立石俊樹、2nd写真集は「やっぱり満点!」発売記念イベント、オフィシャルレポートが到着

掲載/更新 0
立石俊樹、2nd写真集は「やっぱり満点!」発売記念イベント、オフィシャルレポートが到着
MANKAI STAGE『A3!』茅ヶ崎至役などで活躍中の俳優、立石俊樹さんの2nd写真集「Vidoro」発売イベントのオフィシャルレポートが到着しました。
俳優・立石俊樹さん2nd写真集「Vidoro」が2022年9月1日(木)に発売!9月10日(土)に行われた発売イベントのオフィシャルレポートが到着しました。

立石さんは元消防士という異色の経歴を持ちながら、ミュージカル『テニスの王子様』幸村精市役で俳優デビュー後、MANKAI STAGE『A3!』茅ヶ崎至役でも話題になり、ミュージカル『黒執事』~寄宿学校の秘密~では主演のセバスチャン・ミカエリス役を演じるなど多くの2.5次元作品に出演。
『チョコレート戦争~朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり~』『FLAIR BARTENDER’Z』などドラマ出演も増えつつ、近年ではミュージカル『ロミオ&ジュリエット』でティボルト役を務め、ミュージカル『エリザベート』への出演も控えています。
1st写真集「TOSHIKI」を2020年11月に発売して以来、約2年弱ぶりの2nd写真集発売となりましたが、立石さんは「前回のものとは全く印象の違うものができ、自分も少し大人になったんだなと、客観的に感じる写真集でもありました」と語りました。

お気に入りのカットには、霧がかる自然の中で佇んでいるカットをあげ、「撮影場所にかかった霧は、どこか撮影をした雲仙という場所が歓迎をしてくれているような感じもあり、天候とも絶妙にマッチして幻想的な写真が撮れました」と、写真への愛を語りました。

また、「写真集に点数をつけるなら?」という質問に対しては「今、できることを全部やったので70点ぐらいですかね」と少し厳し目に回答するも、30点減点の理由を尋ねられると、「マイナスが見つからない(笑)(中略)僕は、人に褒められた方が調子に乗ってうまくいくタイプなので、今後も頑張っていくっていう意味も込めてやっぱり満点にします!」と、謙虚な人柄に加え、お茶目な一面をのぞかせました。
インタビュー全文は、以下、プレスリリースにて。

立石俊樹2nd写真集「Vidoro」発売記念イベント オフィシャルレポート

立石俊樹2nd写真集「Vidoro」の発売を記念したイベントが、9月10日(土)に開催。記者会見に、立石俊樹が登場した。

ミュージカル『テニスの王子様』で俳優デビュー以降、MANKAI STAGE『A3!』やミュージカル「黒執事」~寄宿学校の秘密~など人気2.5次元作品に出演。近年ではミュージカル『ロミオ&ジュリエット』でティボルト役を務め、注目を集めている立石俊樹。そんな彼が、レトロな異国情緒があふれる長崎に初上陸し、美しく重厚感のある写真の数々を収めた立石俊樹2nd写真集「Vidoro」が発売中だ。発売を記念したイベントが都内にて行われた。

会見に登場した立石は、出来上がった写真集を自身で手に取った感想として、「大満足の写真集になりました。前回の1st写真集を出してから2年程しか経っていないのですが、前回のものとは全く印象の違うものができ、自分も少し大人になったんだなと、客観的に感じる写真集でもありました。」と語り、見どころについては、「一枚一枚、どんな写真が来るのだろうとワクワクしながら、ページをめくれる写真集になったんじゃないかなと思っています。どの写真も映画のワンシーンのような力のあるものばかりになっていると思うので、是非、たくさん繰り返し見てもらえたら嬉しいです。」と続けた。
撮影が行われた長崎で印象深かった出来事については、「浮島に行ったんですけど、久しぶりの船が怖かったというのと、初めて現地で食べた長崎ちゃんぽんがすごく美味しかった」と話し、異国情緒溢れる長崎での旅を心から楽しんでいた様子が伺えた。
お気に入りのカットには、霧がかる自然の中で佇んでいるカットをあげ、「僕は自然が好きなんですが、この写真は自然の霧の感じがとてもよく現れているところがすごく気に入っています。撮影場所にかかった霧は、どこか撮影をした雲仙という場所が歓迎をしてくれているような感じもあり、天候とも絶妙にマッチして幻想的な写真が撮れました」と、写真への愛を語ってくれた。
26 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません