櫻井孝宏「どの能力でも上手く使えば…」ドラマCD『ゆるデイズ~異能力系男子達のゆるゆる生活~』キャストインタビュー!

掲載/更新 0
櫻井孝宏「どの能力でも上手く使えば…」ドラマCD『ゆるデイズ~異能力系男子達のゆるゆる生活~』キャストインタビュー!
オリジナルドラマCD『ゆるデイズ~異能力系男子達のゆるゆる生活~』より、出演声優の櫻井孝宏さん、石谷春貴さん、古川慎さん、小野賢章さん、花江夏樹さんのオフィシャルインタビューが到着しました!
IMAGE
2021年2月27日(土)発売予定のオリジナルドラマCD『ゆるデイズ~異能力系男子達のゆるゆる生活~』より、晴海涼介役の櫻井孝宏さん、赤根祐役の石谷春貴さん、十文字志鳳役の古川慎さん、東光平役の小野賢章さん、ニャンコ(キーホルダー)役の花江夏樹さんのオフィシャルインタビューが到着しました!

様々な異能力を持つ男子を演じるキャスト陣。もし同じような能力に目覚めるとしたら……?など、作品にまつわる質問も!

櫻井孝宏&石谷春貴&古川慎 インタビュー

晴海涼介役:櫻井孝宏さん
赤根 祐役:石谷春貴さん
十文字志鳳役:古川 慎さん


――収録の感想は?

櫻井:三人で一緒に収録できたので、作品のテンポ感やノリの良さを味わいながらつくれて、すごく良かったなと思いました。楽しかったですね。

石谷:ドラマCDでこんなにテンポよく掛け合いをすることはなかなかないので、掛け合いで収録できてとても楽しかったです。キャラクター達がわちゃわちゃしていて、次に何が起こるのか予想がつかなかったり、ここでオチをつけるのか! みたいな部分がまた面白いし、めちゃくちゃ笑えると思います。キャラクター達のゆるい関係性もちゃんと描かれていて、わかりやすい作品なので、ぜひ聴いていただきたいです。

古川:櫻井さんのコメディ演技が大好きなので、大変笑わせていただきました。

櫻井・石谷:(笑)

古川:十文字は途中から合流する流れだったので、おふたりが先に作ってくださっていたコメディの空気感に乗っかって、一緒に作品の世界を作り上げることができたのは、とても楽しかったです。
――微妙な能力ばかりのキャラクター達。「水・火・風・雷(電撃)・人の脳内に話しかけられる」の中で使えそうな能力、欲しい能力は?

櫻井:どの能力でも上手く使えば……。力に罪はない、彼らの使い方がヘタクソなのが悪い。

石谷・古川:(笑)

櫻井:恐らく持っているものは優れた能力なんでしょうけど、それを上回るキャラクター性、それを打ち消すほどの個性があるんですよね。その子供っぽい着眼点が好ましかったり、ちょっと可愛らしく映って、ドタバタやっている姿も平和でほっとできるのが、この作品の一番の聴きどころなのかなと思いました。
石谷:実際に炎が出せたら、人体実験されちゃいそうで怖いですよね(笑)。日常生活の中に「敵」というものはいないし、誰かに攻撃したら捕まっちゃうし。だから一番妥当なのがニャンコの能力かなと思います。「心に語りかけています」って。時々後から自分の心に語りかけたい時があるんですよね。

櫻井:疲れてるの?

古川:(笑)

石谷:心が荒れた時に、「落ち着け、落ち着け」って。

櫻井:暗示みたいな。

石谷:1時間後にたぶん荒れるだろうから、1時間後にこの録音を心の中に再生してってセットしておいて、その時になったら1時間前の自分は落ち着いていたな、とやるのにニャンコの能力を使いたいです。

古川:自分でiPhoneで録って、1時間後に再生するのは?

櫻井:目覚まし的な。

石谷:たぶん周りの目が……。なに自分の声聞いてんの、みたいな(笑)

『ゆるデイズ~異能力系男子達のゆるゆる生活~』3

(C)S井ミツル/CROWN WORKS

古川:(欲しい能力は)風です。T.M.Revolutionごっこします。

櫻井:「HIGH PRESSURE」(笑)

古川:あとは(『さすがの猿飛』の)肉丸くんの神風の術とか。

櫻井:ピックアップの仕方がすごいね。

古川:一番、持っていることがバレにくい能力ですし、ふとした時に得する使い方もできるかなと。暑い時に涼んだ
り。

石谷:移動もできそうですね。

櫻井:自分を風に乗せるとか。たぶん能力を使うにはそういう発想が必要なんですよ。発想と、作品のテーマにもなっている、調節ができるかできないか。

石谷:やりすぎて死んじゃうかもしれない(笑)

古川:やりすぎはまずいけど、風はいいですよ!

櫻井・石谷:(笑)
――節約する時、真っ先に何を削りますか?(食費、洋服、趣味、課金など)

櫻井:食費かな。

石谷
:僕も食費です。

古川
:食費ですね。

櫻井
:たぶん男はだいたいそこにいくかもね。インスタントとかレトルトとか、なんだったら水だけでも。

石谷
:実際僕は、最初に食費を削りました。賄いのあるバイトに行ったり。

櫻井
:レストランとかを選んでバイトにね。

石谷
:そうです。そこら辺に生えているものも食べられるし。

櫻井
:そこら辺に生えているもの……?

古川
:(笑)

石谷
:つくしとか。

古川
:でも自分の趣味を減らすことは、そう簡単にはしないだろうなと思います。

櫻井
・石谷:そうですね。

石谷
:これ使っちゃったらもやしを食べればいいか、これ買っちゃったら納豆でいいか、みたいな感じになりますね。

櫻井
:一食は雑草でいいか。

石谷
:いやいやいや(笑)

櫻井
:そこら辺に生えているものを。

石谷
:食べてないですよ。でもタンポポとかつくしは食べられますから。

古川
:サバイバル術。

石谷
:生まれ育った環境が田舎で、実家がサバイバルみたいなものだったので。

櫻井
:昔、イノシシかなんかと何かあって傷があるんだっけ?

石谷
:イノシシとぶつかって、牙が太股のところにザクってなりました。鹿もいるし、そういう地方なんです。

櫻井
:だから野草でも大丈夫!

石谷
:あの、僕の実家のイメージが……。

古川
:(笑)

石谷
:でも節約するなら普通にもやしとかインスタントラーメンとか食べる。僕もそうですからね。

――発売を待っているファンの方へのメッセージをお願いします。


櫻井:能力があっても使いこなせなければ意味がない、という宝の持ち腐れみたいな部分の描き方が面白い作品です。悪い人間も出てこないし、ちょっと貧乏な暮らしをしているとか、共通の感覚を持っている人達が、等身大でバタバタしているのが男の子感があって楽しいなと思ったので、たくさんの方に聴いてもらえたら嬉しいですね。で、ちょっと笑ってもらえたら、とても嬉しいです。

石谷:それぞれのキャラクターがわりと濃いんですけど、濃いキャラクターのひとりひとりに、「わかるわかる」思えるところがあります。学生の時にバイトをしていて確かに節約したなとか、行き過ぎたらこうなるのかとか。六畳一間で繰り広げられる五人のドタバタを、「もしかしたら世の中にこういう人もいるのかな」「実は隣人が炎を使えるかもな」と想像しながら、彼らが皆さんの近くにいるように感じて聴いていただけたらと思います。テンポの良さや騒がしさを共有してくれたら嬉しいです。楽しんでください。

古川:僕は最初にこのお仕事のお話をいただいた時、これはなんのお仕事なんだろうと思いました。

櫻井・石谷:(笑)

古川:検索してもこれに合致するものが何も出て来なくて、台本をいただいてなるほどこういうお話だったのかと。『ゆるデイズ~異能力系男子達のゆるゆる生活~』というタイトルに、なんとなく能力者達が日常生活を送るんだなと思っている皆さんは、騙されています。この作品の日常生活における異能力の扱いのちっぽけさ。これを美味しくコメディにしている部分は押していきたいポイントです。試聴が出たらぜひ聴いてください。彼らの能力がこれからどうなるのかまだわからないですし、なんとなく続きが作られそうな雰囲気を感じるんですけれど、その辺りは皆様の応援次第かと思いますので、ぜひぜひ楽しんで、そしてもしよければ応援していただけるとありがたいです。
19 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません