浪川大輔が崖っぷち宣言「我々には時間がないんですよ!」アニメ『永久少年 Eternal Boys先行上映イベントのオフィシャルレポート到着

掲載/更新 0
浪川大輔が崖っぷち宣言「我々には時間がないんですよ!」アニメ『永久少年 Eternal Boys先行上映イベントのオフィシャルレポート到着
平川大輔さん、浪川大輔さん、森川智之さん、佐々木望さん、そしてサプライズで小西克幸さんが登壇したTVアニメ『永久少年 Eternal Boys』の先行上映イベントのオフィシャルレポートが到着しました。ライバルともいえる新キャストの発表に震える姿など、思わず推したくなってしまう中の人たちの様子が目一杯詰まっています。
IMAGE
2022年10月より放送予定のTVアニメ『永久少年 Eternal Boys』の先行上映イベントが9⽉17⽇(⼟)に開催され、豪華キャスト陣が集結しました。

『永久少年 Eternal Boys』は会社が倒産し、再就職も上手くいかず人生崖っぷちの“おっさん”・真田健太郎が、おっさんアイドルプロジェクト”「永久少年(エターナルボーイズ)」のメンバーになり、再起するオリジナルアニメ作品。
真田健太郎役に平川大輔さんを迎え、その他にも、小西克幸さん福山潤さん浪川大輔さん森川智之さん佐々木望さんと錚々たる声優陣が「永久少年(エターナルボーイズ)」のメンバーを演じます。

今回のイベントには、福山さん、小西さん以外の4名が出演……の予定でしたが、なんと「別の仕事がなくなったので急遽来ちゃいました!」と小西さんがサプライズ登場!福山さんからも長めのビデオメッセージが届き、出演者からは「結婚式のVだったら怒られるよ」とつっこまれるなど、“ベテラン揃い”ならではのチームワークを見せました。
推し活⽤語クイズにも挑戦するコーナーでは、「リアコ」「枯れる」「DD」の意味を予想するなかで、おっさんアイドルならでは発⾔で笑いを誘うなど、⼤いに盛り上がりました。

新規情報も次々と解禁され、劇中に登場する2つのアイドルグループ、森久保祥太郎さんKENNさんらが演じるGentlemen(ジェントルメン)仲村宗悟さん堀江瞬さんらが演じるStory of Love(ストーリーオブラブ)のキャストが発表され、彼らがオープニング&エンディング主題歌を担当することが明かされると、森川さんは「どんどん乗っ取られていく〜」と危機感を覚えている様子。さらにアプリ「永久少年 Side Project -トワイライトなスピカ-」もこの2グループのスピンオフということで焦るキャスト陣に、佐々⽊さんは「巻き返しがある」と前向きなコメントをするも、浪川さんが「我々には時間がないんですよ!」と叫び、会場が大爆笑となる場面もありました。

締めの挨拶を任された平川さんは「『永久少年EternalBoys』初のイベントなのに、もう崖っぷち感が溢れていて、壮⼤なドッキリなんじゃないかと思い始めています。みなさまに応援していただけたら、主題歌も歌えると思うので……、ぜひ応援してください!歌わせてください!」と必死のアピール!

新たなグループも魅力的ですが……これは「永久少年」を推すしかない!?


イベントレポート全文は、以下のプレスリリースより。
***

おっさんアイドルの奮闘を描くオリジナルTVアニメ『永久少年EternalBoys』(ヨミ:エターナルボーイズ)。
この度、9⽉17⽇(⼟)に開催されたキャスト登壇付き先⾏上映イベントが開催され、平川⼤輔(真⽥健太郎役)、⼩⻄克幸(⽯⽥直樹役)、浪川⼤輔(今川剛役)、森川智之(⼭中⼤輔役)、佐々⽊望(柿崎誠役)の5名が登壇!クロストークやクイズ企画を通して作品の魅⼒を語りました。

先⾏上映イベント オフィシャルレポート

9⽉17⽇(⼟)に開催されたキャスト登壇付き先⾏上映イベントが開催され、平川⼤輔(真⽥健太郎役)、⼩⻄克幸(⽯⽥直樹役)、浪川⼤輔(今川剛役)、森川智之(⼭中⼤輔役)、佐々⽊望(柿崎誠役)の5名が登壇し、クロストークやクイズ企画を通して作品の魅⼒を語った。

拍⼿に迎えられ登壇した平川、浪川、森川、佐々⽊は、各々が演じるキャラクターのイメージカラーを⾝に纏い登壇。⾃⼰紹介後、この⽇のイベントに参加できなかった福⼭潤、⼩⻄克幸からのコメント動画を上映。浅井役の福⼭が⾃⾝との共通点について「度が抜けたバカでムードメーカー、お調⼦者で空気は読みません。⾔いたいことも⾔うしやりたいことをやります。今まで上げたなかで3つほど当てはまりますが、どれかは⾔及しません」というコメントに対し浪川が「全部かな(笑)」と返し、さらに「⻑くない?結婚式のVだったら怒られるよ」と愛のあるツッコミを⼊れ、佐々⽊はコメント動画が終わると同時に⽴ち上がり、「本⽇はどうもありがとうございました」と締めの挨拶をするなど、流れるような連携プレーで笑いを誘っていた。

続いて流れた⼩⻄の動画では「ご登壇のみなさま、ぜひアイドルらしい⾃⼰紹介を!」と登壇者にむちゃぶり。「どうする?」「やるの?」「無視してもいいよ」と相談していると場内に「早くやってください」との声が響き渡る。ここで「別の仕事がなくなったので急遽来ちゃいました!」と、⼩⻄がサプライズゲストとして登場。さらに⼩⻄はティッシュの箱を⼩脇に抱え「メンバーカラーのピンクのアイテムを持って来ちゃいました!」とニッコリ。ティッシュの箱は少し紫がかっていたため「それはピンクでいいのか?」と森川からの指摘もあったが、「汗や涙、⿐など、拭きたくなったら教えてください。すぐにお渡しします!」とかわいらしくコメント。さらにアイドルらしい⾃⼰紹介をリクエストされ「⽯⽥直樹役の⼩⻄克幸です、キュピーン!!」と挨拶し、共演者を笑わせた。ちなみに⼩⻄が持参したティッシュは、平川が涙を、浪川が汗を拭う仕草でトークを盛り上げる際に⼤いに役⽴った。
⼈⽣崖っぷちの真⽥健太郎役の平川は本作の設定について「おっさんでアイドルってどういうこと?」と不思議に感じたと話しながら、本作にはいつからでも、誰でも新しいことを始められるというテーマがあるからこそ、「僕も今40代、もうすぐそこから抜け出しそうな年齢になっています。勇気が出る内容だと感じて『僕も(新しいことを)やってみよう』という思いでオーディションを受けました」と経緯を説明した。

⼦役出⾝でアイドルを⽬指す今川剛役の浪川に、登壇者全員は「まんまじゃん!」と総ツッコミ。浪川は「制作さんにOKをもらったので告⽩すると、最初の設定とはだいぶ違っています。ジャージにサングラスをし、斜に構えている感じ。さらに、ちょっとぽっちゃりしたやさぐれた元⼦役という印象でした。そのイメージで練習していたけれど、現場に⼊ったら爽やかになっていて(笑)。だいぶ(キャラを)作り直しました」と役作りの裏話を明かしていた。

森川が演じる⼭中⼤輔は、「永久少年」の発案者であり⾃⾝もアイドルとして活動する満福芸能プロダクションのマネージャー。森川が「みんなはアイドルだけやっていればいいけれど、僕は厳しい台所事情を抱えた事務所を起死回⽣させるべく、なんとかしなきゃいけない⽴場で…」としみじみ。すると浪川が「ぴったりですね!!」とニコニコ。そんな浪川のコメントにすかさず「お前もだろ?」と森川が返すと、事務所社⻑兼⼈気声優として活躍する森川、浪川に対し⼤きな拍⼿が送られていた。さらに森川が役作りで「他社さんのマネージャーさんを⾒ながら研究しています」と明かすと、浪川が「今、たくさんのマネージャーさん、震え上がっていると思います」と発⾔。

元No.1ホスト・柿崎誠役の佐々⽊は「柿崎のオーディションを受けるように⾔われたけれど、他の役も受けてよいとのことだったので、実は全部受けました。結果、柿崎になったけれど、どの役もオーディションで1回演じているので親近感があります」と告⽩。森川が「下⼿な芝居できない。望に⾒透かされている気がしちゃうから」と話すと、平川も「この程度かって思われないようにやらないと!」とキリッとした表情で語っていた。

元中学教師、⽯⽥直樹役の⼩⻄は「普段あまり演じることのないキャラクターでした。ゴツかったり、体の⼤きい⼈の役になると思っていたのでかなり驚きましたが、すごく楽しくやらせていただいております!」と満⾯の笑みで語った。

各エピソードを振り返るコーナーでは、⽤意された椅⼦に座ることなく、スクリーンに映し出された場⾯写真の隅々まで鋭いツッコミを⼊れ始める登壇者たち。その様⼦を⾒た浪川が「ベテランって隙を⾒せるとこれだから」と⾔いつつ、そんな中、⼀⼈穏やかな表情で登壇者を⾒守る佐々⽊の佇まいに「(役同様)包容⼒がある!」と感⼼する場⾯もあった。

イベントでは、公式Twitterにて実施中の推し活⽤語クイズにも挑戦。「リアコ」「枯れる」「DD」の3つの推し活⽤語の意味を予想するなかで、⾔葉の認知度を探るべく会場のファンに拍⼿で参加してもらったり、おっさんアイドルならでは発⾔で笑いを誘うなど、⼤いに盛り上がる時間となった。
19 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません