『ブラックスター -Theater Starless-』全実装曲を歌い切った圧巻の「BLACK TOUR 2022」公演レポートが到着!

掲載/更新 0
入れ替わるようにスタンガンとあじっこもステージへ。

軽やかな楽曲を笑顔いっぱいで歌う。
チームPのステージでは他のチームであまり笑顔を見せないダンサーも笑顔で踊り、チームPのカラーを全身で表現する。そしてライブはあじっこの歌う「陽はここに」へ。

こぼれるような笑顔であじっこ自身もダンサーと共に踊りながら歌っていると、尺八の音が……!

現れたのはTORA、たぬき、SHIMa、TAKAHIRO。
その後ろからIDEが悠然と登場。
あの日のスターレスの再現の如く「日蝕」が響く。

『BLACK LIVE』を踏襲した演出を経て、ステージはそのままチームBのターンへ。

“不死鳥”のように蘇り続けるチームBを称える「讃B歌」で5人の勢いをオーディエンスへと刻み付けると、こちらも『BLACK HALLOWEEN』で披露されたチームBライブの真骨頂曲、「炎神」と「雷神」をIDE自らマッシュアップしたという「炎雷神」でフロアを席捲し、続けて小林が登場。

昨年のツアーで生まれた小林とIDEのコラボバージョンでの「Bad Blood」を響かせて、ブラックスターのライブならではの熱で会場を満たした。

最後のトークパートではシンガー全員からメッセージが。

最後のトークパートはシンガー全員が登場。ダンサーを紹介した後にそれぞれがこの日のライブの感想を届ける。

「今年の夏はどうなるかなとワクワク半面プレッシャーもあって情緒が不安定でしたけど、いざ始まればみんなすごいパフォーマンスをしてくださって、僕もいろんな歌がうたえたし、てんこ盛りのステージに立たせてもらえたことが光栄です。今後もみんなでいいパフォーマンスを届けていきたいと思います!」(Kradness)

「ツアーということでいろいろな土地を巡らせてもらいました。ご当地のものも食べさせていただいて、今日は東京だったので東京ばななを食べたいと思います。MCではよそ行きだと言われますが、俺はワルメンだぞ、と。おまえら、楽しかったぜー!」(スタンガン)

「ツアーファイナルということですが、ツアーの総括というよりもライブが始まってからの総括のようなライブでした。去年のツアーやハロウィンイベントの(バージョンの)歌を聴けて、個人的にも感動しております。『BLACK TOUR 2022』はこれでおしまいですが、まだまだ続くと思われますので、これからもよろしくお願いします」(しゃけみー)

「ツアーラストということで特別な日ですが、久々にライブに来る人や初めてライブに来る人など、いろんな感じ方がある中で、ライブに来たことがみんなの心の中の特別なメモリーになっていたら僕は嬉しいです」(齋藤)

「このツアーでいろんな歌をうたわせていただきまして。夜光くんがどんな気持ちかはわからないけど、あと3チームで制覇するということで、これからどんどん情緒を崩壊していこうと思います」(松本)

「みなさんもご存知の通り、ヒースくんはライブと楽曲に命を賭けるんですよね。命を賭けるって世の中的に簡単に言ってしまうこともあるかと思いますが、リアルなものを書くために命を賭けることの重さをすごく考えていて。側面的ですが、それは“次はない”ということなんです。だからツアー中、その気持ちで廻りました。(そんなパフォーマンスを)見守ってくれた方たちに感謝します」(IDE)

「ツアー、ありがとうございました。いろんな挑戦があり、全チームで駆け抜けてきましたが、それぞれの公演でそれぞれのチームが背負って立つ姿も見られて、お客さんと一緒に楽しめた幸せな時間でした」(小林)

「今、思うのは、早くまたライブがしたい。みなさんの前でパフォーマンスが出来ることを心から楽しみにしています。今後ともよろしくお願いします。ありがとうございました」(あじっこ)

ラストはツアー初披露の「天魔の宴」「Shooooout!!!」

ラストパートはチームPの「銀河鉄道を探して」。

ステージの上にはあじっこ、Kradness、スタンガン。そして松本。『IF story』としてシンガー4人が歌声を紡いでいくバージョンに、オーディエンスが息を飲む。

ダンサーも全員が登場し、チームPの面々との絆を確かめるように踊り、柔らかな灯を観客の心に残した刹那、銃声が響き、小林が轟かせる「BLACKSTAR」が会場を揺らす。

続けて「まだまだ暴れられるよな?羽田―!」とIDEが現れてチームBの「天魔の宴」、ラストはこの瞬間からまた新たな年の幕開けを告げるように「Shooooout!!!」で全出演者がステージに。
5月3日に始まり、2ヶ月にわたって日本列島を駆け回った『BLACK TOUR 2022』。

実は最後の「天魔の宴」「Shooooout!!!」は今回のツアーでは初披露だった。
この2曲を最後に、キャスト歌唱曲全95曲を披露したと、楽曲のアウトロで小林がネタバラシすると、後ろのスクリーンには全95曲の楽曲タイトルが流れる。

そして小林に続いて、齋藤、松本、あじっこ、Kradness、スタンガン、IDE、しゃけみー、全てのシンガーがやり切った笑顔で挨拶。

シンガー8名、ダンサー12名、「A HAPPY NEW YEAR!」の晴れやかな声を列島に刻み付け、キャスト実装曲を全て歌い踊り切るという挑戦的な『BLACK TOUR 2022』は幕を閉じた。

(TEXT BY えびさわなち)

ライブ概要

「BLACK TOUR 2022」
▼出演者
齋藤知輝(Academic BANANA) (吉野 Singer)
松本明人(真空ホロウ) (夜光 Singer)
小林太郎 (晶 Singer)
あじっこ (リンドウ Singer)
Kradness (マイカ Singer)
スタンガン(真珠 Singer)
Takuya IDE (ヒース MC)
しゃけみー (柘榴 Singer)
▼DANCER
PASSION
理土
HAYATE
TORA
SHIMa
たぬき
渡辺謙典
RYOMA
Shumei
巽imustat
YU-TA
TAKAHIRO

▼STAFF
総合演出:福山 桜子
音楽監督:阿部 隆大
振付:楢木和也 (梅棒)、泰智 (KoRocK)、CluMsy CracKer-Jack、
制作:株式会社ONTASTE
主催:DONUTS

ゲーム概要

■ゲーム概要
・タイトル:ブラックスター -Theater Starless-
・配信形式:スマートフォン(iOS/Android)
・ジャンル:ワルメン応援&リズムゲーム
・配信開始:配信中
・著作権表記:(C)DONUTS Co. Ltd. All Rights Reserved.
・公式サイトURL:https://blackstar-ts.jp
・公式Twitter:https://twitter.com/Blackstar_ts

■アプリのダウンロードはこちら
iOS https://apps.apple.com/jp/app/id1457688497
Android https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.ne.donuts.pds

株式会社 DONUTS
https://www.donuts.ne.jp/

45 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません