黒田崇矢の愛車でドライブ!?『鳥海浩輔・前野智昭の大人のトリセツ』オフィシャルインタビュー

掲載/更新 0
黒田崇矢の愛車でドライブ!?『鳥海浩輔・前野智昭の大人のトリセツ』オフィシャルインタビュー
ゲスト声優と共にお酒を飲み交わしながらトークを繰り広げる『鳥海浩輔・前野智昭の大人のトリセツ』第2期もまもなく最終回! "トリ"のゲストは黒田崇矢さん。番組では黒田さんの車でドライブをする様子も……! 貫禄あるオフィシャルインタビューも到着です。
ハイボールを愛する声優・鳥海浩輔さん前野智昭さんがゲストと共に、お酒と大人のたしなみを味わう番組『鳥海浩輔・前野智昭の大人のトリセツ』、通称『鳥セツ』

4月3日(水)からは待望の第2期が放送されます。第1期から引き続き、第2期の番組主題歌も鳥海さん、前野さんが歌います。第2期のOPテーマ「It's Showtime!」、EDテーマ「Take me to your dream」は、お二人の絶妙な掛け合いがポイントで、“大人のトリセツ”らしくアダルティに歌い上げます。作詞・作曲・編曲は黒石ひとみさんです。

6月12日放送の第11回と6月19日放送の第12回では黒田崇矢さんをゲストに迎え、黒田さんの愛車でドライブとトークを楽しみ、さらに石垣牛を中心とした絶品料理を味わいます。合間に語られる、黒田さんの数々の伝説も必見です。今回は鳥海さん、前野さん、黒田さんのオフィシャルインタビューをお届けします。

前野「個人的に黒田さんに一度怒られたかった」

――まずは3人が親しくなったきっかけを教えてください。

黒田:鳥ちゃんとは、ちょこちょこ仕事でご一緒することが多いんです。いつも綺麗な笑顔で挨拶してくれるから、とっつきやすくてよく話しますね。俺の過去のエピソードトークも鳥ちゃんにはけっこう話していたみたいで(笑)、聞き上手なんだろうなぁ。

鳥海:いやいや、引き出そうとしなくても、濃いエピソードが湧いて出てくるんですもん(笑)。今日、カメラが回ってないときも含めて初耳エピソードがいくつか出てきたので、多分まだまだ隠し持ってますね。

黒田:前野くんとは今、レギュラーでご一緒していますが、現場ではすごく真面目という印象があって。集中して役作りに挑んでいるから、あまり無駄話をするのも悪いかな、と遠慮しているところがありました。だから、今回のロケで前野くんと仲良くなれたかな? というのが嬉しいですね。

前野:ありがとうございます! 僕は『龍が如く』シリーズの大ファンなので、いつも黒田さん演じる桐生一馬の声を聞いていましたし、今日ご一緒できたのも本当に光栄でした。

黒田:本当に? 嬉しいな、ありがとうございます。

前野:とんでもないです! 黒田さんのお車にまで乗せていただいて……こちらこそ、すごく嬉しかったです。ありがとうございます!
――オープニングは、通常とは異なるドラマ仕立てで始まりました。鳥海さん、前野さんたってのご希望だったそうですが、実際に演じてみていかがでしたか?

黒田:いやぁ、楽しかったですね。特に鳥ちゃんが(笑)。

前野:いや、あれはずるいですよ!(笑)

鳥海:何がですか?

黒田:わかるよ。鳥ちゃんの芝居のあと、真面目に演技するのがすげぇ苦しかった(笑)。

鳥海:めちゃくちゃ真面目にやりましたよ? 普段はやらないような顔芸も披露しましたし。

黒田:テストですでに面白いのに、本番では3倍増しで笑わせにかかってくるんだもんな(笑)。笑わないように我慢したけど、内心「こんなにやるの!?」って思っていました。

前野:僕はもう笑っちゃってました(笑)。でも、ああいう始まり方って1期2期通して初めてでしたし、視聴者の皆さんにも「いつもと違う!」って思ってもらえたら嬉しいですね。あと、個人的に黒田さんに一度怒られたかったので、ああいう寸劇ができて楽しかったです。

黒田「車の好みと女性の好みも似ているって言うよね」

――次に、黒田さんの愛車でドライブをされました。プライベートのような空気感が伝わってきましたが、いかがでしたか?

黒田:途中から撮影だってことを忘れていました。後続車に抜かれて、窓の外から撮られているのを見たときに「あ、収録だった」と思い出したくらいです(笑)。たまに仕事仲間を乗せてドライブすることはありますが、鳥ちゃんと前野くんは初めてだったので楽しかったですね。

鳥海:いろいろなお話を聞けたのがよかったです。あと、運転がとても優しくて。

黒田:そうでしょう? よく「飛ばすんでしょ?」とか言われますが、すごく優しいんですよ(笑)。事務所のスタッフや仕事仲間も乗せますが、一度乗った人は「黒田さんの車が一番安心できる」と言ってくれます。

鳥海:一説によると、車の運転と女性への接し方は似ているらしいですよ。

黒田:そうかもしれない(笑)。車の好みと女性の好みも似ているって言うよね。俺はSUV(荷物を多く積めるアウトドア向きの多目的車)が好きだし、女性もスマートよりはお尻が大きいほうが……(笑)。あとヘッドライトが丸くて大きい車が好き。自分の目が細いから、クリッとした目が好みなのかもしれないね。

鳥海:前野さんの運転はどうなの?

前野:僕も優しいですよ! 黒田さんがいかに優しく車を扱っているのかは、後部座席にいてもわかるほどでした。タクシー以外で後部座席に乗るのは久しぶりだったので、余計に優しく感じましたね。

黒田:自分で車を運転する人って、なかなか後部座席に座る機会はないよね。

前野:そうなんですよね。目の前に黒田さんと鳥海さんがいらっしゃるという光景も含めて、すごく新鮮でした。今日は気持ちのいい快晴でしたし、黒田さんのマイカーで、しかも黒田さんの運転でドライブという、この上ない贅沢を味わえたと思います。

鳥海「イリオモテヤマネコを見てみたいな」

――お食事は、石垣牛を中心とした料理を召し上がりましたが、いかがでしたか?

鳥海:全部おいしかったです! 石垣牛はもちろんですが、個人的にリクエストさせていただいた初鰹の土佐造りが非常によかったです。あと最初にいただいた石垣牛デミそ煮込。デミグラスと味噌がちょうどいい塩梅で、これもおいしかったですね。うん、やっぱり全部おいしかったです(笑)。

黒田:すべての料理に品があったよね。最後に出していただいたかき氷も上品で、今までに味わったことのない食感でした。俺が石垣島で食べた料理はもうちょっとワイルドというか、ガツンと焼いたステーキがバーンと出てくる感じだったんですよ。今日は、あのときとは違う石垣牛を楽しめて非常に満足しました。

前野:どれもすごくおいしかったですね。サーロインステーキの脂もすごく上質で……。僕、肉の脂って少し苦手なんですが、あのステーキはおかわりしたいレベルでおいしかったです! 石垣牛との新しい出会いを教えてくださった黒田さんに、感謝の気持ちでいっぱいです。

――石垣島でロケをしたいというお話も出ましたが、おいしい石垣牛のお店をご紹介いただくほかに、やりたいことはありますか?

黒田:石垣島からフェリーで15分ほどのところにある竹富島で、綺麗な浜辺や街並みを眺めたいですね。あと小浜島もすごく綺麗なのでオススメです。それから西表島も見どころが多いですよね。とくに川幅が200メートルある仲間川でのマングローブクルーズが面白い。東京ディズニーランドのジャングルクルーズのモデルになったそうですよ。

前野:へえぇ! どれも楽しそうですね。

鳥海:西表島に行ったら、イリオモテヤマネコを見てみたいな。僕、離島って行ったことがないので、一度行ってみたいんですよね。

黒田:どの島もすごく綺麗だし、いろいろな楽しみ方がありますよ。
24 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません