宮野真守「冒頭の福山潤さんの暴走は素晴らしい」|『HUMAN LOST 人間失格』公開記念初日舞台挨拶レポート

掲載/更新 0
宮野真守「冒頭の福山潤さんの暴走は素晴らしい」|『HUMAN LOST 人間失格』公開記念初日舞台挨拶レポート
11月29日より公開された劇場版アニメーション『HUMAN LOST 人間失格』の初日舞台挨拶がTOHOシネマズ新宿にて行われ、主演の大庭葉藏役・宮野真守さん、木﨑文智監督、ストーリー原案・脚本の冲方丁さんが登壇しました。オフィシャルレポートをご紹介します。
2019年11月29日(金)、劇場アニメーション『HUMAN LOST 人間失格』公開記念初日舞台挨拶が、都内にて行われました。

舞台挨拶には、主演の宮野真守さん(大庭葉藏役)木﨑文智さん(監督)冲方丁さん(ストーリー原案・脚本)が登壇。
太宰治「人間失格」を、大胆に再構築するに至った背景やキャラクター像などを明かし、会場に集まった観客の心をつかみました。

オフィシャルレポートをご紹介します。

公開記念初日舞台挨拶 オフィシャルレポート

『HUMAN LOST 人間失格』は、破滅に至った一人の男の生涯を描く日本文学の金字塔、太宰治「人間失格」を狂気のSF・ダークヒーローアクションへ再構築した劇場アニメーション。「アフロサムライ」の木﨑文智さんを監督に迎え、スーパーバイザーに本広克行さん、脚本を冲方丁さんが担当。アニメーション制作をポリゴン・ピクチュアズが務めます。

全身黒のスーツに身を包み登場した宮野さんは「日本で初日を迎えられたことを嬉しく思っています」とにっこり笑みを浮かべ挨拶をしました。続く木﨑監督、冲方さんも挨拶をしました。
太宰治の「人間失格」をSF・ダークヒーローアクションに再構築した本作。内容に大きな変化があると思われがちですが、木﨑監督は「太宰先生の原案からは外れないように作りました」と明かします。
また、冲方さんも「原作をお読みになっている方は、途方もなく違うと思われるかとおもいますが…」と前置きしつつ、「大庭葉藏とその周辺の人間関係の構図を崩さないことを念頭に作りました」と語りました。

ここで2人の話を聞いていた宮野さんから「誰がこの『人間失格』をヒーローものにしようと思いついたのでしょう? 僕、この企画を聞いたときはびっくりしてしまって…」と驚いた表情を見せます。
冲方さんも「最初この企画を聞いたときは本当に素っ頓狂なものが出てきたなと思いました」と笑いました。企画に驚いたという宮野さんですが、「(『人間失格』という)偉大な原作があるからこそ、葉藏の性格は構築しやすかったです」と明かし、キャラクター作りに関して大きく苦労したということはなかったようです。
 
また、宮野さんは本作をアピールするうえで「アクションの凄さは、この作品の肝だと思います」と力強く宣言。加えて「声優としてこの場にいるのは僕だけですが、本作に出演している声優さんの演技もみんな素晴らしいんです。みんな全力でお芝居しています。冒頭の福山潤さんの暴走は素晴らしいです(笑)」と満面の笑みで観客に伝えました。
 
最後に、宮野さんは本作について「(アニメーションという文化の)可能性が広がっているなと感じました」と話し、「僕もお芝居でたくさん感じ取ってもらえるように魂を注ぎ込みました」と語り、舞台挨拶の幕を閉じました。 

公開記念初日舞台挨拶 概要

11月29日(金)18:30〜19:00舞台挨拶
■場所:TOHOシネマズ新宿
■登壇者:宮野真守(大庭葉藏役)、木﨑文智(監督)、冲方丁(ストーリー原案・脚本)

20 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません