舞台『文豪ストレイドッグス』第3弾キャストに鳥越裕貴、多和田任益らが出演決定!

掲載/更新 0
舞台『文豪ストレイドッグス』第3弾キャストに鳥越裕貴、多和田任益らが出演決定!
二度に渡って舞台化されている舞台『文豪ストレイドッグス』、第3弾のタイトル、そしてキャストや公演時期などが発表になりました!
IMAGE
文豪の名を懐くキャラクターたちが、架空都市・ヨコハマで繰り広げる異能アクションバトルを舞台化した『文豪スレイドックス』。

2018年10月に行われた、舞台『文豪スレイドックス 黒の時代』の大阪公演大千秋楽にて発表された、新作となる第三弾のタイトルをはじめ、キャスト、公演時期・場所が決定しました!

舞台『文豪ストレイドッグス 三社鼎立(さんしゃていりつ)』

舞台『文豪ストレイドッグス 三社鼎立(さんしゃていりつ)』
原作:テレビアニメ『文豪ストレイドッグス』
協力:朝霧カフカ・春河35

中島敦:鳥越裕貴
太宰治:多和田任益
福沢諭吉:和泉宗兵
芥川龍之介:橋本祥平
中原中也:植田圭輔
森鴎外:窪寺昭
and more...

2019年6月:岩手・福岡・愛知・大阪
2019年7月:東京
■ 公式サイト:http://bungo-stage.com
■ 公式ツイッター:@bungo_stage
©舞台「文豪ストレイドッグス 三社鼎立」製作委員会

舞台『文豪ストレイドッグス』とは?

舞台「文豪ストレイドッグス 黒の時代」PKGジャケット

舞台「文豪ストレイドッグス 黒の時代」PKGジャケット

2013年にヤングエースにて朝霧カフカ(原作)・春河35(漫画)によりコミックス連載開始、2016年に2クールにわたりTVアニメ化。さらに2017年にソーシャルゲーム化と舞台化、2018年には劇場アニメ化し、次々とそのメディア展開の場を広げている『文豪ストレイドッグス』。コミックスは現在16巻まで刊行され、シリーズ累計600万部を突破。


2017年12月にTVアニメの第1シーズンのエピソードをもとに上演した舞台第一弾は、横浜・東京・大阪で上演され、初の舞台化にもかかわらず全席完売の大ヒットを記録。
劇中、アンサンブルのダンスを効果的に配した演出や、映像を効果的に使用してより立体的に奥行きのある劇空間を演出するなど、舞台ならではの表現で観客を魅了した。東京大千秋楽では、第二弾の制作決定を発表。

そんな舞台化第二弾の原作に選ばれたのは、2018年9月からTVアニメ13話~16話で放送され、ファンの間でも熱狂的人気を誇るエピソード『黒の時代』。

演出・作は舞台『文豪ストレイドッグス』第一弾で好評を博した中屋敷法仁と御笠ノ忠次のタッグが引き続き担当。『黒の時代』独自の作品性を踏襲しつつ、舞台ならではの息吹を与えた。

演劇ならではの表現はそのままに、大人の魅力漂う奥深さを感じさせる演技や、廻り舞台を用いた演出も好評を博し、東京・大阪合わせて、全25公演が終了した。

第一弾に引き続き、大阪大千秋楽で、第三弾の制作決定を発表。舞台第二弾から、公演をわずか半年後に控えた第三弾、舞台『文豪ストレイドッグス 三社鼎立』。ますます勢いを増していく、舞台『文豪ストレイドッグス』シリーズに、どうぞご期待ください。
8 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません