0ラジオは、仕事っていう体があっての2人でしたが、今回からドラマ仕立てになり、きっとこれからどんどん2人の私生活だったり、人となりみたいなものが見れると思うので、そこでまたインフィニのことを好きになってもらえたらなぁと……というか、多分好きになれると思います、これは! そういったところを楽しみにしていただきつつ、今後も2人を応援していただければ嬉しいです。よろしくお願いします。

ドラマCD 商品概要

19 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません