宮野真守「冒頭の福山潤さんの暴走は素晴らしい」|『HUMAN LOST 人間失格』公開記念初日舞台挨拶レポート

宮野真守「冒頭の福山潤さんの暴走は素晴らしい」|『HUMAN LOST 人間失格』公開記念初日舞台挨拶レポート
11月29日より公開された劇場版アニメーション『HUMAN LOST 人間失格』の初日舞台挨拶がTOHOシネマズ新宿にて行われ、主演の大庭葉藏役・宮野真守さん、木﨑文智監督、ストーリー原案・脚本の冲方丁さんが登壇しました。オフィシャルレポートをご紹介します。
2019年11月29日(金)、劇場アニメーション『HUMAN LOST 人間失格』公開記念初日舞台挨拶が、都内にて行われました。

舞台挨拶には、主演の宮野真守さん(大庭葉藏役)木﨑文智さん(監督)冲方丁さん(ストーリー原案・脚本)が登壇。
太宰治「人間失格」を、大胆に再構築するに至った背景やキャラクター像などを明かし、会場に集まった観客の心をつかみました。

オフィシャルレポートをご紹介します。

公開記念初日舞台挨拶 オフィシャルレポート

『HUMAN LOST 人間失格』は、破滅に至った一人の男の生涯を描く日本文学の金字塔、太宰治「人間失格」を狂気のSF・ダークヒーローアクションへ再構築した劇場アニメーション。「アフロサムライ」の木﨑文智さんを監督に迎え、スーパーバイザーに本広克行さん、脚本を冲方丁さんが担当。アニメーション制作をポリゴン・ピクチュアズが務めます。

全身黒のスーツに身を包み登場した宮野さんは「日本で初日を迎えられたことを嬉しく思っています」とにっこり笑みを浮かべ挨拶をしました。続く木﨑監督、冲方さんも挨拶をしました。
20 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは