主演男優賞は内田雄馬!第13回『声優アワード』発表 神谷浩史、古谷徹の受賞も

掲載/更新 0
主演男優賞は内田雄馬!第13回『声優アワード』発表 神谷浩史、古谷徹の受賞も
第13回『声優アワード』が発表されました。主演男優賞を獲得したのは内田雄馬さん。ほかにも、話題の作品で活躍した古谷徹さんや神谷浩史さんなどの名前がズラリと並びました!

第13回『声優アワード』受賞者発表!

2019年3月9日、第13回『声優アワード』が開催され、各賞の受賞者が発表されました。

SNSにはファンからの祝福はもちろん、声優のオフィシャルアカウントなどでも、喜びの声を見ることができます。

各賞受賞者の中から、特にnuman編集部が注目する受賞者を受賞コメントの一部とともにご紹介いたします!

主演男優賞 内田雄馬さん

見事、主演男優賞を獲得したのは内田雄馬さん!

『BANANA FISH』のアッシュ・リンクス役、『ぐらんぶる』の北原伊織役などの活躍が評価されての受賞となりました。2年前に行われた第11回『声優アワード』で、新人男優賞を受賞しています。

受賞あいさつでは「1つの作品には、本当に多くの方がかかわっている。その中で声優にできるのは“演じる”ということ。作品に込められた“思い”を、“芝居”に変えて、世界中の人に届けられるようにがんばっていきたい」と語りました。

MVS 神谷浩史さん

今回から新設されたMVS=「日本で最も活躍した声優」は、『声優アワード』公式サイトやツイッターでの一般投票により神谷浩史さんの受賞が決まりました

自身も代表作とみとめる『夏目友人帳』シリーズの主人公・夏目貴志役や、『進撃の巨人』リヴァイ役、『斉木楠雄のΨ難』の斉木楠雄役など、さまざまな役柄を演じる神谷浩史さん。

2019年1月に放送されたNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』で明らかになった神谷さんの仕事に対する真摯な姿勢は、声優ファンにとどまらず、大きな反響を呼びました。

受賞のあいさつでは「僕は日本の声優です。世界の中では1%に満たない言語ですが、日本が世界に誇るアニメ・ゲーム・漫画などのコンテンツを、日本語に向き合い、この声を使って世界にお届けできたら」とコメントしました。

助演男優賞 古谷徹さん / 三宅健さん

助演男優賞は、古谷徹さん、三宅健さんがそれぞれ受賞。

古谷徹さんは、劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』の安室透役で多くの“安室の女”を生み出した演技が記憶に新しいところですよね。

『ガンダム』のアムロ・レイ役や、『ドラゴンボール』シリーズのヤムチャ役としてもよく知られる古谷さんですが、実は『声優アワード』での個人賞の受賞は、53年のキャリアではじめてだったのだそう!

「次回は主演男優賞を狙って(笑)」と冗談も交えつつ、感謝の言葉とともに「これからも日々研鑽してまいりたい」と締めくくりました。

また、『僕のヒーローアカデミア』オールマイト役、『イナズマイレブン アレスの天秤』岩戸高志役などをつとめた三宅健さん。

助演男優賞という言葉から「たくさんの人に助けられて(声優として)演じられているという証」と、感無量の表情で語りました。
17 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません