「きのう何食べた?」が4冠達成!『週刊ザテレビジョン』第101回ドラマアカデミー賞を発表

「きのう何食べた?」が4冠達成!『週刊ザテレビジョン』第101回ドラマアカデミー賞を発表
『週刊ザテレビジョン』8月30日発売号にて、第101回ドラマアカデミー賞の受賞結果が発表され、よしながふみさん原作、男性カップルの生活を描いたドラマ『きのう何食べた?』が最優秀作品賞、主演男優賞、脚本賞、監督賞の4冠に輝きました。
併せて読みたい
ドラマ『きのう何食べた?』西島秀俊&内野聖陽の胸キュンシーンを一挙ふりかえり!【1話~12話(最終回)まとめ】


『週刊ザテレビジョン』8月30日発売号では第101回ドラマアカデミー賞の受賞結果を発表! ドラマアカデミー賞は1994年に創設され、毎年4回、クールごとに開催。国内の地上波連続ドラマの中から、読者、審査員、TV記者の投票によって部門別のNO.1を決定しています。

第101回は、ドラマ24「きのう何食べた?」が最優秀作品賞、主演男優賞(内野聖陽さん)、脚本賞、監督賞の4冠に輝きました。また、「わたし、定時で帰ります。」吉高由里子さんが主演女優賞、「インハンド」から濱田岳さんが助演男優賞、菜々緒さんが助演女優賞を受賞しました。

誌面では、内野聖陽さん、西島秀俊さんの記念コメントほか、受賞者のインタビューをお届けしています。

受賞結果

最優秀作品賞

最優秀作品賞=ドラマ24「きのう何食べた?」

ドラマ24「きのう何食べた?」(撮影=玉井美世子)

24 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは