広告をスキップ

実写映画『東京リベンジャーズ2』北村匠海、吉沢亮ら超豪華キャストがレッドカーペットに大集結!イベントレポート到着

以下、プレスリリースより。

世界累計発行部数が7,000万部を超え(2023年3月時点)、遂に2023年1月に堂々の連載完結となった「東京卍リベンジャーズ」。仲間のために命をかける男たちの熱い絆、心震える名言の数々、そして何があっても諦めず何度でも立ち上がる主人公・タケミチの姿は、多くのファンの心を掴み、一昨年2021年7月9日に実写映画として劇場公開した映画『東京リベンジャーズ』は、最終興行収入45億円、観客動員数335万人を記録、2021年劇場用実写映画№1の大ヒット作となった。そして、前作から約2年の時を経て、観客を魅了したドラマとアクション、キャラクターに宿るキャスト陣の熱き想い、全てがスケールアップして帰ってくる―。原作でも屈指の人気を誇り、ファンのなかでも「最も泣ける」と絶大な支持を集めるエピソード、【血のハロウィン編】を満を持して実写化!『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-』が4月21日(金)、『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-』が6月30日(金)に公開!前編、後編にわたり珠玉のエピソードを実写化する。前作に引き続き、主人公・タケミチを演じる北村匠海をはじめ、山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、鈴木伸之、眞栄田郷敦、清水尋也、磯村勇斗、間宮祥太朗、吉沢亮という錚々たる布陣が続投。そして、「血のハロウィン編」最重要キャラクター3人を演じるのは、永山絢斗、村上虹郎、高杉真宙。人気、実力ともに申し分のないオールスターキャストが集結。スタッフ、そしてキャスト全員が【最もやりたかったエピソード】と語り、全身全霊を込めて作り上げた、前作を遥かに凌駕する“最高傑作”が誕生した。

イベント概要

映画『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 –運命-/-決戦-』
プレミアムナイト レッドカーペットイベント
■日時:4月6日(木)
■場所:東急歌舞伎町タワー屋外ステージ・シネシティ広場(〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1丁目20)
■登壇者(敬称略):北村匠海、山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、眞栄田郷敦、清水尋也、磯村勇斗、永山絢斗、高杉真宙、間宮祥太朗、吉沢亮、英勉監督

イベントレポート

4月14日の開業を目前に控えた、この春話題の新施設「歌舞伎町タワー」の屋外ステージ・シネシティ広場にてプレミアムナイト レッドカーペットイベントを実施いたしました。

東京都の感染拡大防止の取り組みの改定により、マスクをした状態であれば発声が可能となったこともあり、会場は早くもお祭りムード一色!会場が徐々に熱気と興奮に包まれていく中、ついにキャスト陣が登場!豪華絢爛なレッドカーペット上を練り歩くと、会場からは割れんばかりの歓声が!キャストたちも久しぶりの光景に興奮と驚きを隠せない様子。

総勢11名によるフォトセッションでは、主人公・タケミチ役の北村による客バックのセルフィー動画撮影も行われた。続けざまに北村から「東リベ祭り!開幕―!!!」と気迫のこもった号令が響き渡ると、「ウォー!!!」と東京卍會メンバーによる雄叫びと会場からの歓声が再び上がり、キャノン砲の演出と共に、一夜限りの東リベ祭りの幕が上がった。

盛り上がりとともに会場の一体感がさらに増したところで、キャスト陣は再びレッドカーペットへ。報道陣への取材に応じたり、オリジナルのスティックバルーンを配りながらファンサービスを行った。

会場の興奮は冷めやらぬまま、英監督も登壇し、ステージのトークセッションがスタート。「全員が最高にカッコよかったですし、1を超える作品が出来ました!自分の役者人生において、20年、30年も先にも振り返れる作品をこのキャストたちと創れたことを誇りに思います。」と北村から完成度の高さに自信を覗かせた。東京卍會が凶悪化していった元凶となる男・キサキ役の間宮からは「虹郎~!元気か~!!虹郎~!!!」と本イベントは残念ながら欠席となった東京卍會と敵対する“芭流覇羅”(バルハラ)の№3であり、東京卍會結成メンバーの1人でもある一虎役の村上虹郎へエールが贈られた。

まずは情報解禁で日本中の話題にさせた、本作からの新キャストについてのトークに。東京卍會結成メンバーの1人であり、壱番隊隊長の場地役を演じた永山と東京卍會壱番隊副隊長で、場地の腹心・千冬役を演じた高杉、そして村上との共演について、北村は「最高でした。続編から参加ということでプレッシャーがすごくあったんじゃないかと思います。だけどものすごい気合で演じてくれて、その熱量に僕らもすごく引っ張られました。」と賛辞を贈るとともに、自分自身を含めた、他キャストへ与えた大きな影響力について教えてくれた。東京卍會総長・マイキー役の吉沢は「現場でもそうでしたが、完成した作品を観ても、1人の人間としてそこに存在しているような説得力を凄い持っている3人だなと感じました。作品を早くみなさんに観てほしいです!」と役の再現度という概念を超えるような演技力を持つ3人を絶賛した。

話に上がった永山と高杉には、村上と共に初めてとなるリベンジャーズチームの現場について、永山「すごく温かく迎えてくれて、匠海くんも座長としてとてもしっかりしていました。あまりみんなとは共演シーンが少なくて、(役作りとして)シーンまでは距離を置こうかなと考えていたんですが、それを汲んでくれてるようで、言葉はあまり交わさなかったけど、絆のようなものを感じることが出来て、すごく幸せでした。」と初めてとは思えないほど、息の合ったチームであったことを明かした。続編からの参加におけるプレッシャーについては「下手打つと、甥っ子に顔が経たないので、一生懸命にやりました」と笑いを誘った。高杉「とても緊張感はありましたが、台本に書かれていること以上の雰囲気が現場にはあったので、それで緊張感を忘れて、芝居に集中することができました。」とコメント。

本作で描かれている東京卍會結成のエピソードについて、特に創設メンバーである新キャストの共演が多かった山田は「新メンバー、新キャストと紹介することが不思議で、前からいたよな?と感じてました。結成当時のシーンでも何かを話し合うわけでもなく、盛り上がったり、笑いあったりすることを自然に出来ていて、そこがものすごく楽しかったです。」とコメント。また東京卍會弐番隊隊長・三ツ谷役の眞栄田は「すごく楽しかったです。やっぱり場地と一虎はいなきゃいけないんだなと過去のシーンを撮っていて思いましたし、創設メンバーのエネルギー源のような感じで僕もエネルギーをもらってそのシーンに臨んでいました。」と2人とも新キャストたちの魅力を語った。

最後に北村から「まずこの会場にもう1人仲間がいるんです。パーちん、もうここ来ようぜ!」と呼びかけると、会場にいた、東京卍會結成メンバーの1人・パーちん役を演じた堀家一希(ほりけ かずき)が東京卍會の特攻服を身に纏い、急遽登壇!

会場からも歓声が上がると、続けて北村は「実はこの映画、血のハロウィン編のことの発端はパーちんなんです。この映画のテーマは“仲間”だと思っています。僕は同世代を背負って立つ仲間がたくさんいてすごく心強いですし、この繋がりはずっと切れさせない!って思ってます。今日いない虹郎ももちろんそうです。たくさんのキャストとスタッフで創り上げた本作を早くみなさんに届けたいです。必ず1を超える作品ですので、期待いっぱいで劇場に足を運んでくれたら嬉しいです!」と大切な“仲間”と創り上げた本作に懸ける熱い想いを語り、大熱狂の渦と化したイベントは終了した。

作品情報

◇タイトル:
前編:『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-』(4月21日(金)公開)
後編:『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-』(6月30日(金)公開)

前後編2部作連続公開!

◇原作:和久井健『東京卍リベンジャーズ』(講談社『週刊少年マガジン』KC)
◇監督:英勉
◇脚本:髙橋泉
◇音楽:やまだ豊
◇主題歌:SUPER BEAVER「グラデーション」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
◇出演:北村匠海 山田裕貴 杉野遥亮 今田美桜 鈴木伸之 眞栄田郷敦 清水尋也 磯村勇斗/永山絢斗 村上虹郎 高杉真宙/間宮祥太朗/吉沢亮
◇配給:ワーナー・ブラザース映画

©和久井健/講談社 ©2023映画「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編」製作委員会

◇公式サイト:tokyo-revengers.jp
◇公式Twitter:@revengers_movie #東京リベンジャーズ2
◇公式Instagram:@revengers_movie
◇公式TikTok:@revengers_movie

【STORY】
凶悪化した東京卍會によってタケミチの目の前で再び、ヒナタが殺された。ヒナタを救う鍵は、一人一人が仲間のために命を張れる、東卍結成メンバー6人(マイキー、ドラケン、場地、三ツ谷、パーちん、一虎)を引き裂く“悲しい事件”にあった。
東卍の敵側幹部になった一虎と、敵に寝返った場地。かつての親友たちは何故戦わねばならない運命になったのか。
「君が助かる未来にたどり着くまで、絶っ対ぇ折れねぇから!」果たして、タケミチは過去に戻り、ヒナタを、仲間の未来を救えるのか。

IMAGE

つー

乙女ゲームと2.5次元メインに執筆。丁寧で愛のある記事を目指します。

電ファミ新着記事

オタ腐★幾星霜