荒牧慶彦が『AERA』の表紙に! 撮影は蜷川実花が担当♪

荒牧慶彦が『AERA』の表紙に! 撮影は蜷川実花が担当♪
2.5次元舞台で大人気の荒牧慶彦さんが、『AERA』の表紙に登場します♪ 撮影を担当するのは、カメラマンや映画監督として活躍する蜷川実花さんです!
IMAGE
2.5次元舞台で大人気の俳優・荒牧慶彦さんが『AERA』の表紙に登場します♪ グラビアはもちろん、ボリュームたっぷりのインタビューも掲載。
撮影はいずれも蜷川実花さんが担当しています!
ミュージカル「テニスの王子様」でデビューし、舞台「刀剣乱舞」で大ブレイクした2.5次元俳優のトップランナーの一人、荒牧慶彦さんが、9月30日発売のAERAの表紙に初登場です。
3ページにわたるカラーグラビア+インタビューでは、自らを「自立したかまってちゃん」と分析し、「イタズラ好き」を告白。具体的な名前を挙げて「なりたい大人」像についても語っています。
撮影はいずれも、蜷川実花さんです。
この号の特集は「食べ方次第で集中できる」。いつ、何を、どう食べるかで血糖値と体内時計をコントロールし、集中力を高める方法を詳細にレポートしています。
9月30日発売のAERA10月7日号の表紙に登場するのは、俳優の荒牧慶彦さん
ミュージカル「テニスの王子様」でデビューし、舞台「刀剣乱舞」で大ブレイクを果たした荒牧さんは、自他ともに認める2.5次元のトップランナーの一人です。
現在は、福岡で上演中の舞台「サザエさん」にカツオ役で出演中。すらりとした長身にはかなげな佇まい、繊細な演技力にも定評がある荒牧さんですが、自己分析は「自立したかまってちゃん」
意外にも、素顔はカツオにも通じる「イタズラ好き」だと言います。インタビューでは、共演者たちが驚いたり困ったりしている顔を見るのが好き、とも語っています。

最近はテレビドラマやラジオなど、活躍の場を広げる荒牧さんですが、特別な場合以外は何事も人に相談せず、自分で解決するタイプ。「しんどくなったときにすること」や「なりたい大人像」の答えは具体的で意外なものでした。
7 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは