【2/18発表】映画初日満足度ランキング! 第1位は『PSYCHO-PASS サイコパス』最新作、第3位はあのアニメ!

掲載/更新 0
【2/18発表】映画初日満足度ランキング! 第1位は『PSYCHO-PASS サイコパス』最新作、第3位はあのアニメ!
2019年2月18日に発表された、 2月15日・16日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”にアニメ作品がランクイン! 1位、3位、4位はあのアニメの劇場版です。
IMAGE
「ぴあ」スマートフォンアプリが、 2019年2月15日・16日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表!

1位『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2 First Guardian』93.0点

第1位は、 人気シリーズの新作を3部作で劇場公開する 『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2 First Guardian』
5人の主要キャラクターのうち、公安局執行官の須郷×征陸にフォーカスした物語が描かれています。
「それぞれのキャラに焦点を当てていて、 前作では語られなかった裏側に光をあてていたのがよかった。 キャラの過去を知り、 それがストーリーともうまく繋がっていて奥深さを感じた。 人間性や心理状態を丁寧に描いているので、 声だけで表す声優さんの表現力もすごいなと改めて思った」(25歳・女性)

「Case.2は1と違って、 派手さやアクションシーンは少なかったけれど、 その分、 人間関係やキャラクターの深堀りが多く、 次に向けた準備的なポジションだったように思う。 話は難しいけれど、 執行官の正義や信念を観ていくと、 犯罪に対する価値観は様々なのだと考えさせられた」(23歳・男性)

「このシリーズは哲学や社会学の引用が多いので、 その分野を勉強している身としては、 作品の概念だったり、 深みを読み取ることができて面白い。 須郷さんと征陸さんのファンの人には是非観てほしい」(22歳・男性)

2位『トラさん~僕が猫になったワケ~』92.0点

アイドルグループ・Kis-My-Ft2北山宏光さんが映画初出演&初主演を務めることでも話題になっている『トラさん~僕が猫になったワケ~』が第2位に。
原作マンガのイメージが崩れていなくてよかった。 悲しくできる内容でもあるのに温かく感じる雰囲気があった。 中心人物だけでなく、 脇役の“人となり”がよく見えたのもよかった」(40歳・女性)

北山くんがネコの格好をしているという奇妙さが気にならないほど面白かった。 ほのぼのした物語になっていて、 多部未華子さんがあることの理由を話す場面は感動した」(54歳・男性)

「家族愛がテーマになっていて、 大げさじゃないところや、 ダメっぷりが逆に親近感を持ててよかった。 こういう人生もあるなとリアリティを感じた」(50代・女性)

3位『劇場版「王室教師ハイネ」』91.8点

2017年にアニメ化&舞台化を経て、植田圭輔さんが主演を務める『劇場版「王室教師ハイネ」』が第3位にランクインしました。
15 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません