『フルーツバスケット』The Final、夾の呪いがついに…!第11話の追加場面カット公開

『フルーツバスケット』The Final、夾の呪いがついに…!第11話の追加場面カット公開
TVアニメ『フルーツバスケット』The Finalより、放送を終えたばかりの第11話の追加カットが到着! 草摩の一族の呪いがついに……!? それぞれのキャラクターの表情に注目です。
この度、6月14日(月)深夜放送のTVアニメ『フルーツバスケット』The Final第11話より、放送後に解禁となる追加場面カットが到着しました!

第11話では、ついに十二支の呪いが解かれます。
本田 透(CV:石見舞菜香さん)と一緒に生きていきたいと伝える草摩 夾(CV:内田雄馬さん)。
透は、隣にいて、手をつないで良いかと涙する。二人は2回目のキスをし、抱きしめ合いますが、夾は物の怪に変身せず、呪いがついに解けたことに気づきます。

TVアニメ「フルーツバスケット」The Finalは全13話。残り2話となりました。
どうぞ最後までお見逃しなく!

第11話 あらすじ&追加場面カット

第11話「さようなら」

退院した透は、夾を前にしてつい逃げ出してしまう。会ったら笑おうと決めていたのに。うじうじ引き摺らないように、皆を、夾を困らせないようにと笑う特訓までしていたのに、涙があふれて止まらない。しかし、夾の口から発せられた「一緒にいたい」という言葉が、透を、夾を無敵にする。それは約束の終わりを意味していた。
33 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは