『リボステ』第4弾オフィシャル公演レポート到着! ニーコ、山田ジェームス武らのコメントも♪

掲載/更新 0
『リボステ』第4弾オフィシャル公演レポート到着! ニーコ、山田ジェームス武らのコメントも♪
大ヒット舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE–隠し弾(SECRET BULLET)-が上演開始されています。おふぃシャン公演レポート、ニーコさんや山田ジェームス武さんらのキャストコメントが到着しました!
舞台化第4弾となる『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE–隠し弾(SECRET BULLET)-が遂に開幕しました! オフィシャル公演レポートや、ニーコさん、山田ジェームス武さんらのキャストコメントが到着しています♪
原作は『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載された天野明先生による漫画で、これまでに、テレビアニメやゲーム、ノベライズなどのメディアミックスも多く、近年刊行された文庫版も好評を博している、大人気作品です。
その『家庭教師ヒットマンREBORN!』が2018年秋に初の舞台化。日常編と黒曜編からなる初演ののち、2019年6月と2020年1月には前後編として「vs ヴァリアー編」を上演し、原作愛に溢れた熱い演出と舞台ならではの手法にて、REBORN!の世界観を表現し大好評を博しました。
そして2020年11月7日(土)より、東京・京都にて、舞台化第4弾となる『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE–隠し弾(SECRET BULLET)-が上演となりました。
大好評を博した「vsヴァリアー編」を経ての今作は、原作:天野明先生・小説:子安秀明先生 による小説版を原作としたスピンオフ作品となっており、数々の作品で演出・脚本を務める映像作家としても活躍中のヨリコ ジュンさんとこれまでリボステを支えてきた、丸尾丸一郎さんが初のタッグを組むことも話題になっています!

オフィシャル公演レポート

「リボステ」第4弾は、スピンオフストーリーの豪華2本立て。
第一幕は「X-炎(イクス フィアンマ)」
「リボステ」シリーズ第2弾・第3弾で描かれた「ボンゴレリング争奪戦」につながる、ボンゴレの独立暗殺部隊・ヴァリアーの前日譚です。
冒頭、リボーン(ニーコ)が「ボンゴレリング争奪戦」を振り返り、残された謎を解明する手掛かりとなる手紙を読み始めます。静かな幕開けに、これまでの「リボステ」とは違うテイストが感じられます。
「ボンゴレリング争奪戦」の1ヵ月前。ボンゴレファミリーがリゾート地として開発を進めていた人工島マレ・ディアボラで襲撃事件が起きます。島の責任者であるオッタビオ(山本匠馬)の前に突如現れたのが、ボンゴレファミリー次期後継者と目されながら、「揺りかご」と呼ばれるクーデターを起こして8年間封じられていたXANXUS(林田航平さん)。
戸惑うオッタビオに向かい、XANXUSはこの窮地を解決してみせると宣言する。事実、既にXANXUSをボスとするヴァリアーの面々が島に潜入。それぞれの能力をもって、鎮圧を開始……。
前作までは1対1というバトル形式もあり個々の印象が強かったヴァリアーですが、今回はチームとして動く場面が多く、メンバー同士の掛け合いが微笑ましい…!
ふとした会話の中に、XANXUSを中心とした彼らの絆が垣間見えます。
立ち回りや必殺技を披露する場面は流石の最強部隊・ヴァリアー。映像や照明の演出も迫力を後押ししており、見応え十分。
34 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません